スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
堀田くん、札幌へ。
かなり前から報じられてはいましたが、正式リリースがこの時期になったのは、フルコンディションでなくともU-18代表の1次予選に帯同していた―牧内監督の信頼が厚いのです―からか、それとも…寮の部屋がなかなか空かなかった(報知・北海道)から?

柏レイソルU-18 堀田 秀平 選手 コンサドーレ札幌 2008新加入のお知らせ(コンサドーレ公式)

「札幌というすばらしいクラブでこれからプレーできることを誇りに思い、感謝しています。また、両親、コーチ、友人、これまでサポートしてくれたすべての人達に対する感謝の気持ちでいっぱいです。札幌の中心選手になり、活躍できるように頑張りますので、温かい応援よろしくお願いします」

ユース名鑑の、堀田くんの画像へマウスカーソルを合わせると『ホッタといえば、ボイス!』というリーダー作のプチ紹介文が出てきます。センターバックでも守備的MFでも、ムラなく持ち前の守備力を発揮して、本当に安心して見ていられる=“任せられる”プレーヤーなのですけれども、頼もしさをもたらしてくれる重要な要素としてコーチングを外すことはできません。

フォアリベロというかアンカーというか、要たる位置に入った高校1年生(!)はプロ選手の誰よりも早く状況を判断し(この辺は、なんだかんだで身についている…歩んできた時間が大きいんだなと認めざるを得ないです(なんだこの後ろ向きな書き方))誰よりも大きな声と指差しで先輩たちを仕切りまくってました。惚れ惚れしましたよ。(Lefty of Reysol過去ログ・2006/2/28TM)

とはいえ、他の部分と同様に、コーチングも磨いていける要素。押し込まれる戦いばかりだった仙台カップ@U-18代表で、ゲームの流れに飲み込まれて声を失っていた姿を見たりもしました。コンサドーレには、まだ正式発表にはなっていないのですが、浜松大の大型CB柴田“くん”―大学時代プレーを全く見てないから“くん”付け時代で記憶が凍結している―も加入が確実視(スポニチ北海道)されています。レイソルユースOB同士でポジション争いか…と未体験の状況にヘンな気分でもあるのですが、恵まれた環境で自分を磨き、是非とも日立台へJ1リーグ戦で凱旋して下さい!

札幌の、北海道の皆様、堀田くんと…柴田さんを、なにとぞよろしくお願い申し上げます。二人とも、頼りになるDFですから。できたら、来年一度は時間をお金を作って、素晴らしいと評判の白恋サッカー場(CONSA DE CONSA)まで足を運びたいと考えています。

それにしても、JリーグNo.1美人寮母の呼び声高い村野さん(Webシティさっぽろ)のご飯を食べられるようになる二人が、心の底から羨ましいです!! レイソル自慢の「ピアノ」ご飯育ちな堀田くんでも、満足して暮らしていけるでしょうね(^^) 「しまふく寮通信」で、二人がつつがなくやっていると確認できる日の到来を、心待ちにしています。いや、大ファンなんですよ、「しまふく寮通信」の。心がほっこりしますもの。

では、堀田くんに贈る一言で締めさせていただきます。
風邪ひくなよっ!
2007/12/09 10:44:29 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/201-5365ca8c
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。