スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
Life is either a daring adventure or nothing.
「輪湖ー! 輪湖ー!」
耳馴染みの重低音が野球場のピッチに響きます。その聞き慣れた感覚は、WARM MODEな大島“くん”の隣にいるのが、大河原さんではなく、キックが得意な桐の葉のサラブレッドだったり、ヘッドが得意なWMWのポール型スピーカーだったりした頃の記憶を、即座に引き戻してくれました。

柳澤さんが山中くんとボランチを組んだ―2年前那須で泣き崩れた時このコンビでした―り、その山中くんが「菅野!」と呼ぶ声色から想像される“中学時代”があったり…過去と現在と未来がパッチワークのように並んでいるピッチは、プレーする22人にとって、やりやすいステージだったのか、ちょっと分かりかねる面があります。

<練習試合@6/27日立台・野球場> ※30分×2セット
柏レイソル若手混成 3-2(前半1-2)柏レイソルU-18
得点者:大津、畑田、比嘉、大島(右CK)、大河原(左CK)

【サテライト+ユース混成・YELLOWシャツ】
---長谷川---大津(T)---
-太田(Y)-------菅野(T)-
---柳澤----山中(Y)---
輪湖(Y)-大河原-大島-篠原(Y)
------岡田(Y)------

※60分交代なし。(Y)はレイソルU-18の3年生。(T)は成立高の3年生。

【レイソルU-18・WHITEユニ】
-------09工藤/2--------
-11山崎/2---------19比嘉/2-
---10武富/2-----06畑田/2---
-------08仙石/2-------
22酒井/2-03C豊嶋/3-12茨田/1-02御牧/2
--------松下/2--------

武富→15川崎/2
工藤、山崎→24指宿/2、13牧内/2(比嘉が左サイドへ)

実は(notミノル)朝から日立台にいました。午前は筋トレ&サーキットを、二手に分かれて入れ替わりで。ボールを一切使わない、私が見学を苦手とする構成です。柳澤さんは、相変わらずモーションが他の人よりガチャガチャしてまして、一目瞭然。この時点でトレーニーコンビの姿もありました。

午後は1対1のロングパス練習から鳥かご経由で、紅白戦。夕方の練習試合に出る4人は不参加です。菅沼さんの突破を日立台で眺めていられる幸福を、改めて、しみじみと感じました。今日も居残りを欠かさず…その居残りでボールに触れる姿が貴重だった、遠い過去など塗りつぶしてしまう勢いで。いろいろ書きたいのですが、週末の公式戦が控えてますので、胸にしまっておきます。

そして、楽しみだった練習試合―すぐに思い知らされました。楽しみにするだなんて、どれだけ愚かな態度だったかを。

9決@那須で歓喜の時を分かち合ったのは、わずか3日前。けれど、レイソルユースの選手たちは、クラ選の全国大会に出るため、あるいはその大会で勝ち進み、優勝を狙っていくためにサッカーをしているわけではありません。彼らの目標はトップ昇格です。ですから、トップのスタッフが見守るこの練習試合は、言うなれば、9決よりも大事なゲームです。

アピールゲーム。それも、直近の試合出場を勝ち取るためでもない、もっともっと大きな視野で見る側も見られる側も臨まなければならない試合です。その半端ない重みが、野球場を包む空気さえ粘っこく変えてしまったように感じました。勝利が目的ではないゲーム、果たして、第3者(たる私)は、どんな姿勢で眺めればいいのか。正直、60分間では納得いく回答にたどり着きませんでした。

練習生の二人は、それでも、22人の中では一番純粋に自己アピールを行っていたように、私には映りました。先制点は、右サイド(ユース的には左)から上がったクロスを、GKのキャッチを阻むように大津くんが頭で押し込んだもの。菅野くんも右サイドを何度となく疾走し、後方の右SBにはほとんどチャンスを与えず(苦笑)好印象を刻んでくれました。逆サイドは、SB(輪湖くん)が何度も駆け上がって、いいクロスを入れてたんですけど。

レイソルユースとそのOBは、相手をよく知っているだけに、やりやすく、同時にやりにくそうにも見えました。OBプロと現役組のコンビネーション、あるいはマッチアップは、毎年12月になると必ずチームが“消失”する過酷な掟によって“奪われた”時が、何か魔法の力で少しだけ戻ってきたような、そんな感覚がありました。柳澤さんと比嘉くんの対決なんて、もっとマジカルな組み合わせですけど。武富くんに当たり負けした時は、ファンとしてどうしようかと思いましたが…。

連係が取れているのは、もちろんユースの方。そのつなぎを、プロのプライドと年長の意地がカットする、そんな展開だったかと思います。左サイド(ユースから見て)より上がったボールをワンタッチでうまく蹴り込み、同点に持ち込んだのは畑田くんでした。工藤くんと軽くハイタッチ。

本日も裾出し全開の比嘉くんは、輪湖くんとバチバチやりあって、接触で倒れたシーンもありましたが、臆せず、相手をなぎ倒していくような得意の突破を披露し、ギャラリーの感嘆を誘っていました。中央の武富くんが出した裏を取るナイスパスに、バッチリ反応して抜け出した比嘉くんが、岡田くんの股を抜いて決めたスピーディなシュート、さすがでございました。そうそう、今日はタイムアップまで走り切りました! 日立台のお稲荷さんありがとう!!

