スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
物は叩きつけられれば四散する。気持ちは?

<第60回早慶サッカー定期戦@6/28国立>
早稲田大 0-3(前半0-0)慶應義塾大
得点者:田中、中川靖、藤田

サテライト@柏の葉からTXで都内へ出る、(自分としては)最上の贅沢で駆けつけたのに…60回記念で女子戦も国立開催となったのもあり、雨降るスタジアムのゲートで待ち構えていたのは『早稲田側屋根下満席』の貼り紙でした。どうにかギリギリ屋根の恩恵を被れそうな位置は確保したとはいえ、役立たずで関係の皆様には非常に申し訳なかったです。昨年に引き続き、ご協力頂戴しました方々には改めて厚く御礼申し上げます(ぺこぺこ)

両校副務が魂削って作成したプログラムと、ア式タオマフを購入。甲高い可愛い声で呼び込みをしていた選手のIDカードへ激しく反応してしまいました。以前、Iリーグで小川さんが大変お世話になったGK小倉さんです。若杉ワセダの全国制覇は、もう2年も前の出来事なのです…あの頃2年生だった服部さんは、今年4年生なわけで。やばい、書いてて泣けてくる。

そんな服部さんはベンチに控え、先発CBは小川さん&畑尾さん(1年生・FC東京卒業生)コンビ。後輩より好きな選手として名前を挙げられる存在にまでなった小川さんですが、この日は畑尾さんにかなり繕ってもらっていたかと。ビデオレターを残しセルビアへ旅立った中町さんを欠くとはいえ、慶應のパスワークは河井さん中心に冴え渡り、同じくユニバ代表で中川裕平主将が不在の早稲田DF陣に強大な負荷がかかります。

早稲田のアタックは松本怜&中川翔平のスピードあふれる突破頼み。山中さんが地味に中盤の底で散らす(自分の見所を「無難なプレー」と述べる山中さん)のですが、連動性に乏しいため、なかなか活きません。前期リーグ第3節、首位WMWは2位RKUと対戦、松本さんのスピードに苦しめられたRKUが、彼の負傷退場後に息を吹き返し、分かれた明暗がその後長く続いたのを思い出しました。

まさか、松本さんを下げて…前期リーグで活躍した富山さんはラスト10分程度の投入で…。

スコアこそ0-0でしたが、内容では前半で既にかなりの差が開いていました。後半開始早々、セットプレーからヘディングを決めたのは田中奏一さんでしたが、必然にも感じられたし、また守備陣の耐久限界を示しているようでもありました。2点目は混戦から、最後は中川靖章主将がゴール右へ。携帯サイト「ゲキサカ」で拍手ボタン押下必須のクオリティ高すぎる『ソッカー部主将戦記』を連載中のキャプテンは、主将たる者組織を勝たせるためだけに…と滅私の姿勢を崩さない方なのですが、早慶戦だけはゴールという恩返しを、と強く燃えていて、具現化した際の喜びぶりも半端なかったのです。思わず拍手しちゃいました。

3点目は中町さんの代役として起用された1年生・藤田息吹さん(藤枝東で10番をつけた男)が、それまでも何度もしていたように、ゴール正面へするするっと上手く入り込み、左サイドネットへ絶妙なコースとスピードで貫いたのでした。お見事と脱帽するしかないでしょう、ア式からすれば。それからも見せ場は慶應にばかり訪れ、とうとう今年は一度も「紺碧の空」は歌えなかったのです。

タイムアップの笛が鳴ると、誰よりも体を張って奮闘していた早稲田のCBコンビが…畑尾さんはべったりと座り込み、小川さんは地面に背を預けて起き上がれなくなってしまったのでした。中野副将に引き起こされた小川さんの目には涙があったようにも映りました。その姿勢は、RKUキャプテンのユース時代の代名詞とも言えるシルエットで…彼は、大学へ行ってから、ああいう仕草をする程の悔しさとは巡りあっていないのか、それとも大人になったのか、いつも、考えているのですけれども。

優勝したかのごとく盛り上がる慶應イレブン&スタンド。たった1試合でここまでのコントラストを描いてしまうのが、伝統ある定期戦なのだと初めて感じ取れた雨上がりの夜でした。
スポンサーサイト
2009/06/29 23:10:09 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
日曜の夜です。
20090625124606
三田へ来ています(仕事で)

裕平さんと中川(靖)さんを頻繁にお見かけするので、照れます。
街行く人たちの目にも留まってますように。
2009/06/25 12:46:17 | Weblog | Comment 0 | Trackback 0
行ったお店を現実逃避に記録するよ
本来なら「食べたものを~」ですが、食べた物の写真を撮ってなかったので(自爆)

【6/13 総理大臣杯予選:流経大vs東洋大@きのこの山FF】



関鉄・竜ヶ崎駅から流大キャンパスとは逆の方向へ歩く「味の散歩路レストラン アトム」にて、ハンバーグ&クリームコロッケのランチセットを賞味。食べたものよりマイペースなマスターのインパクトが強すぎました(褒め言葉…?!)

