スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
果てしない夢を
ZYYG,REV,ZARD&WANDS featuring 長嶋茂雄(挨拶。そして坂井泉水さんに合掌)

今日はヘレン・ケラー…いやいや、柳澤さんの誕生日、それも20回目の、とてもお祝いすべき日なのに。なんで岐阜県出身者の端くれとして脳内リストへ掲載したはずの「オニギライズ」へ、TBなんぞしてるんでしょう。
(今日の日立台については、別にエントリ立てるつもりです)

史上最高の投手(オニギライズ)

サッカーへ“移籍”する前は、野球観戦が趣味でした。個性派集団ヤクルトスワローズ。そこへ抽選〔ドラフト〕の結果、飛び込んできたバルセロナの銅メダリストが智仁さんでした。誰か(しかもnotツバメ党)に「トモ」を語られて、黙って読むだけじゃファンの名が廃るってもんでしょ!<私って昔からこういう思考パターンで生きてるんですね。

智仁さんも競合確実(当時まだ逆指名制度は存在しておらず、本人の希望を尊重するかは球団次第でした)と報じられたにもかかわらず、彼はMMC[やぶ注:三菱自動車京都]の工場でつなぎを着ながら、自分はお金を稼ぐことの大変さを知っているから、どこ[の球団]でも構わない、と言ったのです。(2003/5/17付LR)

MMCの先輩から習ったスライダー。それを魔球に変えたのは、智仁さんが生まれながらに授かっていた、関節の稼動範囲が並じゃない((C)佐藤大)肩でした。ヒトとして許されがたい水準にまで動いた肩は、高速スライダーで三振の山(智仁さんの試合って、三振か四球かって感じで、バッテリー間だけで試合してる時間が長くて、だから援護が乏しかったイメージがあります。あくまでイメージですけど)を築いたと同時に、自らも蝕んでいったのでした。野村監督は、そんなピッチャーを何人も生み出してましたね、当時……岡林さんも、川崎さんも。

残念ながら、おにぎりさんと違って、私は、当時…高速スライダーがどれだけ人間離れしているのか、分かってなかったんですよ。まだ子どもだったから。ただ、智仁さんっていうが大好きだったんです。あー、こういう観点もきっと全然変わってないですね。ついさっき、ピアノの前で強く強く感じた気持ちは、オトナになったことが信じられないが、みんなを幸せにしてほしい(by佐々木直人ユースチーフ@Jサッカーキング)のはもちろんだけど、まず当人が幸せになってほしい、それですから。

あの頃も思ってました、防御率4点台の“どこにでもいる普通の先発投手”に落ちぶれてもいいから、投げるところが見たい、野球している姿が見たいって。(2002/4/2付LR)

サッカー選手の復帰を待つのに(比較的)辛抱強くなれたのは、耐性がついていたから…かな? サッカーだったら、4年も戦線離脱してたら、まずクラブにおいてもらえないけど…スワローズにはもっともっと長い人がいたから…。

おにぎりさんのエントリには、同じく、負傷に苦しんだ「ちゅーちゃん」の名前も出てきます。あ、“チュウ”ってのは、今中さんがチームメイトから呼ばれていたニックネームですけれども。ナゴヤ球場行って、ちゅーちゃんor山本マサさんが先発だって知ったら、勝つの大変だな…って、試合の前から折れてたものです(“実力差”が勝敗に直結する確率が、サッカーだとそんなに高いとは言い切れないから、ゲーム前からくじけたりは、あんまりしませんが、野球は違いますから)

まあ、智仁さんへの愛は、読んだ一部筋が唖然としたっていう、LRで歴代最高に恥ずかしい過去ログを見ていただければ一目瞭然ですよ(てへっ)

沈みゆく記憶(2003/10/30付LR)

史上最高の投手、その最も輝ける時、彼を愛していたことが、私の誇りです。いや本当に。
2007/06/27 21:51:14 | Weblog | Comment 2 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
やぶさん、ツバメ党だったんですね。
知らなかったです。
(過去ログしっかり読みました)

自分の中でも伊藤智を越えるピッチャーは未だにいません。
もう一度、これと同じくらいの衝撃を味わってみたいモノです。
by: nobu * 2007/06/30 01:15 * URL [修正]
そうです、ツバメ党でした。
今のスワローズはほとんど分からないんですが、巨人、阪神、中日とそれを好きな人々に対する敵愾心は健在であります。
(中日が入ってるあたり、名古屋圏育ちっぽいかな。
周りはおにぎりさんみたいな、中日新聞で読み書き覚える人ばっかりですから)

ナゴヤ球場のスワローズ戦全部行った年もありました。
当時振り回してた傘に入ってたご贔屓の名前は「岡林洋一」!
(トモさんじゃないのか!)

魔球、それが身体と引き替えでなければ、上回るスライダーにも巡り会ってみたいものです。
by: やぶ@琵琶湖線 * 2007/07/01 11:09 * URL [修正]
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/132-a4990342
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。