セントラルフィールドでは、柳澤先輩がややお疲れモード、山中くんが前後に走ってチームを支えてました。コーチング、ボールチェック、ミドルパス、オーバーラップ。私、2年前に山中くんがユースへ上がってきた時、彼は柳澤“くん”の後継者たるボランチになるだろうと思ったんですが…違うタイプだけど、素敵なレジスタになったような。甘い? ここ最近のれじれじ読んだ人なら、私が山中くんに相当甘いのはバレてるかも。

後半になって、ようやく見せられた篠原くんの右サイド駆け上がり。それを褒めてくれたのは大島先輩でした。この日の大島さんは、自分のことでいっぱいいっぱいな普段とはやや異なる…HOTとまではいかなくとも、WARMな声出し&攻撃参加(!)で、Jリーガーの貫禄を見せようとしてました。レイソルユースを見始めて5年目、昇格したのは菅沼・石川・柳澤・桐畑・大島の5人だけですが、5人は選ばれし者、再確認させられました。褒めた直後、右CKをファーサイドでフリーにてヘディング、ゴールも決めました!

ゲームの、スコア上での決勝点は、左CKがDFの頭を超えた先、立ったままでいた大河原さんの頭に当たって、綺麗に入ったものでした。組み合わせとして、どちらが勝ったからといって喜べるものではないのは、最初から分かっていたのですが…ともかく重苦しかったです。
続きを読む
スポンサーサイト
2007/06/27 22:40:06 | Reysol | Comment 3 | Trackback 0
果てしない夢を
ZYYG,REV,ZARD&WANDS featuring 長嶋茂雄(挨拶。そして坂井泉水さんに合掌)

今日はヘレン・ケラー…いやいや、柳澤さんの誕生日、それも20回目の、とてもお祝いすべき日なのに。なんで岐阜県出身者の端くれとして脳内リストへ掲載したはずの「オニギライズ」へ、TBなんぞしてるんでしょう。
(今日の日立台については、別にエントリ立てるつもりです)

史上最高の投手(オニギライズ)

サッカーへ“移籍”する前は、野球観戦が趣味でした。個性派集団ヤクルトスワローズ。そこへ抽選〔ドラフト〕の結果、飛び込んできたバルセロナの銅メダリストが智仁さんでした。誰か(しかもnotツバメ党)に「トモ」を語られて、黙って読むだけじゃファンの名が廃るってもんでしょ!<私って昔からこういう思考パターンで生きてるんですね。

智仁さんも競合確実(当時まだ逆指名制度は存在しておらず、本人の希望を尊重するかは球団次第でした)と報じられたにもかかわらず、彼はMMC[やぶ注:三菱自動車京都]の工場でつなぎを着ながら、自分はお金を稼ぐことの大変さを知っているから、どこ[の球団]でも構わない、と言ったのです。(2003/5/17付LR)

MMCの先輩から習ったスライダー。それを魔球に変えたのは、智仁さんが生まれながらに授かっていた、関節の稼動範囲が並じゃない((C)佐藤大)肩でした。ヒトとして許されがたい水準にまで動いた肩は、高速スライダーで三振の山(智仁さんの試合って、三振か四球かって感じで、バッテリー間だけで試合してる時間が長くて、だから援護が乏しかったイメージがあります。あくまでイメージですけど)を築いたと同時に、自らも蝕んでいったのでした。野村監督は、そんなピッチャーを何人も生み出してましたね、当時……岡林さんも、川崎さんも。

残念ながら、おにぎりさんと違って、私は、当時…高速スライダーがどれだけ人間離れしているのか、分かってなかったんですよ。まだ子どもだったから。ただ、智仁さんっていうが大好きだったんです。あー、こういう観点もきっと全然変わってないですね。ついさっき、ピアノの前で強く強く感じた気持ちは、オトナになったことが信じられないが、みんなを幸せにしてほしい(by佐々木直人ユースチーフ@Jサッカーキング)のはもちろんだけど、まず当人が幸せになってほしい、それですから。

あの頃も思ってました、防御率4点台の“どこにでもいる普通の先発投手”に落ちぶれてもいいから、投げるところが見たい、野球している姿が見たいって。(2002/4/2付LR)

サッカー選手の復帰を待つのに(比較的)辛抱強くなれたのは、耐性がついていたから…かな? サッカーだったら、4年も戦線離脱してたら、まずクラブにおいてもらえないけど…スワローズにはもっともっと長い人がいたから…。

おにぎりさんのエントリには、同じく、負傷に苦しんだ「ちゅーちゃん」の名前も出てきます。あ、“チュウ”ってのは、今中さんがチームメイトから呼ばれていたニックネームですけれども。ナゴヤ球場行って、ちゅーちゃんor山本マサさんが先発だって知ったら、勝つの大変だな…って、試合の前から折れてたものです(“実力差”が勝敗に直結する確率が、サッカーだとそんなに高いとは言い切れないから、ゲーム前からくじけたりは、あんまりしませんが、野球は違いますから)

まあ、智仁さんへの愛は、読んだ一部筋が唖然としたっていう、LRで歴代最高に恥ずかしい過去ログを見ていただければ一目瞭然ですよ(てへっ)

沈みゆく記憶(2003/10/30付LR)

史上最高の投手、その最も輝ける時、彼を愛していたことが、私の誇りです。いや本当に。
2007/06/27 21:51:14 | Weblog | Comment 2 | Trackback 0
Not Feeling, But Emotion
意思を受け付けなくなった、自分の一部たる武器〔あし〕への憤りを露にするサイドアタッカー。仲間に向かって歓喜の拳を突き上げた後、真逆にいる…土手の上の人々へも同様に振る舞うセンターバック。降りつける雨と呼応するかのごとく、時間と共に激しくなっていった“あかまつフィールドを包む感情”は、最後にパンとはじけました。

はじけるように、土手に向かって走ってくるレイソルイレブン!

