スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
awakening
この目覚めを、裏切らないために―。

<Jユースカップ準々決勝@12/19ウェーブスタジアム刈谷>
柏レイソルU-18 0-2(前半0-0)FC東京U-18
得点者:50分前岡、67分武藤

--------09山嵜/3-------
11峯/3-----08仲間/3----07鳥山/3
----10熊谷/3---05相馬/3----
06山中/2-03秋野/1-04上之薗/3-02齋藤/3
--------01C増川/3-------

山嵜→18川島/1
峯→14禹/3
鳥山→17木村/1

帰りに寄った刈谷ハイウェイオアシスで売られていた土産へ手を出さなかったのは、旅に出て買うものには思えなかったから。えいこく屋の紅茶とか。普段ほとんどルーツを意識はしないのですが、なんだかんだで私は名古屋圏の人間なのです。刈谷は幼い頃、父が友人に会うために行って以来でした。電車に乗っている時間が、永遠にも近く感じられたのを覚えています。大人にとっては歩いてすぐの距離でも、子供の歩幅には足が悲鳴を上げるのだと…感覚の乖離を学びました。

大人の歩幅は、逆に、大人にならないと分からない。覇者の戦い方も、覇者にならないと分からない…きっと。

ボールへの執着心、シュートへの積極性に差を感じました。相手ゴールへ迫ると一気に増す加速度(レイソルはあまり変化がない)も、フィニッシュを導き出すラストパスのボールコントロールも、天秤にかければ違いは明白で、決定機の数もスコア以上に乖離していました。右から上がったクロスを中央でスピーディにヘッドで合わせて入れられた1失点目、左サイド深くよりパス2本を容易に繋がれ蹴り込まれた2失点目、いずれもシンプルでした。レイソルのシュートはゴール前で個人技にて巧みに反転して打ち、遥か上へ浮き上がるといった(←ちなみに主語は仲間くん。このシーンを取り上げているのは、たまたまメモを残しているから、です)難易度の高いもので…。

なかなかシュートが打てないから、難しいシチュエーションで狙わざるを得ない(ゆえに枠内を狙い澄ますコントロール聞かせるのが難しい)のです。一番惜しかったのは、仲間くんが川島くんとのワンツーで放った一撃が左のポストを叩いた時。終盤になって、ようやくシュートを浴びせかける時間帯もありましたが、それすらもFC東京が作っていたゲームの流れの一部だったような。どうしても枠に入らなかった…どんな経過であれ、ネットを揺らせたら、また風向きを変えられたのかもしれませんが。

レイソル右CK前の競り合いで、サンホくんが一発レッドをもらってしまった最後の最後―PKを得て秋野くんが蹴ったのですけれども、はじかれてしまいました。90分間、とうとうレイソルは女神様にそっぽを向かれたままだったのです。

かくして、2010年のレイソルU-18は終わりました。一言でまとめれば、愉しい旅路でした。一緒に走れたこと、とても嬉しく思います。下級生は来年のプリンスリーグでの戦いが待ち遠しくて仕方ありませんし、3年生はそれぞれの道での活躍を探しに行く(ユースを見る年月が長くなり、卒業後の姿を眺める機会が増えるにつれ…2種年代は通過点にして基盤なのだと、本質に近い意義を捉えられるようになったと自分でも感じています。ワンステップとしてのユースでの戦いだと…そういう観点で観るよう心がけています)日を心待ちにしています。ありがとうございました!
スポンサーサイト
2010/12/31 11:37:52 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
確証バイアス
仲間くんは今年、いくつもの番号を背負ったけど…8番が一番いいと思った、その理由を見つけてしまった。

<Jユースカップ決勝トーナメント2回戦@12/12日立台>
柏レイソルU-18 1-0 大宮アルディージャユース
得点者:14分熊谷

--------09山嵜/3-------
11峯/3-----08仲間/3----07鳥山/3
----10熊谷/3---05相馬/3----
06山中/2-03秋野/1-04上之薗/3-02齋藤/3
--------01C増川/3-------

仲間→15中川/1
峯→14禹/3
山嵜→12池田/3
山中→13伊藤/1

どちらが拾うか定まらないボールもきちんと追い、爪先でかろうじて触れてコースを変える(そして相馬くんがきっちり拾う)…そんな仲間くんは、相馬くんからのフィードをDFの横へ腰をねじりながらの胸トラップで落とした時と、どっちが格好良かったでしょう? あまりに精力的な動きだったから、後半には疲弊してしまっていましたけれども。

アルディージャDFラインの横パスをかっさらった熊谷くんが、涼やかにゴールマウスへ流し込み先手を取ったレイソル。しかし、時間が経つ程に…後半は特に、ヒヤヒヤする場面がたくさん創出されました。オーバーヘッドをGK増川くんがどうにかキャッチする、相手10番宮崎くん@トップ昇格の素早いリスタートで増川くんが前に出た果てのシュートは山中くんがはじくetc.最後の最後だけは死守して―「試合中に選手たちの中で繋げないと判断をして、1点を守りきろうと判断したと思う」とJsGOALで下平監督が述べている“方針”をおそらく策定し、実践していたのは、前日にトップ昇格が発表された相馬くんなのでした。アディショナルタイムに左コーナー付近で試みた、俗に『鹿島る』と称されるキープ、お見事でありました。

味方のために潰れ続ける山嵜くん、ボールに絡めばスタンドの拍手を集める熊谷くん、昇格発表で高まった注目へきっちり応えた相馬くん、後ろで自重する時間が長く感じられたものの前への推進力はさすがだった山中くん、パスコースの見つけ方と繰り出すタイミングが天才としか形容できない中川くん―ずっと見ていたいチームです。そんな面々の戦いぶりを、日立台へ詰め掛けた多くの人にご覧頂けたのも、嬉しかったこと。次の相手はFC東京。もうここまで来たら、どこだろうと強い敵ばかり。どのように対峙するか、胸は高鳴るばかりです。
2010/12/12 21:57:32 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。