スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
再認
3,300日以上の間に、目先の1勝を巡る90分の争いを、幾度見ただろう。愛着とは、かつて同じ時間を過ごした“接点”の有無を示す概念。ピッチに立つ選ばれし22人には、思い入れがある選手も、皆無の選手も、当然いて。

<J1第20節@8/21カシマ>
鹿島アントラーズ 0-1(前半0-0)セレッソ大阪

どうやったら「ピンチ」を芽吹く前に摘んでしまえるのだろう?―フットボールは、そんな愉しみも内包していると教えてくれた人の“里帰り”を見に行きました。

セレッソのアタック、ゴールラインを割りそうなボールへの対処として、相手と併走したCB伊野波さんのカバーへ入り、ボールを相手の脚へ当てて出す…冷静に味方ゴールキックを導いていた、この日がJリーグデビューだったアントラーズ左SB。

宮崎「(先発を)言われてからは2時間くらい、なにものどを通らないような感じでした。なかなか時間が経たないんですよ。テレビを見ていても時間が過ぎなくて」(J'sGOAL)

ベンチ入りの経験さえなかったRKU卒業生を、就任以来、初出場初先発の実績なしのオリヴェイラ監督が使ってくるとは各所プレビューも予想していませんでしたし、私はその可能性を僅かさえ考慮しませんでした。だから、スターティングメンバーが発表された時には…!

動き出したFWが、走り着くだろう先を見据えたパスの、スピードコントロール。それも良かったけれど、何よりも宮崎さんらしいと感じたのは、落ち着いたカバーリングでした。RKU時代、CBとして起用され、ゴール前の柔らかな障壁として、何度も何度も相手ボールを掬い取った姿と即座にリンクしたのです。サイドへ振られたボールを足元に収めるトラップも、左足から繰り出すボールのコントロールも持ち味だけど、私にとっては、カバーこそが宮崎さんの記憶を引き出すトリガーだったのです。

RKU卒業生といえば、セレッソにレンタル移籍の経験もある船山家の祐二お兄様もベンチ入り。出番はありませんでしたけど、スタメン発表ではセレッソサポーターの拍手を受け(逆に、羽田さんと石神さんはアントラーズサポーターに特大のブーイングを頂戴しました)、試合後はかつての同僚へ駆け寄り、言葉を交わしていました。

試合は乾さんの叩き出した虎の子の1点を、アントラーズが奪い返せず―FWがボールを保持できないとアタックは結実しない―終わったのですが、私にとっては、言ってしまえば、キックオフ前で既に終わっていました。単に具現化された事象を眺めていただけというか。

「今日(=前節FC東京戦)は、いいバランスでできたから、次も出たいですけどね。でも、多分(先発は)ないんじゃないですか」
マッチプレビューが掲載された、金曜売りエルゴラでの、羽田キャプテンの発言。
「試合に出られないからと言って、キャプテンが腐っていられないでしょ。今はみんな自信を持ってやっているし、攻守のバランスが凄くいい。鹿島相手でも勝ちを狙いたい」

セレッソは昔からアントラーズに相性がいいのですが、その言葉で片付けるのは失礼だと感じるくらい、セレッソは生き生きしてました。前線には家長様(この人が桜のユニフォームを着ているのには、やはり思うところが)や乾さんと規格外のドリブラーを擁し、後方では茂庭さん大海さんがガッチリ守るという。

何より、アントラーズから勝ち点3をもぎとったセレッソのベンチ前で、サブメンバーが輪になって喜んでいた光景が、強さの証。

「個人的には、途中出場でもいいから、鹿島スタジアムのピッチに立ちたい」という、私と羽田さんの望みは叶わなかったけれど、それも仕方ないと納得できる展開でした。交代枠の残り枚数を数える時間に慣れてきている自分は、あんまり好きじゃないですけれども。

過去の蓄積である愛着に意味がないとは思わないですが、貪欲に未来を刻んでいくものだけが美しい足跡をつけていけるのだとも思いました。大切なのは、昔以上に、今なのだと。
スポンサーサイト
2010/08/28 01:56:15 | other Footballer | Comment 0 | Trackback 0
螺旋の兜
♪アーレ工藤 アーレ工藤 エキセントリック壮人~♪

13日前、同じニッパツ三ツ沢球技場で行われた横浜FCvsレイソルのJ2リーグ戦で工藤さんがゴールを決めました。決めると思ってました。2年前…同じピッチで、レイソルU-18をファイナルへ導く一発を叩き込み、人も多くないゴール裏へ一目散に走ってきた姿、網膜へ強烈に焼き付いています。選手全員が参加したわけでもない(…)試合後の♪レッツゴー柏♪の音頭をとっていた工藤さんを後押しする個人チャントが、三ツ沢の半分を黄色く染める程のサポーターに歌われる現状へ、感慨を覚えずにいられません。

そして、人の多くなかったゴール裏にて、ゴール裏へ駆け寄ってくる工藤先輩に負けない勢いで雪崩落ちてきた、同じ黄色いウェアをまとう“若手”たちの歓喜も、よく覚えています。あれから2年。工藤さんも、後輩も、サポーターも、誰もが同じだけの時間を重ね…再び、三ツ沢のゴール裏で後輩たちは飛び跳ねてチームチャントを紡いだのです!!