<関東CY選手権(U-18)9位決定戦@6/24那須スポーツパークあかまつフィールド>
柏レイソルU-18 2-2(PK5-4)ヴェルディユース
得点者:久利、比嘉、河野、輪湖

-------09工藤/2--------
-11山崎/2--18太田/3---19比嘉/2-
---08仙石/2-----05C山中/3---
07輪湖/3-20島川/2-03豊嶋/3-02御牧/2
-------01岡田/1--------

御牧→17篠原/3
山中→06畑田/2(CAP豊嶋)
比嘉→13牧内/2 ※交代は全て同位置

※中盤の配置はいろいろ説が出たんですけど、ボランチ2枚で書いてみました。緑のユニフォーム相手だとリミットブレイク(C)FF7する山中主将の位置取りは、もっと高く、オフェンシブ2枚でも通用しそうな勢いでした。 ま、畑田くんを仙石くんと間違えて叫んだ馬鹿の戯言です…。


過緊張の私に追い討ちをかけたのは、モバイルレイソルへ載った、同時刻に日立台で開催されたサテライトのメンバーにあった「MF 18 山中真」の文字。全身の血が凍りついたかのような心地で、駐車場からピッチ裏の土手へ上ったのですが、イレブンの先頭に立つ、腕章を巻いた背番号5(言うまでもなく、本物の山中くん)を見ても、それが山中くんだと信じ切れなくて、人に確認してしまったぐらいでした。

試合後に訪れた日帰り入浴のロビーにPCがあって、PC版オフィシャルを見たらサブは4人(川浪、飯塚、橋本、磯村。全員ユースです)だったんですけど…モバイルレイソルの間違いは、現時点(26日正午)でも直ってません。

前日とはうって変わって、今にも泣き出しそうな重苦しい空。そんな空が鏡に見えるような雰囲気で、ゲームは進んでいきました。勝者のみが全国大会出場を手にできる“9決”の重み。両イレブンは技術以上に気迫を振りかざして戦います。

ベンチへ座って見ることを自ら選んだくせに、メンタル軟弱な―おまけに過去2年の記憶という鎖を勝手に心へ巻きつけている―私は、おかしくならないために、有志の方々がやって下さったコールを口にしていました。おかしくならないために…自分が今、欲するものを強く意識し、集中するために。

激しいプレスと精密なボール扱いで主導権を握ったのは、ヴェルディでした。先制点は…久利くんがうますぎでしょ。ゴールからやや離れた(右寄り)位置から、枠内の絶妙なるポイントへ蹴れる。そんなマーベラスなショットコントロール、どこかのトップチームのFWに教えてあげてよ、とぼやいてしまうようなレベルです。

ようやく巡ってきた得点機は、輪湖くんが左サイドを突き崩し、かなりえぐってから折り返したマイナスのボールを、ファーサイドにいた比嘉くんがフリーで打てて、きっちり決めてくれたもの。私は視認してないんですが、前日に引き続き、比嘉くんは祝福に駆け寄った一人目(この日は仙石くん?)をかわしてたそうで。そのうち友達なくしますよ(笑)

これで息を吹き返した心地になるも、相手の10番・河野くん(城福ジャパンの一員)がマーカーを振り切り、またしても唸りたくなる正確なショットを刺してくれ、再びビハインド。いつしか降り出した雨は、どんどん強くなっていきます。

サイドより切り込んだ比嘉くんのボールを受けたセンターの太田くんが倒され、PKを得ました。スポットに向かうのは輪湖くん。ユース雀、ざわつきます。なぜなら、この日、ユースの試合に参戦するとPKが決まらないことで若雀隊ではお馴染みの某銘柄牛氏が、声出し部隊に名を連ねていたのです。

某銘柄牛氏のご贔屓でもある輪湖くんのキックは、GKにはじかれてしまい、はね返りを輪湖くんが再度シュートしますが、ボールはバーの上へ。ばったりと倒れこむ輪湖くん。間違いなく某銘柄牛氏のせいだという結論に達する若雀隊記録班。

この日の主審…お名前は存じませんが、選手が倒れこむようなコンタクトよりも、シャツの裾が出ていることを注意するような方でした。そんな主審に異議を申し立てたのかどうなのか、特に何(かのプレー)があったわけでもないのに(前半に)1枚イエローをもらっていて驚いた河野くんが、後半に2枚目をもらってしまい、ヴェルディは10人となってしまったのでした。

負けたら何も残らないレイソルとしては、そこで攻め立てるしかありません。右サイドに篠原くんを投入、切り崩しを狙いますが、相手もそれくらいは読めてます。狭いエリアに緑色のユニフォームが密集し、最終ラインではレイソルの攻撃陣4人とヴェルディの守備陣4~5人が一列で並び、オフサイドラインをめぐる火花を散らしまくります。どんどん時間は過ぎていきますが、点を取るしかないレイソルとしては、ほころびが生まれるまで攻め続けるのみ。何度、副審の旗があがったでしょうか。

山中くんに代わって入った畑田くんの右CK、ヘディングで輪湖くんがコースを変え、ネットを揺らしました! この時の選手の喜びようといったら…「まだ同点だよね?」と私は隣に確認してしまったぐらい大喜びで、ゴールと右コーナーの間に殊勲の輪湖くんを押しつぶすようにみんな(includingゲーム外メンバー)大集合。輪湖くんはシューズが脱げてしまい、少しゲーム復帰が遅れたぐらいでした。

勢いの増してきたレイソル、篠原くんの右サイド深くまでのえぐりや畑田くん・島川くんのミドルと、惜しいシーンの間隔がどんどん短くなっていたのですが、どうしてもネットを揺らすことができません。

