スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
パラメータ
足が速い、背が高い、トラップが巧み、枠内シュート率が高い―選手の特色になりうるポイントは、いろいろあるものですが(私はプレー経験もないし、見る眼も何年経とうと鍛えられてないので、見つけられない“もったいない”人)、こういう選手はレイソルユースでは見たことがないので、正直、どう捉えていいのか、いまだに戸惑っているんです。

点を決めるなり、他の誰でもなく、ピッチ外で太鼓を叩いている“サポーター”へ拳を突き上げるストライカー。

<関東CY選手権(U-18)9位決定戦1回戦@6/24那須スポーツパーク中央フィールド> ※給水あり
柏レイソルU-18 5-1(前半1-1)千葉SC U-18
レイソル得点者:武富、比嘉、山崎×2、工藤

---10武富/3----24指宿/2---
-11山崎/2--------22酒井/2-
----08仙石/2---05C山中/3---
07輪湖/3-20島川/2-03豊嶋3-02御牧/2
--------01岡田/3------

豊嶋→12茨田/1(HT)
酒井→19比嘉/2
武富→18太田/3
指宿→09工藤/2
輪湖→06畑田/2

暑いです。空気こそさらっとした感触(それは帰りに寄った佐野SAで、車のドアを開けた瞬間にまとわりついてきた湿気で実感しました)ですが、青い空から降り注ぐ日差しがプレーヤーもギャラリーも焦がしていきます。

あまり好きな言い方ではないですが、“失うものがない”千葉SCの、一戦必勝で臨んだ気合がにじんだプレーやコーチングに、レイソルは押され気味で、しょっぱなからバーに救われたりしました。結局、先制点も与えてしまいます…キャッチミスが原因で。

しかし、心が折れる時間はありませんでした。すぐに、右CKからもたらされたチャンス、武富くんが、一度はポストに嫌われたものの、きっちり決めてタイスコアに。
「盛り上げていこう!」
工藤くんが叫びます。前半はこれでタイムアップでしたが、勝負は…負けたら終わりの戦いは、まだまだこれからです。

後半になると、チャンスの数は増加してきます。酒井くんの献身的な動きが光ってました。あとは決定力。

[1st。時間切れです、すみません]
2007/07/08 09:45:23 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/135-b1bceb10
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。