スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
self-assertive [川崎vs松本]
「あんたが大賞」贈呈式、コアサポーターとのセレブレーション(レナト+杉本さんがカブト虫のかぶりもの着用!)のセレブレーション、後援会員とのハイタッチ―多くの儀式を終えた背番号15が一度は引き揚げながらも、サポーターの呼び声に応えた山雅スタッフ片山さんに引っ張られて照れくさそうに手を振りながらアウェー側スタンドへ歩き始めると、残っていた山雅サポーターが最前列へ雪崩落ちてきたのです。

「裏切ったと言われても仕方がない。何を言われても仕方がないと思っていた」
等々力のアウェー側を緑に染めた山雅サポは、スタメン発表の演出でフロンターレ全選手が映し出されるワンカットの時点で、大きな拍手でした。

<J1第16節@6/20等々力>
川崎フロンターレ 2-0(前半1-0)松本山雅FC
得点者:45分レナト、65分エウシーニョ

シュート数や支配率で結果は決まらないとレイソルの大谷さんがツイートしていました。サッカーはゴールの数だけを競うものゆえ、アプローチはさまざま。前半、山雅がほぼ自陣に押し込まれ、チャンスらしいチャンスは一度きりだったとしても、その一度を決めていれば“正解”と採点されるわけです。あの山雅の1トップで船山さんが奮闘していると想像すれば……どれだけストレスフルだろうかと、なかなかボールを保持できないオビナを見て、考えても無駄でしかないifが試合中、幾度も脳裏をちらつきました。

ボールを扱う技術レベルの平均が違うから、必然的に選択肢も戦術以前の時点で変わってしまうのだろう……とか、山雅の頃は運動量でも良く賞賛されていたけれど、今では同じように褒める人はそういないのではなかろうか……とか、意味があるのか怪しい相対比較を繰り返してしまうのは、選手個人にくっついて観戦対象チームを変えているがゆえの悪癖なのかもしれません。そして、動き出しに対してパスをくれる人がいないのは、受け手の問題なのか出し手の問題なのか、とも。

船山さんは山雅だからこそ一層ゴールを欲し、山雅サイドも元10番だからこそ取らせまいと時には3人がかりで囲んでました。大久保裕樹さんと腕で火花を散らしていた際は、腐れ縁?……と思ったり。前半終了間際、ゴールの右、角度のないところへ抜け出した船山さんはフィニッシュを選択しませんでした。中央の、あまり頭では決めていないらしいレナトに浮き球。いや、浮き球にレナトが合わせたと書くべきでしょうか。フロンターレらしい……この日は一段と繋がれ続けたボール回しの果てに、時折やはり強引にシュートまで持っていってしまう大久保嘉人さんとの結果を出していないから仕方がないのですが信頼度という意味でのチーム内における待遇の違いは否めません。

いずれにしても、いいアシストには違いなく―コーナー付近、少し後ろを向いてのガッツポーズは、何を意識したものだったのか、それとも無意識か。

後半は山雅がボールを持つようになり、その分ゲームが展開される面積は広がり、船山さんの良さはかえって生きるのではないかと感じたのですが、65分のCKから流れたボールをエウシーニョが綺麗に叩き込んで以降は前半のビデオを見るかのようになってしまいました。山雅の目標はトップ15だそうですが、手数は少なかろうと、何本かは繋いで相手ゴール前まで運んで……シュートとまでいかずとも、セットプレー獲得まではいかないと勝ち点3は加算されません。

船山さんもフルタイム出場はならず。憲剛さんが試合後コメントで船山さんにゴールを取らせたかったという発言をされていましたが、その意図は試合中も伝わってきて……船山さんもう少し強引になればいいのに、それができないとは思えないけど、誰かに遠慮してるのかな、と思わずにいられません。ともあれ、1stステージの優勝はレッズとなり、場内アナウンスも次節について「勝って気持ちよくファン感を迎えましょう」と述べたりする有様ですが、個人的には一つの節目を越えたと感じる試合でした。6月も3分の2を消化して、船山さんがいまだ無得点とは予想外の極みですけれども!
スポンサーサイト
2015/06/21 21:52:39 | other Footballer | Comment 0 | Trackback 0
dispossession [福岡vs讃岐]
「博多のうどんは、やわやわなんよ」