そして、復帰戦以来、比嘉くんの“意思”ともちろん協同し、同時に“バトル”を展開している彼の足が、悲鳴を上げました。一度はつりながらも踏ん張っていたのですが、二度目は足が意思を拒絶。拒まれた悔しさをあらわにして地面を叩く比嘉くんの赤い顔は、2次予選ベルマーレ戦で試合後に見せた、悔しさを押し殺しきれない表情以上に、深く見る者の心を揺らしたのでした。

チャンスばかりではありません。数的有利/不利が薄くなるセットプレーでは、相手左CKからのヘディングがバーに当たるなんて大ピンチもありました。恥ずかしながら大会規則を分かっておらず、延長戦の有無を知らなかったのですが、とにかくPK戦の前に…という一念で応援してました。

レイソルユース、PK戦苦手だもの。

しかしながら無情の笛。おまけに、選手の移動の様子を見ると、即PK戦突入。今日はもうPK失敗フラグは消化したから…とおのれへ言い聞かせつつ、いざなわれるまま若雀隊記録班3名で選手たちと同様に肩を組み、声出し班のコールにも参加しつつ、ただひたすら願い、祈っていました。

願う相手。それは心に巻いた記憶の鎖へ刻まれた選手たち。

【東京ヴェルディ1969ユース】
○×○○○×
○×○○○○
180603080911
【柏レイソルU-18】

2本目、岡田くんファインセーブでした! そして運命の6本目。先攻のヴェルディがバー上へ蹴り上げてしまったため、後攻のレイソルが決めれば(蹴り上げてしまった時点でフライングしていたエースにはドキドキしました…)全国大会出場決定。

キッカーは山崎くん。U-17アジア選手権(レイソルは2人揃ってPK外した、と言われてしまった試合(苦笑))の記憶が脳裏をよぎりますが、山崎くんに声をかける岡田くんを見て、無心で信じるしかない、と思いました。

決まって、みんな(ピッチ内も土手の上も)大喜びして…相手への挨拶も終え、最後に…すっごい勢いで土手へ走ってきて。すっごい、なんて安っぽい形容しか出てこない自分が嫌になりますけど、正直、私自身がとても興奮していて、あまりよく覚えてないんです。嬉しい、ものすごく嬉しい、その感情の奔流だけが、流れる感覚―言葉にするのが難しい、本能に近いレベルの出来事として、大脳に刻まれています。

みんなの嬉しそうな顔を見るのが、一番嬉しいし、一番の楽しみです。

土手への挨拶、でも、すぐにはできなかったんですよ。だって、ベンチから、渡辺毅コーチ、芳賀監督、吉田達磨コーチも走ってきたから! それを振り向いて待っている選手たち。本当にいい時間を味わわせてもらいました。ありがとうございました&おめでとうございます!!

だけど、ここからです。全国大会への決意を固めるために、この区切り目を素晴らしい記憶として、こうやって書き記しておきます。

また、みんなの嬉しそうな顔が見たいから、ね。
2007/06/26 13:00:44 | Reysol | Comment 2 | Trackback 0
あの時感じた気持ちは今でも
FW難波宏明、横浜FCの背番号19―と言われるよりは、流経大サッカー部の前主将にして2006年関東大学リーグMVP、と言われた方が、私は“いまだに”ピンときます。

3点ビハインドの後半開始より投入されたのですが、不屈の闘志で走り回る姿を見て、最後まで決して諦めてはいけないと身を持って教えて下さった千葉東総での法政戦@昨年11月を思い出しました。結果的に、レイソルは数的優位にありながら、難波さんのゴールで一時は1点差に追い上げられたわけです。

「自分が気持ちの入ったプレーをすれば、みんなもノッてくるのではないかと」(J'sGoal・試合後コメント)

これが難波流の牽引力なのだと、改めて思います―代替わりしたRKUは、新主将(次郎先輩)が、彼流のまとめに、日々努力しているわけですが。

<J1第17節@6/23三ツ沢>
柏レイソル 4-2(前半3-0)横浜FC
得点者:【柏】李×2、佐藤、ドゥンビア【横】山田、難波

ユースが関東第9代表決定戦(10時半@那須スポ)へ回ったからハシゴできた、とも言えてしまう日程。もっとも、栃木から神奈川まで高速飛ばして下さったMさんの力あってこそ、ですけれども。

レイソル系の端くれとして各所で登録していただいているblogをやっていながら、トップの試合を見るのは3/31以来。ダブルヘッダーはきついと判断し、船山さんが昨年お世話になった難波さんのお給料になるんだと必死に言い聞かせてバックスタンドのゾーン席・前売3000円を購入。選べるゾーンはかなり広いのですが、ここはやっぱり“左サイドを躍進する菅沼実選手を目前に出来る絶好のポジション”(C)横浜太陽会をチョイス。え、日立台でも代表戦でも、セレクト理由はいつでもそれしかないだろうって?(微笑)

三ツ沢は、昨夏のあの日(レイソル広報日記by種蔵さん)以来でしたし、ホーム側よりも人数多そうなレイソルサポーターが奏でるコールは、数時間前、那須の土手で、片手の指が余る人数が口にしていたものと、当たり前なのですが、同じで…チャントの合間合間に、ふと、感傷に浸ってしまう時間がたびたびありました。

菅沼「今日もアウェイに大勢のサポーターが来てくれた。今の成績はサポーターの熱い声援があってのことだし、彼らは間違いなく12人目の選手だとみんなで言い合っています」(レイソル公式・試合後コメント)



