スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
星を砕いた絵の具
蒼き軍勢の先頭で歩み寄ってきた3番を、海老茶の3番は満面の笑みで迎え、その手を握る。

<関東大学サッカーリーグ第6節@5/9NACK5>
早稲田大 1-1(前半1-1)筑波大
得点者:【早】富山【筑】赤崎

◇早稲田・先発◇
---09富山/2----11小井土/3--
08奥井/3----------19鈴木/4
---10中野/4----06山中/3---
07幸田/4-12菅井/2-03小川/4-02C野田/4
-------01菅野/4-------

◆筑波・先発◆
---24赤崎/1----11瀬沼/2---
23上村/1----------10小澤/4
--08八反田/3----09森谷/4---
07原田/4-21谷口/1-03C須藤/4-06長沼/4
-------01三浦/3-------

小川「(他大で注目している選手は)筑波大の須藤くんだったり、流経大の山村くんだったり、[関東A]選抜で一緒だったセンターバックのメンバーはすごく気になります」」(College Soccer News第7節発行分)

WMW野田副将とのコイントスを終えた須藤主将が、ジャンピングヘッドのモーションをしながら定位置へ向かうのに“違和感”がありました。
「しっかり、しっかり、最初!!」
小川さんの声が大きいのは自他共に認める特色ですけど、そんな小川さんが野田さんと連携を確認していたアウト・オブ・プレーのNACKスタを裂いたのは、須藤さんの叫び声でした。奥井さんが左サイドより鋭いシュートを放つも、GK三浦さんがキャッチして幕を開けた試合。小川さんはフォアチェックかける瀬沼さんの圧力をものともせず、左サイドの幸田さんへ絶妙のフィード。そのまま打ちにかかった幸田さんも、三浦さんに阻まれました。ゴールキックは、瀬沼さんを囮に小川さんを誘き寄せ、違う選手の頭を狙ったりもした筑波。瀬沼さんと小川さんは、早稲田の野田さんが蹴るCKでも激しい鍔迫り合いを繰り広げていました。そこから筑波のカウンターが発動しようものなら、小川さんは全力疾走してカバーへ入らねばなりません。須藤キャプテンも、主審に注意を受ける程、小井土さんへ強く行っていました。腕章は肘に纏わりつく緩さなのですけれども…。

筑波の中盤に鏤められた貴石の煌きたるショートパスで織り成されたポゼッションの“隙間”を、遼太郎さんが意表を突く掻い潜り方(そこへ出すか、と唸るボールの出し先)で抉じ開け、早稲田の素早く前へかかるカウンターの端緒となっていました。遼太郎さんはパスセンスを、逆算してのインターセプト―コースへ入って切ってしまうから当たらずとも取れてしまう―でもフル活用していました。両チームのラインが高く設定されれると、プレーヤー密度は凄まじく高くなり…綺麗な3本線で臙脂と蒼が混線するのでした。息つく間もなき攻守のめまぐるしい切り替えの果てに、ようやくゴール前へたどり着いても、両GKが素晴らしい反応で得点を許しません。フィールドプレーヤー間でもカバーリングの意識が揃って高く、見る側の緊張感もハイレベルを保ちます。確かな技術をそろえている面々だから、そのキープ、あるいはボールリリースから奪い取るか、むしろ守備力が問われるゲームだと感じました。2種年代を見ていた者ならば…ちょっとしたオールスターゲーム風味の顔触れです。

奥井さんが味方から受けたボールを素早く富山さんへ供給。良いタイミングでしたが、須藤さんが先に入って切りました。それを起点に筑波が逆襲、森谷さんから小澤さんを経て、最後は赤崎さんがゴール左前から少し長い一撃をねじ込んだのでした。得点経過をメモする余裕もなく、後方からのフィードを受けたWMW鈴木さんがGK前へ抜け出すも、またまた三浦さんがはじいたのでした。5分後には富山さんのダイレクトシュートが、赤崎さん同様、ペナルティエリア外から突き刺さったのですが、どちらも時代の趨勢か、シュートレンジは長めなのに、GK三浦さん&菅野さんはちゃんと備えていて…それぞれ数点は防いでいるのです。三浦さんのゴールキックを原田さんが正座しながら胸トラップして止めて、筑波の一部部員より感嘆の声を浴びたり、須藤キャプテンが絶妙のカバーリングを連発したりしつつ、同点でハーフタイムを迎えました。