【6/20 JFL:横河武蔵野vsMIOびわこ草津@ムサリク】



三鷹駅よりも吉祥寺駅に近いのですが、某さんのプッシュで訪れた五日市街道沿いのカフェ(←というくくりで正しいのか自信なし)「A.K.Labo」。人気店らしく、ひっきりなしにお客さんが訪れてました。ケーキが(生も焼きも)どれもこれも可愛くて、女子心をくすぐります。焼き菓子数点を職場おやつ用に購入。

#ムサリクでは「チキン南蛮丼」を頂きました。

【6/21 JFL:流経大vsHonda FC@たつのこ】



サッカー部の寮にも程近い、たつのこ通りから少し奥へ入った住宅街にある「パン・アトリエ クレッセント」。ニュータウンが開けると共に、美味しいパン屋が増えてきたと言われる龍ヶ崎の代表格だそうで。ミルクフランスはクリームがパワーあふれる濃厚ぶりなので、甘いものが本気で好きな人向け。また、高橋肉店のコロッケをお店で揚げてコッペパンへ挟み、ソースをかけたコロッケパンは、シンプルさゆえに各パーツの美味しさが伝わる自信の品(土日限定!)らしく。
2009/06/22 00:04:44 | Weblog | Comment 0 | Trackback 0
@東伏見

まちがえてきちゃったー。



…わけではないです!(強調)
た、ただの通り道っ!!
2009/06/20 11:42:05 | Weblog | Comment 0 | Trackback 0
序破急
「俺たちは」
円陣と同時に行われるワーク。想念は言語を媒介に具現化する、から。
「「「強い!」」」

<総理大臣杯関東代表決定戦Aブロック2回戦@6/13RKUフットボールフィールド>
流通経済大 2-3(前半2-2)東洋大
得点者:【流】フランク、古川【東】田原春、郡司(直接FK)、黛

----30上條/2---19古川/1----
23河本/1-----------29村瀬/2
--18フランク/3---08千明/4----
05中里/2-04及川/4-13藤本/1-15比嘉/2
--------01C林/4-------

44m:及川レッドカード(得点機会阻止)
45m:河本→03山村/2
59m:古川→10金久保/4
70m:上條→11武藤/3

2年前、総理大臣杯決勝を終えたキャプテンが、ファイナルで見事な得点を決めた細貝さん(JFL鳥取戦で復活! 嬉しいです)の出場は西さんが負傷したためだと教えてくれて…言われるまで気づかなかった自分に愕然としたのを、よく覚えています。代表決定戦は2連戦、本大会は中1日で4試合。悲願の日本一は、選手層の厚さでつかんだとされています。

教育実習中の“先生”や負傷者をベンチや土手に配したスターター。代わりに出番を得た1年生は伸び伸びとサイドを駆けていました。特に左サイドの河本さん―放たれたシュートは、全身緑一色の新入生GK松下さん(レイソルU-18卒業生!)がはじきましたが、上條さんの前へこぼれ落ちます。先輩、フリーながら浮かしてしまいました。

RKUのボールを奪った東洋(公式記録によると小島さん)が前線へ浮き球を入れます。DFラインの裏を取った田原春さんは林さんとの1対1を迎え、きっちりゴール左へ流し込んだのでした。大臣杯予選は昨年もビハインドからスタートしたRKU。すぐに村瀬さんのパスを上條さんがうまく落とし、フランクさんが蹴り入れて追いつきます。更に古川さんが右サイド、ややゴールから離れた位置よりゴールの逆側奥を射抜き、勝ち越しました。

逆転するまでに前半の3分の1しか消費しなかったRKU。残り3分の2は、それまでのバタバタが嘘のようにペースをつかんでいました…ペースだけは。林さんが具体的な指示を…選手間のバランスを重視した声をフィールドプレーヤーへ飛ばし、導き出された動きがRKUの特徴である連動を形作っていくのです。こうやって、慣れない組み合わせで始めても、誰もがRKU色へ染まっていくんだと感じました。