時の流れを経て、拍手が幾度となくこだまする今のスタイルになったのだけれど…大きな声援は選手に力を与える、それは間違いない、と感じました。選手が後押しを受けて好パフォーマンスを見せ、そしてそれを見たサポーターもいい気分になって応援に力が入る、そのプラススパイラルを、スタジアムながら“劇場”と呼ぶのだろうか、なんて。

試合の方は、順位差と呼ぶべきか、ボール扱いの技術差と呼ぶべきか、見て明らかに存在する“ギャップ”を埋める手段として、横浜FCはゴールを守るために取り得る限りのディフェンス…私の好みではない、美しくはない動作を連発していました。レイソルのDFラインは、古賀さんが統率しているから、まとまっているのだと強く感じました。

1点目は菅沼さんのお膳立て(チュンソン的には意外だったようで)から生まれたチュンソンのものでしたが、これが決まった時、バックスタンドのアウェー寄りはほぼ総立ちで、みんなでチュンソンコールを連呼。バックスタンドなのに熱い(最終的には最上段で立って、ゴール裏同様に応援してる人もいました)のは、まるで日立台AL席のよう。そういえば、試合後、クールダウンで菅沼さんがバックスタンドに手を振ってくれて、嬉しくて写メ撮ってしまった(でも座っている位置が高すぎて、たいしたものは写ってませんでした…)んですけど、三ツ沢も、客席とのレスポンスという観点では、日立台に近いですよね。

最近のYAZAWAは違う、とトップの試合に通われている方から聞いてはいて、実はあんまり信じてなかった(死)んですけど、YAZAWA観変わりました!! すごい走ってました。2点目の由紀彦さんのは、ほとんど、左サイドで粘って折り返した谷澤さんの功績でしょう。

あと目を見張ったのは、アルセウの出場停止でチャンスを得た、永井さん。ゲームメイクというよりは(でも菅沼さんがプレースキッカーをやらなくていいのは、得点力という意味では良いのではないでしょうか!)中盤の底で粘り強くカットし、そして散らす…攻守に渡って、非常に効いてました。やぶ流に書いちゃうと、立派な背骨。

久しぶりにコールが歌えて、すごく幸せだった…そして、バックスタンドの黄色い人たちの少なからぬ人が、15番をつけていて、すごくすごく嬉しかった菅沼さん。マークが厳しいのもあって、チャンスメイクに主眼を置いていた印象を受けたのですが、最後の最後、GKまでいなしておいてパスを選択された時は、最終盤だったとはいえ、ずっこけそうな心地になりました(苦笑)

後半の戦い方がまずかったから、一部選手は勝利ダンスをせずに引き揚げようとしていて、その気持ちも分かるけれど、勝利自体に飢えていた選手とサポーターの情が、それを上回っての勝利ダンス(本日のトラメガは由紀彦さん)だったと見ました。いいんですよ、次は、日立台で、もっとすっきり勝っちゃいましょう!

って、また行けないの?!
2007/06/23 23:26:44 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
ゆたかなみのり ひとのさち
黄色と黒で彩られたタオルマフラー。好きな選手の背番号入りレプリカユニフォーム。身につける物は、自身ではよく見えませんから…誰かに見せるために用いるのです。

だから、私も、誰かがユースの試合のために持ってきて下さったものしか、よく見えません。

<関東CY選手権(U-18)2次リーグ@6/17日立台>
柏レイソルU-18 10-1(前半5-0)水戸ホーリーホックユース
レイソル得点者:山崎、山中(PK)、工藤×3、比嘉、太田×3、畑田

-------09工藤/2--------
-11山崎/2---------19比嘉/2-
---10武富/2-----08仙石/2---
-------05C山中/3--------
07輪湖/3-03豊嶋/3-23堀田/3-02御牧/2
-------01岡田/1--------

武富→18太田/3(山崎が1列下がる)
比嘉→13牧内/2
仙石→06畑田/2
御牧→17篠原/3
輪湖→22酒井/2

まずは何よりも―面倒くさがって両端と中央しか結ばなかったがゆえに、めくれあがってしまった幕をわざわざ全部結んで直してくれた大野くん&飯塚くんと、重りを貸して下さった某祐三ファンさんにお詫びと御礼申し上げます。本当、すみませんでした。

あと、御礼ついでに―貴重な写真を下さったY様にも、この場を借りて謝意を。ありがとうございました、またあの場所へ、いや、もっと先へ行けるよう、できることがあるならばしたいです。

さて、梅雨入りしたばかりながら、身を焼き焦がしそうな日差しが燦々と日立台のピッチ、そしてスタンドへ降り注ぎます。ほとんどの観客が、わずかに屋根の日陰となるメインスタンド最上段へ陣取りました。避けるすべのない選手たちは、灼熱とおぼしきピッチでアップ。

一人の選手に目が留まります。華奢な身体、少し伸びた髪を“ヒモ”でまとめ、周囲より多量のエネルギーを消費してるだろう独特の動作でボールとたわむれ、見慣れた“間”でそれをリリースし、時折きれいな顔で笑う―2年くらい前からタイムスリップしてきたような、ホーリーホックの背番号4。

無論、その選手はタイムスリッパーではなく、2年前にそんな姿かたちをしていた…今日は記者席で石川健太郎コーチや佐々木直人ユースチーフと一緒に試合を見ていて、後輩の挨拶を一身に集めていた柳澤隼さんの2歳年下の弟・柳澤晶くん(←今回のエントリでは「晶くん」という表記にしておきます)です。2年前、水戸とサハラカップで同組になった際も、晶くんって、私が初めて柳澤“くん”を見た頃の柳澤“くん”(中3~高1)とそっくりだと感じたものです。