<J2第15節@5/24レベスタ>
アビスパ福岡 1-3(前半0-0)カマタマーレ讃岐
得点者:【福】93分鈴木【讃】51分・73分沼田、95分仲間

太宰府≒九州国立博物館より直行した私が真っ先に飛びついたのは、丸亀市ブースに貼られていた丸亀城のポスターでした。にっかり青江が真っ先に浮かぶあたり、私も審神者(=刀剣乱舞ユーザ)です。うどんが売っていて、つい買ってしまいましたが、今思えば、ご当地以外ではなかなか食べられない福岡のうどんを選べば良かったです。東京で食べられる店は一つ(有楽町・交通会館の地下)しか知らないのに…。前夜、お一人様OKの水炊きを予約満了で逃した結果、空腹に耐えかねて柏ですら食べられる(!)一蘭に行ってしまったのは不覚でした。

MDPでも煽られていたうどん対決。博多のうどんは飲みもののように柔らかく、食べた気はあまりしないのに、おなかはふくれてしまう代物です。一説には、海洋貿易都市・博多(福岡ではなく博多なのに注意)の商人が、食事の時間さえ惜しんだゆえの産物だとか。刀剣男士・へし切長谷部推しになってから、随分とtwitterで福岡藩の流儀を教え込まれているのが否めません。

もともと雨が濃厚な予報だったので、3,000円するバックスタンドでした。某J1クラブの後援会絡みでJリーグチケットに登録させられてしまったため、ARコードにトライ。購入処理後、メールで分配して(今回は私一人ですが、それでもメールで送らなければならない)ARコード画像をDLし、スタジアム外のテントで発券と手順多めです。

ふくやの明太豆乳クリーミーコロッケをほおばりながら、ゲストで来たNMBのパフォーマンスを眺めました。なぜHKTでないかと言えば、アビスパとは吉本興業繋がりなのだとか(教えていただきました) センターサークルにてスポンサー様の名が入った布を持つお仕事を務める男子たちの熱視線は、遠いスタンドでも分かる程です。1曲歌うと布をわざわざ半周させていた―遠近で不公平にならないように―ので、彼らにとっては大仕事なのでしょう。

カマタマーレは今季初見。J2マガジンで仲間さんとGK清水健太さん(日立台のピアノで同じ時間に食事を取っていたかもしれない程度の間柄)が対談した際、予備知識を得ていなかったら唖然としていたこと間違いなしの、潔いまでに割り切ったサッカーを展開していました。4-5-1の1トップ以外、自陣にべったり引き、両サイドの攻防すら放棄気味。ペナルティエリア内さえ死守すればOKと多人数で体を張り、シュートやラストパスを跳ね返します。

バックラインにプレッシャーがかからない状況でも横にパスを回すだけで外へ流れてしまう場面さえありました。仲間さんのボール扱いも、首をひねりたくなる―技術レベルを維持するのはチームメイトとの練習なのだと個人的には山雅で思い知らされてます―雑なところがあったり。よって、懸命にはじき出したボールを受けて繋ぐ意識は稀薄で、再び攻められては返す…といった調子です。

このやり方を貫き続けることが、選手にとって、あるいは毎試合これを見せられるサポーターにとってどうなのかは、私には何か言う資格はありません。ただ、この割り切ったスタイルだからこそ、結果として“堂々と対峙”できるのも、サッカーという種目の面白さでもあります。

直近11試合負けなしのアビスパ。そのアタックは、前半終了間際、何度も寄せる波のように繰り返されました。中原さんのヘディングがバーを舐めます。

後半、先にゴールを挙げたのはカマタマーレでした。試合前、NMBの花束贈呈で緩んだ表情を場内ビジョン(及びスカパー!の試合中継)に抜かれていた沼田キャプテンです。繰り返しになりますが、サッカーは得点までの経緯やポゼッション率で芸術点が加算されるスポーツではありません。ネットを揺らせば良いのです。