「おいー、明人プレス弱いぞ明人!」
コーンとバーで隔てられた向こう側の主将(集合写真では仲間に9本指アピールしてもらえたようで。良かったですね!)からも、1年生へコーチングが飛びます。普段の練習でもこの調子なのかな、と勝手に想像してみたり。

とはいえ、この試合は全国大会へ続くトーナメントの一環であって、連携を熟成させるための時間ではありません。前半終了間際、ゲームの流れを大きく揺さぶる出来事が起きました。中盤から一人で飛び出した小島さんにRKU中里さんがつくも振り切られ、カバーに入った及川さんのアプローチに対して、相手は倒れました。これが「得点機会阻止」と判定され、及川さんにレッドカードが提示されたのです。与えられたFKを郡司さんが直接放り込んで、前半終了。千明さんや中野監督が主審へ猛抗議します。

後半、数的不利での戦いとなったRKU。右サイドでCB・SB間のパスがカットされました。これを起点にサイド深く侵入した田原春さんがセンタリング。東洋大・中里さんのショットはGK林さんがはじくも、詰めていた黛さんに押し込まれました。東洋大が再びリードを奪ったのです。

RKUも関東選抜クラスの選手を次々と投入し挽回を図りますが…そんなに甘くはありません。後半20分頃からは、早くもCKで林さんが攻撃参加をスタート。キャプテンがピッチ内へ投げかける声もトーンが荒れる一方。

RKU応援団が最もフラストレーションを募らせていた相手は、主審でした。
「レフェリーも人間だから!」
今シーズン応援リーダーを頑張っている4年生GK島谷さんが、苛立つ部員たちを宥めます。心ある者が裁くのだから、詰め寄られれば心象は悪化し、ゆえに判定はますます揺らぎ…それでいて、一度下された判定は覆らないのです。だから、不満を口にしても意味はなく、だったら、同じ声を出すなら応援した方がプラス。

10人になったから負けるわけじゃない。ジャッジのぶれをも構成要素としてはらむフットボールで高みを目指しながら、ナイーブなリアクションを示す者が多々いた脆い集団だったから負けた…!! いや、フットボールはそんな短絡的に白黒つくスポーツではないとも承知ですけれど。前期リーグでRKUが強いと言われたのは、勝っていたから。強いものが勝つのではなく、勝ったものが強い。では、弱いものとは。

長い夏が始まります。
2009/06/18 22:41:20 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
心にダムはあるのかい?
日本一長い埼大通りのケヤキ並木―覚えてました。4年前もバスで通ったと。2005年6月5日、日立台で行われた青空サポカンには目もくれず、レッズランドの中央へそびえる木の根元へ荷物を放り出すサッカー少年の楽園で、傍観者はどこに位置すれば良いか、ドギマギして。

自分は足をあまり動かさない2列目の3年生が、右横を大きくオーバーラップしてきた1年生へちょんとボールを出し「クロス!!」と一喝したシーンは、今でも鮮明に思い描けます。その右SBは大臣杯予選で2試合連続得点を記録したWMWの主軸たるアンカーとなり、司令塔は前日、フットボールフィールドの土手で黙り込んでいて……沈黙というリンクが私をレッズランドへ呼び寄せたのだと、嫌でも想起するのでした。

<関東CY選手権(U-18)2次リーグ@6/14レッズランド>
柏レイソルU-18 6-1(前半3-0)浦和レッズユース
得点者:【柏】山嵜×3、相馬、茨田、向井【浦】葺本(PK)

--------09山嵜/2--------
19山中/1----11仲間/2----17熊谷/2
----05橋拓/3----13相馬/2----
06橋健/3-02川尻/3-23上之薗/2-17C茨田/3
--------16川浪/3--------

仲間→10小林/3
熊谷→12豊嶋/3
山中→15蓮沼/1
山嵜→25向井/3


4年の歳月はレッズランドを秩序ある空間へ進化させ…ピッチまでの距離も、節度あるものになりました。

今にも泣き出しそうな空の下で、レイソルはイニシアティブを握ってゲームを進めたのでした。先制は左CKから山嵜くんのヘッド。2点目も山嵜くんがゴール左から侵入して倒されて得たPKを自ら右へ曲げて決めたもの。更に右サイドから上がったクロスを相馬くんが上手くショットして、前半にして3点のリードを得たのでした。