かなり違和感のあった背番号は、晶くんのポジションを示していて、なんとCB。突破を仕掛ける比嘉くんと渡り合ってみたり(苦労してるシーンも少なからず…)、輪湖くんのクロスを巧みにカットしてみたり、CBのタスクを果たしているのですが、寄せる構えもお兄さんと同じだから、大丈夫かな、とついつい心配に。途中からはボランチへ移ってましたけれど。

兄弟が、歩き方や走る姿勢、ボールを持って動き、そして放す間合いまで、驚くぐらい似ているのは、船山兄弟で随分と見慣れたはずなのですが、柳澤兄弟は外見まで似通ってる(今はお兄さんが相当明るい髪色にしてますけど、これが同系色だったら、正直、見分ける自信ないです。体つきはお兄さんの方が良いかな?)ので、これで連想するな、というのが無理な話…では? 自分甘すぎ?
輪湖(兄)さんのモーションを思い出せないのが、めちゃめちゃ残念。

…はっ、私、本当に晶くんの話しか書いてないぞ><

気を取り直して―先制点は、左サイドから山崎くんが放った長めのショットが、GKがはじくも、入ってしまったもの。続いて、先程まで書き散らしてきたDFの晶くんが、山中くんと並走、いや、若干追走気味な応対になってしまい、最終的には倒してしまってイエローカード。エリア内だったのでPKとなり、これを山中キャプテンがきっちり右へ蹴り込んで2点目。

選手入場時も、最後尾で、明らかに見覚えのありすぎるガチャガチャした、はねるような歩き方で入ってきた晶くんに釘付けとなってしまった(殴)私ですけど、レイソル側の先頭にいた、髪を切った山中キャプテンの姿にも、胸がキュンと(死)なりました、ハイ。

比嘉くんのゴールすぐ前での巧みなはたきから、しっかり受けてくれた工藤くんが、これまたうまく打って3点目。さらに、右サイドを抜け出した比嘉くんが、左のポストに当てて跳ね返すという小憎いコース取り(結果的に?)で4点目。集中が怪しくなってきた水戸のクリアを奪った工藤くんが確実に決めて5点目。ここで折り返しです。

後半、晶くんは黒いadidasから白のUMBROにスパイクを替えてました。優しいお兄さんは弟にスパイクプレゼントしょっちゅうしてるようですが、今日の晶くんのギアはどうだったんでしょうか?

右サイドをするする抜かれ、10番に1点返されてしまうのですが、今日のレイソルはまだまだ休みません。後半途中から登場の太田くんが頑張ってくれました。ワンツーで1点、左の輪湖くんからの折り返しで2点、最後に右の篠原くんからのボールを決めてハットトリック! 時系列ぐちゃぐちゃですが、篠原くんの折り返しは、工藤くんも頂戴してて、本日、ハットトリック2名です。ハット達成時の、工藤くんのガッツポーズ、腕への力の入り方が半端ないな、と無駄に筋肉見てました。きもくてスミマセン…。

同じく途中出場の畑田くんは、相手のミスからこぼれてきたチャンス、一度はヘッドするも決まらず、しかしながらもう一度微笑んでくれた女神様の贈り物には、足できっちり応えた(決めた)のでした。これだけ入ると、経過だけでおなかいっぱいですね、文量的には。人工芝で全国大会出場を決めたレイソルU-15はスコア、11-0だったそうですけれども(情報提供:Sさん)

いずれにしても…もともと、勝っても、負けても、待ち受けるのは、関東大会の9位決定戦トーナメントなのでした。負けたら終わり、4チーム中、生き残った1チームだけが全国大会のきっぷをつかめる、過酷な闘い。やるしかありません。

互いに相手ベンチへ挨拶した両イレブン、すれ違う際、豊嶋くんが晶くんと何やら話してました。おや?…と思いきや、クールダウンまで、センターラインを挟むような位置で、他のレイソル選手と離れて、柳澤晶・輪湖・山中・豊嶋の4人でやってました。かなり話ははずんでまして…何つながりでしょうか。川向こう仲間? レイソルとの対戦はモチベーション上がりますよね、これなら、もちろん。
続きを読む
2007/06/18 00:41:14 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
誇れその名も龍ヶ崎に
今日のお昼はアタリ? ハズレ?(=^▽^=)

<総理大臣杯 関東代表決定戦・2回戦@6/9流経大・人工芝>
流通経済大 5-1(前半3-0)亜細亜大
得点者:【流】沢口泉、宇佐美×2、三門、船山【亜】OWN GOAL

---18沢口泉/3----09池田圭/3---
-29宇佐美/3---------08西/3--
----17三門/3----23武井/4----
06宮崎/3-02C鎌田/4-30加藤/3-05赤井/4
--------01林/2---------

池田→15船山/2
武井→14金久保/2
西→10平木/3(宇佐美が右へ)

2週連続で利根川を渡りました。(プレジャー通信・筑波vs東農)
茨城、茨城、われらの茨城~(←もはや何であるかは言うまでもない)

ということで行って参りました、総理大臣杯関東代表決定戦・2回戦。本日は流経vs亜細亜の模様―というより、龍ヶ崎のメインストリート…。

え、呼びました?
「船山さんが点取ったからレポ上げなきゃいけなくなりましたね( ̄ー ̄)」
は? なんですかその悪魔の呼び声は! いや本当に言われたんですって、人工芝グラウンド脇で。…しょうがないですねぇ、試合のことも書きますか、試合のことも!!(結局フナヤマという固有名詞に勝てないらしい)