「そんなんじゃダメだ、もっともっと!」
味方を怒鳴りつける声は、ラインを設定する高さに負けず劣らずヒートアップ。筑波は細かく繋ぐだけかと見せかけて、キャプテンから瀬沼さんへ縦一本と長短織り交ぜたりもします。早稲田は野田さんのプレースキックという、関東1部では右に出る者も少なそうな武器が使える回数が、時間と共に増えていきました。“沈黙の臓器”山中さんが前を向いて持つシーンも散見されてきたのですが、これは筑波がコンパクトな証? それとも…そんな山中さんのミドルを、GKではなくCB歴浅い谷口さんがしゃがみこんではね返しました。幸田さんの突破も回数が増え、入れたグラウンダークロスが速過ぎてツートップが揃って滑り込めない場面も。早稲田のボール支配率がじりじりと増していったのは、筑波に90分回しつくせる持久力がないか、あるいはペース配分を身につけていないかだと思われました。WMWとて、時計の針が回るにつれ、イージーミスがちらほら出現しましたけれど、前半の濃密なバトルの副産物と考えれば、やむを得ないようにも感じられました。

戦い終えた両イレブンのコメントが悔しさをにじませたものだったのに…私は、満たされた心地で帰れたのです。それは、どこに座っていいのか分からなくて、ほとんど中央に陣取ってしまったくらい、どちらにも勝って欲しくて、どちらにも負けて欲しくなかったがゆえ。
スポンサーサイト
2010/06/22 23:00:35 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
パンザマスト
15時に予定されたキックオフ寸前まで、全国少年サッカー大会―「れじれじ」には浅からぬ縁のある大会―の予選が行われていたため、関東クラブユース2次予選の開始は遅れました。ネットへ張られた、大会名を記した幕を畳むのはアカデミーのスタッフと…Jリーガーです。試合を見ながら座るボールが小さく映る長身GKがてきぱきとこなすのに対し、岡山より帰還した元キャプテンは、おろおろと立ちつくしていました。

<関東CY選手権(U-18)2次リーグ@6/6日立台人工芝>
柏レイソルU-18 0-0 ジェフユナイテッド市原・千葉U-18

--------09山嵜/3-------
11峯/3-----08仲間/3----07鳥山/3
----10熊谷/3---05C相馬/3----
06山中/2-03池田/3-04上之薗/3-12石田/3
--------01増川/3-------

峯→14ウ/3
山中→13秋野/1
鳥山→15杉田/2
仲間→17篠原/2

コーチが試合中にベンチの上へ立って指示するのは、見栄えが悪すぎます(挨拶)

関クラ2次予選は2連戦の週末が設定されていて、レイソルはOSAと、ジェフはトリプレッタと前日戦って迎えた千葉ダービーです。トリプレッタに0-3で敗北したジェフは、連敗だけは絶対に回避すべく迫ってきます。いなしながら攻めるレイソル、崩しきれません。左サイドから託されたボールを2回続けて浮かしてしまい、仲間くんは頭を抱えます。高速クロスに合わせた鳥山くんのヘディングはポストに嫌われ、クロスばりの猛スピードではね返ります。後半になっても、相馬くんがエリア内へ入れた浮き球を、斜めに駆け込んできてギリギリ間に合った鳥山くんが浮かしフリーの山嵜くんがミートも浮かしたり、セットプレーからの上之薗くんの地を這うような打点のヘッドも浮き上がってしまい、わずかにバーの上へ行ってしまったり。過去の試合でウノゼロを連発しているジェフ恐るべし、と言ったところでしょうか。

守備で粘り強い奪取を見せていた石田くんが、後方からのフィードが相手選手の隙間に落ちたのを幸いにGKと1対1の位置へ抜け出すも、GKが手先のみでファインセーブ。ここで得たCKからもレイソルは攻め立てますが、やはりはじかれてしまいます。攻めても攻めてもゴールを割れないでいると、徐々に流れがジェフ側へ傾きだします。ピンチは増川くんが立ち塞がりますし、味方のミスパスからのピンチも相馬キャプテンがなんとかクリアで事なきを得たり。ロスタイムにも、熊谷くんが曲げ落としたFKがバーに阻まれ、こぼれ球を杉田くんがヘッドで押し込もうと試みますが、外れてしまいます。どうしても点が取れないまま、千葉ダービーは終了の笛を聞いてしまったのでした。
2010/06/20 21:19:33 | Reysol | Comment 2 | Trackback 0
人を裁くなかれ
ベストアメニティスタジアムで、ホーム側ゴール裏のみならず、メインスタンドやバックスタンドからも降り注ぐ声が、場の空気を醸成するのを肌で感じたのが、約24時間前。小平の人工芝フィールドは、観客が陣取れるのはゴール裏の一辺のみなれど…。