ディフェンスも、トップでの経験からか風格さえ漂わせつつある茨田キャプテンや、近頃強度がぐんぐんUPしている川尻くんを中心に、レッズ(同日のサテライトにユース選手が複数、参戦していた模様)を良く潰せていたと…遠目からお見受けしました。後半、左サイドでDFが相手を突き飛ばす格好になりPKを与えてしまい、これを吾郎くんもコースは読んでいたのですが止められず、完封こそ逃しましたけれども。

左サイドから入ったボールを山嵜くんが丁寧に蹴り入れてハットトリック。右サイドを駆け上がった茨田キャプテンのクロスが跳ね返され、戻ってきたボールを左サイドネットへ自ら放り込んだのはビューティフルゴールでした。最後は、またも茨田くんが架けたクロスを、途中出場の向井くんがファーストタッチであるヘッドで叩き込んで、6得点。全国大会をぐっと近づけたのでした。

…また決定機を逸して顔を覆う仲間くんを見てしまったのだけが、個人的には心残りです。
2009/06/18 22:36:52 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
踊り場に佇む戦士
見据えるべきは次であって、過去〔うしろ〕ではない。

<関東大学サッカーリーグ第11節@6/3たつのこフィールド>
流通経済大 3-0(前半2-0)国士舘大
得点者:石川、金久保、柳

---30上條/2---09C船山/4---
06宇賀神/4--------10金久保/4
---08千明/4----32柳/4----
15比嘉/2-04及川/4-03山村/2-02石川/4
--------01林/4-------

13m:船山→09武藤/3(負傷交代)
71m:石川→05中里/2(比嘉が右SB、中里が左SB)
83m:上條→20張/4

主軸が続々と復帰し、前節3-0で明治大に完勝した国士舘大。『STOP流経大』の最終候補として、たつのこへ乗り込んできました…中2日で。RKUも中3日と「短い時間」(by船山さんfromジャナスポ)での試合ですが、約24時間の差異か、あるいはホームアドバンテージか、はたまた前年度王者の底力か、予想外にイニシアティブを握ってみせたのでした。

いや、いきなり波乱は起きたのです。ハードコンタクトにバランスを崩した船山さんが、ピッチへ左肩から落ち…これまで見たことない程に足をばたつかせます。タッチライン際で一度は○が出たものの、すぐに肩を押さえ自らOUT。自分から交代を申し出るなんて、どれだけの激痛なのか、心が曇ります。

天罰だと悟りました。夜の日立台で、私は「肩から落ちたんでランドに行く」と筋の通らないbecauseを吐き出していました。手帳へ関クラ2次リーグ日程を書き入れて以降、ずーっとブツブツグチグチ繰り返していたのです。理屈と感情の乖離が不愉快で。

腕章が金久保さんへ渡った後も、RKUはさして危なくは見えませんでした。先程も触れましたが、RKUが良いと言うよりは、国士舘が本調子とは見受けられなかったのです。RKUが先制するのも自然な流れかと―直前に絶好機で右足から曲げて放ったシュートが見事に枠を外れていった「石川先生」(本日、付属高校での教育実習より特別に一時帰還)が、宇賀神さんが上げたクロスを逆サイドでヘディングしたのです。このクロスで、宇賀神さんも前期アシスト王タイ(明治・山田さん&早稲田・野田さんと並ぶ5アシスト)に。

前半終了間際の41分には、リスタートを起点としたアタックで抜け出し、ゴール左でフリーとなったゲームキャプテン金久保さんが、当然きっちり流し込んでくれ、助かる追加点。後半にも右サイドより石川先生が真横へ放り込んだパスを左サイド比嘉さんがグラウンダーで中央へ戻し、駆け込んだ柳さんがシュートして3点目。石川先生が走り過ぎてスタミナ切れになってしまったのと、林副将が手先でキャッチしてヒヤヒヤさせてくれる場面が幾度かあった他は安心して観戦でき、RKUは前期を9勝2分で終えたのでした。

船山さんが入学以降、前期は毎年首位ターンですけど、過去最高の戦績と言われても…逆に、最も苦しんで戦い抜いた前期だったように、私は感じています(1年の春は大学リーグ見てないだろ、というツッコミは甘んじて受けます)。強く胸へ刻まれた試合は、中央大戦の幕切れ……と言いたいところですが、やはり天使が舞い降りた専修大戦がNo.1です。しょうがないです、こればっかりは(微笑)

私が前期リーグのMVPを選ぶなら(キャプテンや山村さんは、林さんを挙げていました)
続きを読む
2009/06/12 00:03:16 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
恋しさとせつなさと心強さと
いいか、迷ったらシュート! シュートそしてシュートだぜ!