上記の通り、前週も訪れた龍ヶ崎キャンパスですが―サッカー場へたどり着く前に、1回戦との違いを視認できました。



多目的練習場の壁がふさがる勢いで垂らされた横断幕。それも監督や上級生が上になるよう、順番もきっちり並べて(だから、船山さんの『リアルストライカー!!になる』は一番下)結び付けてあったのです。かなり大変なお仕事だったかと推察します…。

反対側のゴール裏に当たるネットにも何枚もの幕が結ばれ、サッカー場をぐるりと囲むフェンスには数mごとに、RKUのマークと青で描かれた龍がデザインされたLフラッグが、何度も綺麗につけはずしができるようプラスチックのバンドで2ヶ所ずつ固定(ガムテープを想像した私のチープさは、某所のゴール裏サポっぽいですね(苦笑))されていました。

同じデザインのフラッグ(サイズはS)が、先日のたつのこフィールドこけらおとしでは、来場者全員へタオルともども配布されたとか。JFLホーム開幕戦の優勝記念本といい、RKUが太っ腹にプレゼント配布してくれる日に限って行ってないですよね、私たち。 この日も、スタンドのRKU側のほとんどを埋め尽くした部員さんが、Lフラッグやらタオルやらを身につけていました。チームカラーで染める、それは選手に伝えやすい“ホームらしさ”。

しかしながら、総理大臣杯は、本戦に至るまで、負けたら終わりのトーナメント。前期リーグ戦を1位で折り返したRKUは、初戦である2回戦をホームグラウンドで迎えたわけですが、慎重にゲームへ入っていきました。ボールは自陣と相手陣内を、さして比率に差もなく行ったり来たり。

その理由は、慎重さゆえか、それとも、近頃TMが頻繁に組まれ、インターバルが狭い(=選手が疲れている)からなのかは、なんとも言えません。ただ、終始…タイムアップまで、鎌田さんは眉間に海溝のような深い深いシワを刻んで吠えていたし、武井さんは腰を落とした姿勢で、転がっていくボールを眺めているシーンが多々ありました。私も手が大きいと言われる人間ですが、武井さんは本当に手のひら大きいですよね。

イレブンで一番“動”のオーラを発散していたのは、JFLで頑張っていたという宇佐美さん(ヴェルディユース出身)でした。そのランもあり、RKUはいくつかチャンスを手にしました…が、フィニッシュが枠へ行ってくれません。またしてもバーに当たったか…と軽く脱力してしまった、前半29分。バーを舐めたはねかえりを押し込んだのは、沢口“ボーズ” 泉さんでした!

ようやくリードを奪ったRKU、前半の終盤に立て続けに加点します。40分に宇佐美さんが抜け出し、GKをワンフェイク入れてかわし、この後きっちり(ここ重要ですよね!)決めたと思いきや、2分後、池田さんが持ち、沢口泉さん経由で三門さんが絶妙のコース取りなショット! 突き放すことは、24時間後にも試合が控えているだろう日程的にも、重要だったのです。

ハーフタイムは、ぼぼーっと、色白な人(前週のおめあてさんの色黒っぷりも、逆サイドから見ていてビックリだったけど…)のアップ光景を眺めていようと思ったのですが、いつの間にかいなくなってて、ベンチに呼ばれたんだと分かりました。後半より投入です。

苦い黒星を喫したJFLのソニー仙台戦@ユアスタから、まだ1週間経ってません。そこでのプレーは、人から伝え聞くのみですが、早め早めにボールをはたこうとする姿は、フィニッシャーよりもチャンスメーカーのようで、どちらであることが(どちらもできると思いますけど)、より、このチームでの試合出場に近いだろうか、と考えてしまいました。

…左サイドで絶妙のパスを繰り出したら、それを受けたのは攻め上がってきた次郎先輩で、バーの上へ浮かされた時には、この試合で一番叫んでしまいましたが!

ゴールは、宇佐美さんからの右からの素早いクロスを、クイックなモーションで。もう1回蹴りこむのは余計ですが…気持ちは分かるかもしれません。時間・空間のポイントを捉えること、そこを突けるようにボールを操ること。両方を備えている船山さんらしいゴール、と言っておきましょう(*^-^*)

さらに宇佐美さんが追加点を奪い、いい感じで…と思いきや、DFからのバックパスをGKが処理しきれず、ころころとゆっくり転がったボールが自分たちのゴールに入ってしまうという、実に後味の悪い得点を献上してしまったのですが、ともあれ、初戦、勝ちました。手放しで喜べなくとも、次の試合―トーナメントの上の山は、すぐ目の前。戦うしかありません。勝者のみが、カップ戦の階段は登っていけるのです。

最後に一言:いくらcharming(charm=魔力)だといっても、“後ろ”からのコーチングに耳貸さなかったのは万死に値すると反省猛省しておりますので、許して下さい。m(_ _)m

で、本題(!)はここから―以下、サッカー全く関係ない(!!)ので畳みます。
続きを読む
2007/06/11 21:34:35 | University Soccer | Comment 6 | Trackback 0
FAVORITE 10
反町JAPANの深夜特集番組で最も面白かったコーナー・好きなものを10個挙げることでパーソナリティへ迫ろうとする"FAVORITE 10"。自分もやってみました(うざい…)

