スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
口は一つ、目と耳は二つずつ
今日のU-18日本代表を見て、その試合運びを賞賛する人は、いないと思います。でも、いつか、どこかで、選手たちそれぞれを見る機会があったら、必ず思い出すでしょう。勝利を欲し、悲壮感すら漂わせながら、最後の最後まで戦い続けた、ナショナルチームの一員だったことを。

もう少しで、涙腺が決壊するところでした。

<2007仙台カップ第3日第1試合@9/2ユアスタ>
U-18日本代表 1-2(前半0-1)U-18東北代表
得点者:佐々木×2(うち1点はPK)、鈴木(椋原)

----16宮澤/室蘭大谷----15白谷/国見----
-------------------------
09鈴木/福岡-10C井上/大分-08加藤/市船--13比嘉/柏
-------------------------
12渡部/市船-07浦田/帝京-02堀田/柏--05椋原/F東京
----------18大久保/帝京---------

浦田、井上→04大野/新潟、11河井/藤枝東(腕章は鈴木へ)
白谷→17小井土/千葉
比嘉→14丸谷/境

※比嘉が高2、それ以外は全員高3

泊まったホテルに、朝刊の無料サービスがありまして。それが地元紙「河北新報」だったんです。めくると、予想通り、大見出しは『東北 粘りのドロー』。そして、その下に『日本、ブラジルに完敗』。善戦中の東北代表が大きく取り上げられ、囲み記事の締めくくりは、フランス代表監督にも賞賛を受けていた東北の守備の要・大久保くん(青森山田)の「明日は一番勝ちたい相手。最後に勝って優勝したい」という言葉。

鈴木「ブラジルは好機を確実に決めてきた。自分たちは1対1の場面で決められず、ゴール前で身体を張れなかった。いい時間帯もあったが、焦りや疲労で技術が落ち、シュートまでいけない悪い時間帯が多かった。国内大会で地域選抜が優勝するのは絶対に駄目。東北の優勝は必ず阻止する」(9/2付河北新報)

何がどうなった結果、このような状況へ陥ったか、振り返る間もなく、最終日はやってきます。河北へ載せられるには、やや強烈な発言ですが(ちなみに、静岡ユースに負けたSBSカップは、鈴木くん不参加)日本代表イレブンの、最終戦に臨む気合は、まさにこの言葉通りなのでした。

半端ない覚悟で臨み、序盤から東北代表を攻め立てる日本代表。比嘉くんもその一員として、ドリブルで積極的に挑んでいきます。そんな突破に対し、時に3人ものマーカーが寄せてきますが、それでも前へ進もうとする姿は…どこか、日常〔レイソル〕に近いと感じました。ドリブルする距離も、3戦では一番長かったような。実際、3枚はなかなかはがせるものではないのですが…。

しかし、勝負の女神は非情です―容赦ない顔を見せるのは、相応の過ちを犯すからなのですが。ショートコーナーから3人目(比嘉くんです…)へつなごうとしたパスが通らず、カットされカウンター発動。独走された末、決められてしまいました。奪われた時点で終わっていた先制点です。

それでも日本代表は攻め続けます。これを東北代表がしのいでカウンターを狙う展開となりました。ただし、日本代表がボールを失い(配球する“背骨”がないのです)カウンター発動となる回数が相当で、奪っても息つく間もなくピンチ再来となるバックスの負担は計り知れません。獅子奮迅の渡部くんを中心に踏ん張りますが、堀田くんが裏を取られてヒヤヒヤするシーンが何度もありました。

ゴールを奪えないまま前半は終わってしまいました。後半も日本代表は諦めません。椋原くんのクロスに白谷くんが足を振り上げるも、ボールはネット外。左サイドから斜めに進入してきた渡部くんが自ら打つも、ミートしきれず枠外。井上くんのループがバーにはじかれ、これを白谷くんが打つもGKがはじく…と攻勢を仕掛けますが、どうしてもゴールが割れません。ようやくネットが揺れたのは、椋原くんがゴール横で回りこみながら上げたクロスへ、鈴木くんが頭から飛び込んだもの。

日本代表は、セットプレーではかなり凝ったトリックを用いていたのですが、これもことごとく失敗したような。セットプレーは早く始める、と城福流のリスタートでDFラインの裏を取った比嘉くんですが、これもGKに阻まれ。比嘉くんは決定機にミスすると頭を抱えるのですが、自分のミスで2回、あと味方が自分のラストパスを決められないので1回、やってました。見たくない姿です。どうにかしようとドリブルで挑むのですが、それを切られてピンチに陥る場面も多く、ちょっと褒められない出来でした。この日も最後に下げられ、微妙にフル出場のない仙台カップでした。

大ピンチを宮澤くんが手ではじき、一発退場を宣告されます。ここで与えられたPKを東北代表が決めて、勝負あり。いや、この後も最後まで、日本代表の残された選手は決して萎えず、ホイッスルの瞬間までゴールを欲し続けました。それはあまりに痛々しいさまでした。敗北を知らしめる笛に、鈴木・渡部・椋原の、中でも強い気持ちで戦い抜いていた3人が、倒れこみました。これを誰も助け起こすわけでもないあたりが、私の胸をさらに締め付けました。憔悴した鈴木くんは、引き揚げる際も、腕章を外し、とぼとぼと…ちゃんと歩いて帰れるだろうかと心配になるぐらいの足取りで。それでも、スタッフ含め、誰も声一つかけないんですよ…。堀田くんもそうですが、愚直で真面目な熱い選手が集う代表なのかな、と感じました。

目指す世界大会は遥か先。1次予選から、ひとつひとつクリアしていかなければ先はありません。むしろ、まだまだ先を見たい、と思わせる大会となりました。
2007/09/03 00:31:47 | Japan National Team | Comment 2 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
位置するの?
by: BlogPetのポンペイ * 2007/09/03 16:12 * URL [修正]
仙台カップでは右サイドから切り崩す姿を目の前で見られるブロックに陣取りましたよ!
最終戦だけ代表がアウェー側だったから、国歌斉唱の時、13番タオマフを掲げられなかったなんて内緒ですよっ。
(ヒント:代表選手が君が代を見る間に顔を向ける方向)
by: やぶ@家主 * 2007/09/04 20:09 * URL [修正]
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/162-d647e9a7
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。