<関東CY選手権(U-18)2次リーグ@6/13小平G>
柏レイソルU-18 1-1(前半0-1)FC東京U-18
得点者:【柏】秋野(PK)【東】江口

--------09山嵜/3-------
14ウ/3------------20吉川/1
----15杉田/2---17篠原/2----
--------06小林/1-------
13秋野/1-03池田/3-04児玉/2-02齋藤/3
--------0C1増川/3-------

ウ→11峯/3
吉川→7鳥山/3
杉田→18蓮沼/2
山嵜→08荒木/2
篠原→05鈴木/2

観客側の辺に、10kgの重り×3で固定されたゴールの前へ立つのは増川くん。開始早々から、観客席側のフィールドをボールが行き来します。つまり、FC東京のペース。プリンス1部と千葉県1部―所属リーグを天秤にかければ予想の範疇。だからこそ、保持できた際のアタックは、鋭く行きたいところ。両ベンチの監督が、動と静のコントラストをくっきり描いているように………最後は下平監督も熱くなっていました。

訳あって、ここまでの2次予選よりも若い布陣で臨んだレイソル。プレースキックは児玉くんが蹴り、杉田くんが細やかなボールタッチで流れを手繰り寄せようとし、篠原くんがミドルサードを小気味良く動き、小林くんが中盤の底から何度もスルーパスを通します。されど、放ったシュートの惜しい“度合い”がFC東京とは桁が違います。FC東京の決定機は、ポストがはじいてくれたり、行く手を阻む“もの”がないのにバー上へ飛び去ってしまったり、入らないのが不思議なレベルです。それでも、紙一重…相手がミートするより先に足や身体を入れる尽力を、バックス中心に続けて、無失点を続けました。

ところが、45分を過ぎた頃―観客席目の前にあたるレイソル側のゴール右(FC東京から見たら左)より放たれたシュート、池田くんがクリアを試みるのですが、それよりも相手(江口くん)が先にボールに触れ、押し込まれてしまいました。コーナー方向に移動し、みんなでパフォーマンスを行うFC東京イレブン。クラブカラーの違いを強く印象付けられました。

後半はレイソルが観客側のゴールへ攻めます。山嵜くんがエリア内で倒されてPKとのジャッジが下った瞬間から、アウェーらしい言葉―2種年代の試合でもこんなワードが飛び交うのかと驚くほど―が立て続けにスタンドからピッチ内へ放り込まれました。キッカーは、良い守備を見せていた秋野くん。左足で落ち着いて決め、レイソル同点。追いつかれたFC東京が更にギアアップして攻め立ててくるも、突破に対して身体を張るなど、みんなで懸命に食らいついてしのぎました。相手のミスをゴール前で拾った峯くんがGKと1対1になるというプレゼントチャンスもあったのですが、これはセーブされ、勝ち越しはならず(こぼれを拾って秋野くんがネットを揺らしたのですが、オフサイドの判定)。

2種年代の関東大会レベルでもアウェー感は味わえるのだという、貴重な経験をしました。これはプリンスリーグへ参戦していないから、そう言ってしまうのかもしれませんが…。試合後には、Bチーム同士のTMが行われ、前日の鳥栖に続いて冷たい風に打たれながらなのもあって、45分だけ観戦しました。体格では結構な差に見受けられましたが、OSA戦で奮闘していたと伝え聞いた下級生の楽しみなプレーがたくさん見られて良かったです。中川くんのアタック仕掛けるリズムは面白いですね!(思うツボ?)
2010/06/19 21:19:14 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
気体化
選手がボールにタッチできるエリアの面積を決めるのは、脚の長さか、全身の大きさか、ボール扱いのスキルか…予測を超えた間合いで足元に収める姿に、驚かされて。

<関東CY選手権(U-18)2次リーグ@5/22日立台人工芝>
柏レイソルU-18 3-1(前半1-1)FCトリプレッタユース
得点者:【柏】山嵜×2、峯【ト】石谷