更に、仲間さんがペナルティエリア前で相手から巧みにボールをキープし、うまく後ろへ出したところから沼田さんが放ったミドルでカマタマーレ追加点。それなりにサッカーを見てきて、最も唸らされたカウンターサッカーは、御給さんがいたSAGAWAにRKUがボコボコにされた日の“槍”ですが、このカマタマーレはそれに次ぐ威力に感じました。

カウンターともなれば、自陣深くから長い距離を走らねばならず、必ずしも意図するようなボールが来るとも限らない仲間さんですが、オフェンスの中心としてとても頑張っていました。終盤には、ついにGKと1対1の場面に到達。ここでループを選んだのですが、残念ながらボールはゴールの上にふわりと乗ってしまいました。

ロスタイム、鈴木淳さんの得点に、場内は山笠のリズム―これが快いと感じるあたり経験は消せないと感じる―で盛り上がります。しかし、高橋泰さんの左コーナー付近でのキープを起点に、フリーだった仲間さんが長めのショットを右サイドネットに叩き込み、熱を奪ってしまいました。静まるスタンド、対して仲間さんは右腕で小さなガッツポーズ。鈴木さんが決める直前にも一度単独で抜け出 し、倒されたのですがファウルとはならず、地面を叩いていただけに、私も嬉しかったです。

タイムアップ後も唯一盛り上がる讃岐サポーターの前で、カマタマーレの選手たちはラインダンス。仲間さんはここでも嬉しそうにガッツポーズしていました。引き揚げかけながらも、仲間コールに戻ってきて踊っていたあたり、本当に愛されているのだと嬉しくなりました。

自らの流儀を通し、勝ち点3をつかんだカマタマーレ。日頃、どちらかと言えばボールを支配するサイドで見る時間が長いだけに、妙に鮮烈な後味を残してくれた一戦でした。
2015/06/10 23:19:26 | other Footballer | Comment 0 | Trackback 0
self-possession [川崎vs仙台]
possessionという単語には、ある考えに支配されること・こびりついた考え・取り付いた感情…といった意味もある。

<ヤマザキナビスコカップ第7節@6/3等々力>
川崎フロンターレ 1-1 ベガルタ仙台

職場の立地条件ゆえ、帰宅する≒日立台へ行くよりも、ずっと早く到着できてしまう等々力。これまでの平日開催は仕事が終わらず断念していたのですが、いざ退社できてしまうと、あまりに所要時間が短くて驚きました。恐るべきは東急東横線の通特。

週末の試合では人が多い+行くのが遅いゆえ使いものにならなかったフロンパークで、初めてカレーライスを買いました。9,523人が動員“少ない”と評されるJ1に通っている事実を、改めて噛みしめました。

フロンターレを見るのは、船山さんの誕生日(5月6日サンフレッチェ戦)以来。直近のエスパルス戦でも2-5と強烈なスコアを刻んだフロンターレは、良くも悪くも1カ月前と同じサッカーを展開していました。

2点取られても3点取れば良いとでも―声高には主張していないとしても―言いたげな“盾”を構えるフロンターレ。突き出す“矛”は、相手ゴールに迫っても更に良い形を狙ってパスを回します。この行為は攻撃ではなく守備だと気づけたのが、この日の収穫でした。攻撃は最大の防御。フロンターレがボールを保持している限り、敵は攻撃できず…少なくともフロンターレが失点する事はありません。

“矛”の先端部分たるアタッカーの中でも、より鋭い一撃を欲して横へ回してしまうのが船山さんで、時には強引にでも刺しに…打ちに行くのが大久保さん。だからこそ、二人が刻んでいる得点数は開いているのでしょう。6月になっても船山さんが無得点のままだと気づいて、愕然としました。

ベガルタの先制点は蜂須賀さんでしたが、むしろ失点した際の悔しそうに二度も地面を叩いた姿が印象的でした。ナビスコカップの予選突破に賭けていたのは、フロンターレのはずなのに。気持ちが面に出るタイプの選手ばかりではないと、大昔とある選手に言われたのを忘れたわけではありませんが、フロンターレのサポーターではない私ですら腑に落ちない戦いぶりで…サポーターを自負する方々は、繰り返されるゲームにどんな感情を抱くのだろうと、他人事ながら気になってしまった夜でもありました。
2015/06/10 22:19:18 | other Footballer | Comment 0 | Trackback 0
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。