スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
晴れのち雨 [松本vs川崎]
試合後、イレブンを連れサポーターへ挨拶に行こうとした飯田先輩を呼び止め、後輩のGK白井さんを捕獲し、エルシオコーチや馴染みのスタッフも捕まえていた船山さん。かつてエースナンバーを背負っていた古巣ですから、旧交を温めるのに忙しないのです。

彼の名前は、メインスタンドからも、山雅のコアサポが陣取る南スタンドからも、逆側の北スタンドからも呼ばれ続けていました。片山さんが等々力に続いて誘導した結果、船山さんは山雅サポへ応えるためにアルウィンをほぼ半周しました。
(これでも、Twitterでバクスタにも来てほしかったとレスがつく始末)
フロンターレの出張売店に出来た行列が緑色だったり、スタメン発表で大きな拍手を贈られたり、いかに船山さんが山雅で愛されているかを実感した夜になりました。

<J1 2ndステージ第5節@7/29アルウィン>
松本山雅FC 1-3(前半0-3)松本山雅FC
得点者:【川】16分田坂、25分谷口、35分大久保 【松】69分阿部

今回のアルウィンで一番印象に残ったのは、シャトルバスに乗っている時間の長さでした。昨シーズンまで何度かシャトルバスでアルウィンに行っていますが、今季は異なる点があります。自家用車での来場比率を下げるため、松本山雅が多額の予算を組んで無料化したのです。使用される車体も、基本的には路線バスではなく観光バス。乗車時間が長く感じたのは、平日の夕方だったからです。つまり、日常の一端として道路が混んでいる時間帯。昨年経験したナイターは日曜の夜でしたから。

試合は等々力での同カードに引き続き、前半はフロンターレが技量の差でボールを支配。山雅はゴールさえ死守できれば・・・と臨んだようですが、かないませんでした。あれよあれよとフロンターレが3得点。船山さんも珍しく(?!)複数人に囲まれても強引にミドルシュートを狙う場面が複数回見受けられ、アップ時点から分かってましたが、気持ちはとてもよく伝わってきました。残念ながら、58分で杉本さんと交代となってしまいましたが。

ここで集中が切れて、あまりの空腹に耐えかねて食料を調達しに出た私を待っていたのは、大歓声と、それで山雅の得点だと悟った店員さんが仕事を忘れてガッツポーズする姿でした。吉朗先輩はクリアミスを逃しませんでしたね。

後半は押され気味にもなったフロンターレ。結果的に、前後半通して南スタンド寄り=フロンターレサポから遠い場所でボールが動く時間が長くなってしまったのでした。交代選手の出来に風間監督は不満だったようですが、いずれにしてもスコアでは快勝してフロンターレは中断期間を迎えたのでした。
スポンサーサイト
2015/11/14 20:18:06 | other Footballer | Comment 0 | Trackback 0
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。