スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
Floatin'
長く生きていれば、忘れてしまうことも多くなり、逆に、記憶を引きずり出すトリガーも収拾つかない量が蓄積されるのです。

<Jユースカップ予選リーグBグループ@10/23日立台>
柏レイソルU-18 3-0(前半2-0) 栃木SCユース
得点者:木村×2、宮澤

広島土産の「生もみじ」は、勝ち点3の味がしました(挨拶)

栃木SCでキックオフから続けるチャントと言えば、"KEEP ON FIGHTING"。移籍して3ヶ月経ってないのに、既に懐かしいメロディとして聞いている自分にハッとさせられました。この試合では、どちらかと言えば「レッツゴー柏」が長く続いたように聞こえました。それだけ、ボールを回し続けた時間帯があったのです。

ごく普通のホワイトボードへ、チーム名や前半・後半の紙を貼り付けて仕立てられた即席スコアボードが、両ベンチの間に設置されました。そこへ正の数が刻まれたのは、開放されたバックスタンドの最前列で旗を振っていた栃木サポーター(夜にはTOPがジェフとの決戦だというのに、3名がスタンディング応援)が注意されているのに目を奪われていた間の出来事。
木村くんでした。ネットが揺れる瞬間しか見ていません…。その後も高いボール試合率で試合を進めましたが、2点目が生まれたのは前半終了間際でした。右サイドからのマイナスボールを受けた木村くんが、小さく回りながらシュート。GKに弾かれていてもおかしくない軌跡でしたが、ネットインしました。

後半のレイソルは選手交代を重ね、3点目は木村くん・川島くんから伊藤くん・宮澤くんへと同時交代した直後、投入されたての二人によって奏でられたものでした。宮澤くんのファーストタッチがゴール。ピンチもなくはなかったですけれど、秋野くんが身体を張ったりして事なきを得ました。一度に複数人を投入されると、鈍い私は把握しきれないのです…もっと頑張りましょう>自分
スポンサーサイト
2011/11/04 00:20:51 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
居久根
1歳年上でも、4歳年上でも、なんら変わらず、喜色満面でハイタッチ。

<Jユースカップ予選リーグBグループ@10/30泉パークタウン>
柏レイソルU-18 5-1(前半1-0)ベガルタ仙台ユース
得点者:【柏】33分平久、58分中川、60分木村、73分秋野、92分荒木【仙】59分京

深まる闇と寒さ、そして“空虚感”に苛まれつつ観戦した昨秋の記憶も新しい泉パークタウン。今年は開始時刻も17時→13時と観客へ優しい設定に。柏から、近頃では無事に目的地へたどり着けるかを真っ先に心配されるアカデミー用バスで遠征してきたイレブン。ボールを相手陣内で回しますが、なかなか最終局面まで突破できません。狭いところを、あえて通そうとしていく…今年のチームは肉弾戦(あたり)にも強くなり、さして心配せずに見ていられるのですけれども。特に小林くんの、中盤の底で倒れずに立ち続ける強さには、いつも感嘆させられっぱなしです。

時には3人で寄せてくるベガルタ、そこへつっかける荒木くん…倒され、PKが宣告されます。誰が蹴るのかと思ったら、秋野くんがトライ。これは、はじかれてしまいました。中川くんの受け手に容赦ないパスを起点に、チャンスをうかがうレイソル。山吹の壁をかいくぐり、反転して前を向けるかのチャレンジが続きます。先制点は平久くんの低いミドル。後半になると、ベガルタ浅川くんが二度目の警告(前日のナビスコカップ決勝を彷彿とさせるカードの出し方をされていた勝手印象…)で退場処分。越後監督が声を荒げます。これで勝負あったかと。フットボールは何故か…そう、何故か人が主観でさばく種目。

中川くんが右サイドより持ち込んで“容易”に蹴り込んだ直後のリスタートで、1点返されてしまいました。カウンターの応酬はまだ終わらず、すぐに荒木くんのくるりと回りながらのボールリターンが炸裂、相手DFもクリアを試みましたが、得点は認められました。フィニッシャーの木村くん自身もゴールポストに激突、左足首を傷めたらしく交代…その後、帰りのバスへの乗り降りに至るまで全移動をケンケンで消化する荒行でした。

中川くんのボールキープに、ベガルタは手を焼いていました。チェックしても、ひょいひょい交わし、繰り出されるパスも急角度で対応難易度高め。受けた荒木くんも倒して止めるしかなく、FKとなり…秋野くんが、今度はぎゅるんと曲げて叩き込んでくれました。良い笑顔で自陣に戻っていましたよ。レイソルは一度に3選手をチェンジなんてしつつ―篠原くんの左サイドバックには少し驚き―中川くんの立ち位置がどんどん高くなることで“表現”される攻勢を緩めませんでした。ぐるんぐるん回して。アディショナルタイムには、間接FKをワンタッチ後に荒木くんが豪快に蹴り入れるデザートまでありました。荒木くんの…19番という背番号だったとはいえ、プレー見られたのは幸せでした。
2011/11/04 00:04:29 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。