スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
もっとワコワコしてみたい
【お断りその1】
このエントリはヴァンフォーレ甲府の1次キャンプ練習見学レポなのですが、甲府サポでないため、どこまでblogへ綴っても良いのか、さじ加減が全く分かりません。思いっきり普段通りに書いてますので、何か問題がありましたらご指摘願います。

【お断りその2】
1/27(日)にユース新人戦の千葉ダービーがあると、1/21(月)には県協会HPへ掲載されたのですが、情報収集をすっかり怠っており、試合の存在は1/26(土)の夕方、某所にてメッセージカードを物色中に受信した携帯メールで初めて知りました。キャンプ見学は、ヴァンフォーレでスケジュールが出た段階で決定してて、新人戦の存在を知った時点では既に清水までの往復切符まで買っちゃっていました。足運べなくて申し訳ないです。

※新人戦の千葉ダービーは、「538ログ」さんにレポがあります(多謝)

<ヴァンフォーレ甲府1次キャンプ午後練習@1/27 J-STEP>

レイソルU-18卒業生を訪ねるシリーズ第1弾(次はいつになるのやら)として、早速ヴァンフォーレの輪湖さんを見に行ってきました。



隣にいらっしゃった一団のお一人が「旗がはた迷惑」と練習開始前に会心の一撃を繰り出してくださって、まいっていたのですが、いざ練習が始まってみたら、見学スタンド最前列へセットされた青いフラッグは結構、邪魔(すみません、でも事実なので…)でした。まいりました、本当。

トレーニングは笑顔のたえない手つなぎ鬼ごっこからスタート。いくつかのレクリエーションメニューが続き、ホイッスル時に鬼だった選手は、罰ゲームででんぐり返しです。開始前から、見学者は家族連れが多いと感じていたのですが、レクリエーションでは選手と一緒に笑ったり、後のミニゲームではゴールが決まると拍手があちこちで起こったり、とてもハートウォーミングな空気がスタンドとフィールドを包んでいました。

輪湖さんは、なんだかんだで鬼を巧みにやり過ごし、でんぐり返しは1回しかやらなかった(軽やかに回ってて、それすらもキュンと(死語)しました♪)んですが、それをしっかりと激写している「プレ通」の中の人はさすがですね☆ いや、いろいろ大変だったんですよ、二人一組で、ジャンケンに負けた方が勝った方へぶつけるゲームでは、勝った先輩がボール持って逃げちゃったりして!

続いて、フィールドプレーヤーを4組に分けてのボール回し。狭いエリアで、短いパスを素早く回す―鳥かごはどこへ行っても見られるメニューですが、行き交うボールの質は、如実にヴァンフォーレの流儀を反映していました。

さらに、同じような限定されたエリア(ピッチ幅の3分の1弱)でのボール回しから、ホイッスルで一斉にゴール方向へ走り、横から別途入るクロスをシュートまで持っていくor外へクリアし更にラインを上げるというハードなメニュー。ハーフコートを、ゴール前へ斜めに入るボールを追いかけて全力疾走なのもハードですが、それ以上に、笛と同時に頭を切り替えて、異なるボールに対する攻or守の体勢へ移る、更にクリアしただけで安堵せず、ラインを上げるところまでやる(これに関しては、選手の意識も必ずしも続くとは限らず、「アップ!」の大声が首脳陣から飛んだりも)、それもインターバル短く…と正直、見ているだけで頭がふにゃふにゃになりそうなハードさが印象的でした。

安間監督はアイデアマンで鳴らしているらしく、練習メニューも、それぞれが、割と説明長めという印象を受けました。私はサッカーに関して頭が回らない人間なので、実際に練習が実行へ移されても、しばし眺めていないとルールが把握できないくらい。

入念なストレッチ(清水といえど肌寒いので、インターバルにはじっくりと。特に輪湖さんは練習前から終了後まで、かなり丁寧にやってました)を挟んで、7対7が行われました。輪湖さんも左寄りのポジションで駆け上がってみたり、プレースキッカーしたり、頑張ってました。選手は3色のビブスを与えられ、総当たりして終わり。ダウンも念入りに行われ、始まる前と同じように、みんなでゴールを運んで片付けて、上がり…かと思いきや。