<練習試合@6/7日立台練習場> ※35分×2本
柏レイソルサテライト 6-0(前半3-0)流経大付属柏高
得点者:工藤×2、比嘉×3、澤

☆前半
-----工藤-----
比嘉---澤----杉田Y
--仙石----柳澤--
渡辺Y-大島-向井Y-酒井
-----桐畑-----

☆後半
-----工藤-----
児玉Y---澤----比嘉
--渡辺Y----柳澤--
酒井-大島-向井Y-鈴木Y
-----桐畑-----

4日前に竜巻旋風脚で魂をぶっ飛ばされたのです(挨拶)

人工芝脇には持参されたチェアがずらりと並び、時折、嬌声があがります。ネットに結ばれた幕へ躍るは「全国少年サッカー大会」の文字。今年は第33回大会―10年前、大会得点王に輝いた大型FWについては、残念ながら伝え聞くのみです。

練習場脇の木陰からも、同様に熱視線が注がれていました。本日の対戦相手『付属』選手のご家族と思しき方々です。レイソルU-18と流経柏高は昨秋、高円宮杯で対戦してますが、まだあの頃、自分は流経柏を「付属」と当然のようには呼んでいなかったはず。記憶を改竄しているかもしれませんけど。

今年度よりサプライヤーがアンダーアーマーへ変わり、adidasをまとう大学と差異ができたとはいえ…書くまでもなく、流経柏はRKUの付属高校で、RKU前期最終節のスタメン11人中5人(エントリー18人中8人)が付属OBでした。

コイントスへ臨んだのは大島さん。この日のレイソルは腕章も背番号も無し。開始早々、攻め上がってはロングボールを左右サイドへ散らし、大島さんと共に声を張り上げる柳澤さんを見て、つい考え込んでしまいました。RKUは「付属」とよくTMをやるけれど、大学生だったら柳澤さん≒船山さん、大島さん≒武藤さん、比嘉さんたち≒藤本さんとなるわけで。久々に、長く美しい弧を描きまくる柳澤さんへお目にかかれて、心はずんだけれど、船山さんが「付属」との試合に出たら、どんな結果を残すか、想像してみたら…。

そして流経柏の選手≒レイソルU-18ですが、後者よりも体つきは良く映りました。比嘉さんが高校生を腕で押してボールを奪った場面もあって、時の流れも感じ取れました。先制点は、先輩の横でどこか遠慮がちにも見えた仙石さんの左CKを澤さんが頭でそらし、ファーサイドの工藤さんがヘディングで決めたもの。

最年長・澤さんは別格で、柳澤さんが中央を突き進んでから繰り出したスルーパスできっちりGKと1対1を迎え…これはGKが良くはじいたものの、今度は2対1とレイソル数的優位から工藤さんが潰れながらも澤さんへつなぎ、ラストは右サイドより中央でフリーだった比嘉さんへパス。もちろんしっかり決めた比嘉さんでした。

更に、攻勢の果てにゴール正面へ流れ落ちたボールを、比嘉さんが低く這わせつつも曲げ、ゴール右端といういかにもな狙いどころで決めたのでした。どうにもマークが甘く、工藤さんは幾度かフリーでヘディングする機会を得ていました…が、GKが踏ん張ってゴールはならず。仙石さんの不在へ私は気づけなかった程に流れを独り占めしたまま、唐突に鳴った笛でハーフタイムへ突入したのでした。35分ハーフだと、後で知ったのです。

後半になると、いきなり工藤さんが足を痛めるのですが、ここで下がるわけにもいきません。比嘉さんが起点となり、柳澤さんが繰り出したパスをフリーで受け、ようやくの得点を奪います。右サイドより攻め込んだ澤さんがDFとGKを振り切ってゴール左へ流し込むと、ゲームはブロークン気味に。小休止といった調子のレイソルに、RKUはどうして「付属」とTMをするのだろう、と再考します。

レイソルU-18は関クラ2次リーグを午後に控えているのもあり、トップ(サテライト)TMでは初めて見かける選手もいました。右SB「タツヤ」こと鈴木くんは、半袖をめくりあげる“武井袖”モードで奮闘。もともとFWである「キイチ」こと向井くんは守備動作に加え、前線へのフィードのコントロールにかなり苦労していました。出場はなかったものの、菊池くんも控えていました。

最後はゴール左でボールを受けた比嘉さんが、軽くDFをいなし、マウスの右上へ浮き球を差し込みハットトリック。フィニッシュで狙うポイントの際どさが、いかにも比嘉さんなのでした。
2009/06/10 00:18:08 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。