スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
きっと、れんげのじゅうたんが。
My hometown is Gifu.
一生、逃れることのできない事実です。初夏に、オニギリさんが愛知県人的優越感をたっぷりにじませたエントリを立てた折、本気でキレて「横浜太陽会とオニギリだけは許さない」と公言してたのも、培われた気質のなせる業です。

FC岐阜の公式サイトにある、安藤隆人氏が記した文章で、今西GMが、岐阜はスポーツに対する関心が強い土地だと発言していたことが紹介されています。それが客観的に見て正しいのかは、こんな身ゆえ、判断しかねますが、「試合が見たいから」という理由ほぼ一つだけで、2回も実家を出ていっている私は、そう言わせてしまう種類の岐阜県人の一人なのかもしれません。
(悲しいかな、今の日本の構造上、関東在住とそれ以外の地域に住むのとでは、観戦の利便性が違いすぎます…と書いてしまうのは、私が、きっかけから現在に至るまで、やはりNational Teamへ強い関心を抱く、典型的日本人だからでしょう)



買いたいものがあり、久々に岐阜の街を、駅前から市役所あたりまで歩いたのですが、年末なのもあるにしろ、シャッターと、駅前に広がった更地が印象的でした。新岐阜もパルコも、今は更地ですから。出かける前、父が、Jリーグ昇格を伝える何かを探してみろ、と言ったのは…皮肉でしょう、おそらく。たとえばポスターだって、まず、貼りうる(そしてお客さんが集まる)場である、店などがあって初めて意味をなすツールですから。

この街にはJクラブがある。
誇らしい響きを有する言葉だと思います。自分の贔屓チームは地元の人に愛されていて欲しいと、たくさんの観客がホームスタジアムへ詰め掛けていて欲しいと、“アウェー住まいのファン”が本性である(柏へ引っ越してしまったから、今は「本性であった」の、過去形ですね、正しくは)ゆえに、思うのでありますが。

はたして、この街にはJ2クラブを支える力があるだろうか?
それは…来年、明らかになるでしょう。無論、望む答えは「ある」ですよ。

だって、私、岐阜県人ですから。
2007/12/30 00:04:24 | Weblog | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/207-05c4782b
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。