<日本クラブユース選手権(U-18)大会準決勝@7/30ニッパツ>
柏レイソルU-18 1-0(0-0/0-0/0-0/1-0)名古屋グランパスU18
得点者:相馬

--------09山嵜/3-------
14禹/3-----08仲間/3----07鳥山/3
----10熊谷/3---05相馬/3----
06山中/2-24秋野/1-04上之薗/3-02齋藤/3
--------01C増川/3-------

62分:仲間→15杉田/2
68分:禹→18蓮沼/2
79分:鳥山→11峯/3
108分:杉田→23伊藤/1

彼のタオマフは捻じれ狂う(挨拶)

会社を強引に半休して臨んだ、16時開始の試合。ホーム側ゴール裏=日陰なしに陣取るのですが、横断幕が貼られたのみの逆側ゴール裏=日陰を恨めしく見つめるばかり。天気予報を信じ、ポンチョなど雨具を用意したのに、全て無駄になりました。さすが、たまに洗濯をすると半分以上はゲリラ雷雨に襲われるおバカ…。

直射日光が降り注ぐピッチでも、暑さからか、あるいは一度予選で対戦しているからか、両チームとも動きは少なく、探り合いの様相を呈していました。グランパスがバックラインをかなり高く設定してきたのは予選と同じで、レイソルは対処に苦しむのですが、それでも「かなり」度合いが福島ほどではなかったようにも映りました。とはいえ、山嵜くんに預けようとしても、両サイドから高速掘削を試みても、うまくいかない“結果”が同じなら、やられていると書くべきで。

仲間くんがどうにか斬りこんで放ったシュートは枠を外れ、相馬くんが不意に上がって打ったミドルはバーを舐め…無理に打っているから難易度が高いとはいえ、グランパスの守備を破る糸口がなかなか見つけられないのですから、決めてくれれば、という思いが強く湧き起こります。しかし、グランパスの綻びは時間と共に、少しずつ…レイソルゴール裏へ駆けつけた、マリノスカップ帰りのU-15選手たちの声が、どうしてもボリュームが落ちていったように、広がっていきました。レイソルの決定機が増えていったのです。

右サイドから鳥山くんが折り返し、山嵜くんがスルーして、最後はアタックのこぼれ球を途中出場の蓮沼くんが打つも、GKに阻まれました。グランパスGK古川くんには、この後、山嵜くんがDFを刹那のモーションで振り切って迎えた決定的過ぎるチャンスを2回は止められました。後半、左CKから迎えた秋野くんの1対1もバシッと。敵を褒めるのしかないのですけれど、もどかしさばかりが募ります。古川くんが大きく飛び出した隙を突いた、熊谷くんの「胸トラップで転がしてゴールまで入れる」作戦も、ゴールライン手前で相手DFにクリアされてしまい、実らず。

太陽は傾き、三ツ沢にも涼しい気配と、PK戦への懸念が漂い始めた110分。右サイドから齋藤くんが入れたボールを受けた山嵜くん…得点王も狙える位置にいて、この日幾度もシュートを阻止され天を仰ぎまくったストライカーは、打とうと思えば打てたでしょうに、冷静に、延長突入以降は最前線への進出回数を激増させていた相馬くんへ渡したのでした。新潟国際での、前線へ飛び出すパッションが周囲の空気を震わせない様子をオーバーラップさせられて、少し胸が痛かった相馬くんの攻撃参加は…ゴール左上へ豪快に蹴り込まれて、見事に結実したのでした。真っ先に走ったのはサブメンバーのところ。仲間くんと石田くんが出迎え、出場メンバーも、出てないメンバーも折り重なって喜びを爆発させたのでした。あまりに喜びすぎて、鳥山くんは交代後なのに警告を受けた記録が刻まれてしまった程。

ついにたどり着きました。高円宮杯と、どうしても勝てない全国大会のファイナルへ。第2試合でマリノスの個を寄せ付けなかったヴェルディは、途方もなく強く見えましたが、今は、そんな相手とぶつかれるだけで嬉しくて。

8/1(日)18時@ニッパツ三ツ沢:日本クラブユース選手権(U-18)決勝・柏レイソルU-18 vs 東京ヴェルディ
2010/08/01 15:15:23 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。