--------09山嵜/3-------
08ウ/3------------07鳥山/3
----15杉田/2---14仲間/3----
--------05C相馬/3-------
06山中/2-03池田/3-04上之薗3-12石田/3
--------01増川/3-------

ウ、杉田→11峯/3、10熊谷/3
山嵜→20蓮沼/2
山中→02齋藤/3
鳥山→18篠原/2

「隼斗、シュートまで!!」
スルスルと相手守備陣を抜き去り…後方よりそんな言葉が届いてから、フィニッシュを狙います。難しい体勢でも打てるのは、さすがなのですけれども。髪を切った守護神・増川くんの紡ぎ出す適切な言葉は言うまでもなく、具体的なコーチングが選手間で飛び交います。トリプレッタも1次予選では先制を許す苦闘を繰り広げた相手…後日(6/6)ジェフにも快勝している良いチームで、レイソルのサイドを起点とする好アタックのリピートにも、GK&バックラインは蓋をがっちりしていました。そんなシチュエーションに対しても、焦りを自戒する声が交わされます。いい雰囲気です。

相馬くんの攻守に渡る“大黒柱”ぶりやサンホくんの左サイド突破が見る者の網膜にも圧力をかけてきますが、ボールタッチ多数でゲームを組み上げるのは変幻自在の背番号・杉田くんです。素早く繋いで編まれる攻撃にドリブルを仕掛ける仲間くんが絡めば、ビーズニッティングの出来上がり。逆に、トリプレッタの攻撃に対しては、丁寧なカバーリングを心がけているように映りました。

相馬くんがピッチを縦に一刀両断するフィードを放ち、山嵜くんにフリーでフィニッシュを放てる好機到来。しかし、出ていたGKを見てチョイスしたパントキックはネットに入らず…。今度は、浮き球をゴール正面ペナルティエリア少し前で収めた仲間くんが、ゴール左からえぐりかける山嵜くんへパス。シュートはGKにはじかれましたが、こぼれ球を上手くコントロールしてGKをいなし、今度は決まりました。

そのまま前半も終われるかと思い始めた時間―ゴール前の空間を縫うように入ってきたボール、どう丁寧に処理しようかと一瞬惑った刹那をトリプレッタ石谷くんが逃さず、増川くんがキャッチするより先に蹴り込んでしまいました。どっとわくトリプレッタベンチと応援の皆様。これは…後でフィールドプレーヤーから飛んだ言葉通り、どこかの段階で、大きくクリアした方が良かったのかもしれません。結果論ですけれども。かくして、同点で45分を終えました。

後半に先んじたのはレイソル。3人に囲まれながらドリブルで侵入した仲間くんが、右にいた山嵜くんへスルーパス。これを爽快に叩き込んでくれました。笑顔でハイタッチし、それに飽き足らずゴーラーへ抱きついた仲間くんが可愛すぎて幸せでした♪(趣味丸出し…鳥山くんにボトルを要求する姿でさえ、可愛いと感じてしまうお馬鹿です) とはいえ、得点直後に右サイド深く食い込まれ、シュートをかろうじて増川くんが手先ではじいて救われるあたりは、脆さを感じさせました。

半袖(!)ユニフォームを着て途中出場の熊谷くんは、出るなりチャンスを演出…と力を見せてくれました。追加点も熊谷くんがフィールド真ん中より放った浮き球一本でDFラインの裏を取った峯くんが、しっかり流し込んだもの。他にも、ハーフタイムにも練習していたスーパーロングループを試み(“リハーサル”ではセンターサークルあたりから打ってました)るも、ゴール左へ逸れてしまった…なんて場面もありました。

同じく途中出場の蓮沼くんが、ゴール前で奪ったボールをドリブルしてシュートもゴール右へ流れるなど、追加点の気配も漂わせながら、残りが15分程度になると、無理せず回しにかかりました。ゴールすぐ左でフィニッシュチャンスを得た仲間くんも、慎重に狙い過ぎて失敗。ロスタイムにはトリプレッタがネットを揺らすも、オフサイドと判定されるなど最後までピリピリしながら…レイソルが保持するボールへ、味方が「(シュート)打てよ!!」の怒号が響く中、試合終了を告げるホイッスルが鳴ったのでした。
2010/06/06 14:05:48 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。