☆サッカー
blogのテーマに据えてるぐらいですから(笑) ただし、観戦専門。運動音痴なので。
☆ドリブラー
自分でも衝撃の回答。2番目は深層心理が最も反映すると言いますし。ボールを操る技術以上に、彼らの勝負へ挑む姿勢が好き。
☆笑顔
生きる原動力にして、目的。至上の価値を有するもの。あ、言うまでもなく“他人の”です。
☆ネットサーフィン
webに接続できない環境へ置かれると、禁断症状が出てしまいます(苦笑) TV見ない+活字読まない傾向は激化中。
☆占い
パーソナリティ解析ツール。他人を観察し、その像をちまちまと作り上げる“ヒューマンウォッチ”の礎…分類の金型として使います。
☆「ありがとう」という言葉
最も美しい日本語。この響きに喜びや力を得ない人などいないでしょう?
☆甘い物
機嫌が悪かったら、与えるとおとなしくなります(苦笑) 近頃のお気に入りは、100% Chocolate Cafeの40番・ロイヤルミルクティーチョコ。
☆Suica
これも我ながら意外な回答。ピッピッやるのが好き。Suicaで買い物ができると分かると、嬉しくなってしまいます。ペンギンも結構好きです。
☆雑貨
服を買うのは苦手ですが、雑貨は大好き。LOFTやハンズが少しずつ柏へ近づいてきて(笑)嬉しいです。特に好きなジャンルは入浴剤、食玩。
☆文章書くこと
存在意義、あるいは数少ない自信が持てること。それは、昔、褒めてくれた人がいるからですけれども。

…あー、こんなの誰も読みたくないですよね? すみません。ちゃんとしたもの置いておきますんで、お口直しにどうぞ!

【闘争心あふれるプレーでゴールを狙う左利きのストライカー・李忠成】
友達
家族
「ま、サッカー
笑うこと!」
「なんだろ…。難しいなー。あ、! 馬見るの好きなんです」
食事。おいしいものを食べること」
「あと4つっすか。なんだろ。あと4つ~」
ゲーム
「ま、焼肉っすね。うちのお店[=実家]の」
ひとりの時間っすね」
お金

【鋭い飛び出し、正確なシュート、今シーズンの柏レイソル躍進を支えるワンダーボーイ・菅沼実】
家族
愛媛FC
「やっぱブラジルのサッカー
「日立スタジアム、柏スタジアム
「俺結構つまんない奴だなー。ないなー(笑) えー?」
疲れたら寝る
水風呂
「なんか!ってなりたいな」
24(笑)」
さんまさん。結構見るんですよね、さんまさんの番組」
「結果」
―それはゴール?
「そっすね、ゴールっすね。ゴールの方がかっこいいっすね。ゴールにしといて下さい。これ(←両手でハサミチョキチョキのジェスチャー)うまくやって下さいよ。ゴール! ゴールです」
2007/06/05 21:55:44 | Japan National Team | Comment 0 | Trackback 0
ユース@関東クラブユース2次予選ですよ!
(C)538様。

今月の週末にレイソルU-18が全国大会出場を賭けた関クラ2次予選へ臨むのは、各所で触れていただいているのもあって、皆様もうご存知かと思いますが、このエントリでは、トップと同じユニフォームをまとって戦う、しかしトップチームではない(レイソルU-18の選手も、対戦相手も、みんな、高校生です)ゲームを見るに際して、心に留めておいていただくといいと思うポイントをご紹介します。

といっても、昨年出たenterbrain社の『サッカーJ+』vol.3にて、東北のユース年代を中心に取材されているフリーライターの小林健志さんが書かれていた【これからユースを見る人へ】の丸写しなのですが。
(今回、紹介するに際して、快く許可を下さった小林さんに感謝)

【ユース観戦の楽しみ方】
◎この年代の選手は突然、急激に成長することがあるので、意外な選手が意外な伸び方をするのを見るのが楽しいです。
◎長く見続けるほど、選手の成長を感じることができ、ハマってしまいます。
◎勝つことも負けることもあるけれど、負けたことを糧に課題を修正して勝てると、さらに嬉しい。
◎この年代の選手は、負けることも勉強です。
◎何よりみんなガムシャラで、一生懸命なのが見ていて気持ちいいです。
◎「汗と涙」は高校サッカー部だけのものではなく、クラブユースでも全く同じです。


レイソルU-18だと、春休みの遠征がかなり充実したものだったようで、春休み前と後とでチーム全体の変貌ぶりに驚かされてしまいました。選手個々でも、ここ最近で、前とは全く違ったオーラ(自信、のなせるわざ)を身につけた選手がいたりします。それが誰なのかは、見て探していただくのが楽しいかと。

あと、直近で私がサッカーで泣いたのは、今、RKU在学中の某選手がキャプテンだった代の最終戦だったりします。某選手は負けず嫌いで、割とすぐ泣くので、もらい泣き説が濃厚ですが。


【ユース観戦の注意点】
◎会場が分かりづらい場所だったり、不便な場所だったりすることがあるので、よく下調べをした上で行かないと大変なことに。
◎時計がない場所で試合をすることがあるので、自分で時間を計る癖をつけるといいです。
◎椅子がない場所で試合をやることがあるので、折りたたみの椅子を持っていくと重宝します。
◎選手名が表示されない、さらにはアナウンスもされないことが多いです。
◎あくまで選手はアマチュア。選手のご家族や友人・知人が見に来ているし、選手本人も多感な時期なので、選手に対する過度なブーイングや罵声は控えるべきでしょう。
◎勝っても負けても拍手で選手を温かく出迎えましょう。


こちらは上よりも重要なポイントが多いです。日立台でも、人工芝での試合は、据え付けベンチの数が限られていますので、ご承知おきを(野球場での練習見学を想像していただければ良いのではないかと)。
あと、選手がプロではない点は、対戦相手も含めて、必ず意識していただければと存じます。

それでは、日立台でお会いしましょう♪
2007/06/02 04:29:36 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。