ここから選手たちはさらにボール回しを続行。スタッフも混じって、たまに歓声が上がって、ノリからして遊びだと思われるのですが、そんな鳥かごでも、エリアを限定して、くるくる動かされるボールは素早いショートパスばかりで、ヴァンフォーレでは当たり前…意識するまでもなく繰り返される呼吸のような、馴染みのリズムなのだと再確認させられました。輪湖さんは…ルーキーは準備も後片付けも、誰よりも大変なのです。特に練習後は、率先してトラックへ荷物を積んでおりました。

Jリーガーになられたので、ファンサービスでふれあう時間も過ごすことができました。サインもいただきまして―全体のヴィジュアルバランスが取れていて、かっこいいサインだと思います☆ こちらが頭ふにゃふにゃのメニューも涼しい顔でこなしていらっしゃいまして、プロでも頑張ってやっていってくれるだろうと安心できたのが、最大の収穫でしょう!

甲府サポの方々も再訪を待ち望む日立台へ帰ってくる日を夢見て…まずは小瀬のピッチで舞う姿を楽しみにしています。


J-STEP午後3時半開始の練習前に寄った場所が2つありました。



ひとつは熱海駅前の足湯「家康の湯」。午後4時にはお湯を抜いて毎日清掃を欠かさないという自称“かけ流しの足湯”。写真は横にあった「リアリティーを追求した間欠泉」。他の観光客さんもおっしゃっていたのですが、リアリティーを追求したということは(略)。何がすごいって、横に「家康の湯」ロゴ入りの、足拭き用タオル(100円)自販機が設置されているところが。すみません、しっかりお世話になっちゃいました。



もうひとつは富士駅前にある洋食屋さん「マルトウ」。「オニギライズ」さんで紹介されていたオリエンタルライスを食べてきました。リンク先でも紹介されている通り、由紀彦さんのご実家です。後ろ姿が由紀彦さんに似ている(Rさん談)お父様の調理に、美しいお母様の配膳。さりげなくトイレへ置かれたシャネルの香水と、店の本当に隅へ置かれたサッカー雑誌(ゴール裏へ入った由紀彦さんの記事があった号)が印象的でした。

2008/02/05 23:43:32 | other Footballer | Comment 3 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
TBありがとうございます。
&ワコワコレポ乙であります!

文章だけで表現するってやはり大変でありますね。
写真なら写真だけペタッとするだけでごまかせちゃいますからね~(´∇`)
by: ランコ@家が寒い・・・・ * 2008/02/06 23:10 * URL [修正]
リンクを貼ってのお知らせありがとうございます…。正直申し上げまして貼っていただくほどのことを書いているでもなく、誘導されて見にいらした方々ががっかりされているのではないかと思います…。


サハラ決勝から1ヶ月、サハラを戦った1.2年生達は日立台の人工芝で練習試合、スポレクでは新一年生達が柏レイソルU-18の一員として試合に参加し。

そしてレイソルを旅立つ3年生たちもそれぞれの場所での新たな一歩をスタートさせたり、あるいは進学先が判明したり。

それぞれ色々、動き出していますね。

輪湖さんが、元気に頑張っている様がわかってよかったです。レポ感謝です。甲斐の国で、甲府サポーターの方々をワコワコさせる日を、こっそり心待ちにしようと思います。
by: やすこ@538 * 2008/02/07 23:16 * URL [修正]
>ランコさん

動画撮影&投稿&それへのレスポンスが誰にでも簡単にできるようになった今、文字で綴ること自体の意味というか重みは下がる一方だと分かってます。
それでも書き続ける私は酔狂か阿呆でしょう。
(そう言いつつ、昔より写真を載せる回数が増えているあたりが中途半端なのです。たとえばオリエンタルライスの中身を書くよりは写真1枚の方が早いだろうとでも言いたげに)

>やすこさん

いえいえ、レイソルはオフィシャルがメンバーはおろかスコア、もとい試合の存在自体、公にしてくれないようなクラブです、情報ありがたい限りですよ!
(サッカーはともかく、その辺ではジェフに悲しいまでに差をつけられているのを痛感します)

輪湖さんもヴァンフォーレの一員としてのTMをこなしていたり、どんどん前へ進んでいっています。
華やかな舞いを間近に、親近感を持って見守れる甲府・山梨の方々を羨ましくも思いながら、これからも見守っていこうと思っています。
by: やぶ@風邪ひき家主 * 2008/02/08 21:37 * URL [修正]
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/221-fc55cbb8
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。