スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
慢心せずして、何が王か
6点も8点も入るサッカーの試合なんて、そうそうお目にかかれるものじゃない。

<JFL第3節@3/30都田>
Honda FC 0-0 アスルクラロ沼津

2014年シーズンは岐阜から沼津へ主戦場を移した柳澤さんを見に、都田まで行ってきました! 確かにどう考えても浜松より沼津の方が柏に近いんですけど、沼津駅からアスルクラロの本拠地・愛鷹は遠くて…観戦カテゴリーが下になるほど、自動車免許を持ってない自分に苦笑いせざるを得ないシーンは増えます。

浜松へ向かう新幹線の車窓から外の景色が見えない程の豪雨を経ていました。水はけの良いピッチと言えど、時にはディフェンダーよりも高い守備力を発揮したり。この日は、アスルクラロに微笑む回数が多かったです。J3が創設され相対的に参戦カテゴリーが下がったHondaと、昨年FC岐阜セカンドと対戦した際にはスタンドの熱気にフィールド内のフットボールが全く追いついていない印象だったアスルクラロ。この2チームがJFLの“静岡ダービー”として注目されるとは…不思議な気分でした。妙な熱気を生み出していたのは、前座として同一カードが実施(アスルクラロの下部組織も遠征してきていた)され、アスルクラロの少年達もトップチームを応援していたことも関係ありそうです。入場時、アウェーゲームながらアスルクラロイレブンは下部組織の選手と手を繋いでいました。柳澤さんはずーっと隣の少年に話し掛けていました。

大先輩にして、門番を務めるHonda。しかし、この試合に限っては、スタンドのみならずグラウンドでも抱き続けてはならない方の自尊心が見え隠れしていました。アスルクラロは柳澤さんのような元JリーガーのみならずJクラブからのレンタル組もいて、個人技術はHondaに見劣りしません(悪天候では、基本技術の差が好天よりも明らかになるので、私は嫌いではありません。名波さんの受け売りですが) ゲームキャプテン犬塚さんは特に突出した力量で、試合をアスルクラロ寄りに運んでいました。

柳澤さんのドリブルも…止められるシーンもあれど、見られて幸せでした。アタックよりも印象的だったのはディフェンス。粘り強く脚を絡ませてボールを奪ったり…何より、とにかくボールを追い回していました。チームのために、献身的に。無茶のしどころは、私が口を挟める事項ではありませんが…。

アスルクラロ自体は、今年は2季制となったJFLで、セカンドステージでの躍進を期しているという話ですが、門番Honda相手に、中川さんが身体を張って死守しなければ得点が記録されていただろう決定機を2回(うち1回はペナルティエリア内でのバックパスでの直接FKから)は作り、思いのほか楽しませてくれました。そして、JFLが実質4部になった事実を最も痛感させてくれたのはレフェリングで、その結果、都田のスタンドとベンチはヒートアップして(井幡監督は退席処分に)イレブンをサポートするどころか冷や水を浴びせ掛ける終盤となったのでした。

あとは須藤さんが出場してくれたら言うことなかったのですが、前回、同じ都田で見かけた姿が病院から抜け出してきた松葉杖だったのを思えば、わがままと評されても仕方の無いところです。
スポンサーサイト
2014/04/23 00:04:43 | other Footballer | Comment 0 | Trackback 0
夢が満開、夢のしま。
観戦予定を決める時、まず大学グラウンド開催を選択肢から外す消去法なのは、我ながらどうかと。

<関東大学サッカーリーグ第2節@4/12夢の島>
青山学院大 2-1(前半2-0)日大
得点者:【青】10分角宮(堤)、25分荒木(PK)【日】75分中野

早い時間帯に右サイドを上がった角宮さんがグラウンダーで流し込んで先制した青山学院。“小気味よく繋げている”と“繋ぎ過ぎてカウンターの危機”の境界線は、結果論でしか引けないのかもしれないけど…前半は守備陣の集中力を心配するほど、スムーズに回し、攻めていました。攻守の要として学校別選手紹介パウチにも名を連ねていたボランチ伊藤さんがピッチ中央をズタズタと―擬音を付けたくなる運び方―攻め上がり、左サイドの関谷さんへパス。逆サイドの荒木さんにボールは渡されましたが、フィニッシュはGK谷さんに弾かれてしましました。谷さんが1対1を弾かなければ…という決定機が7回ほどありました。

落胆で唸らされた直後、荒木さんはペナルティエリア右で倒され、PKを獲得。自らやや右上へ蹴り込んだのでした。得点見られて嬉しかったですけど、どうせならさっき…と贅沢な感想を抱いてしまいました。ここからはやや無茶とも呼びたくなる仕掛けを試みたり、見てて本当に楽しかったです。そもそも、私が青山学院の試合へ足を運んでしまうのは、タッチラインに沿って駆け上がる荒木さんの走るモーションを愛でるのが好きだからなんですけど!

良い流れゆえにディフェンスは難しかったのではないかと思いましたが、御牧さんは特に横への勝負でよくやっているように見えました。クロスがうまい♪というチャントを有する堤さん(先制点のアシストを記録)も、読み良く拾ったり切ったり奔走してました。クロスはあったかな…(微苦笑)

後半は日大が息を吹き返し、カウンターで1点を返しました。一番の原因は青山学院の前半から積み重ねた逸機かと…途中から、やたら監督に名前を呼ばれていた(位置取り?)荒木さんは、後半30分を待たずに交代。ややあって平久さんが登場し、私の目的(卒業生watch)は達成されたんですが、FWとして投入されながらも他人に譲り過ぎかも…と感じてしまいました。こういうのを贔屓目というのでしょうか。

いずれにしても、楽しく見られたゲームでした。終盤は、しのぐので精一杯だったんですけどね…。
2014/04/22 23:24:42 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。