スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
My Gift to You
美しさも、当たり前になってしまうと感嘆できなくなってしまう、何事にも慣れてしまう人の本能が恨めしく。

<千葉県クラブユース新人戦@1/12日立台人工芝>
柏レイソルU-18 7-0(前半2-0)フォルマーレ
得点者:工藤、指宿×3、山崎、牧内×2
※5点目は茨田くんかも…(こら)
--------09工藤/2-------
-10指宿/2---------19比嘉/2-
----11山崎/2----23畑田/2---
--------08C仙石/2-------
40酒井/2-20島川/2-13茨田/1-02御牧/2
--------01松下/2-------

比嘉→30武富/2 ※負傷交代
茨田→18飯塚/2(HT)
山崎→22牧内/2
指宿→15川崎/2
工藤→32豊嶋邑/1
※仙石選手のご協力を頂戴して記載しております。

毎冬恒例「そごうカップ」があったとはいえ、この季節に17時開始とは、正直「わたしに くびつれといいますか?」(DQ3アッサラームのぼったくり商人風)であります。

1点目は山崎くんのうまいミドルがはじかれたところをゴール右から工藤くんが蹴りこんだもの。2点目は不覚にも見損ねたのですが、指宿くんのゴラッソだったと聞きました。3点目は右からのクロスを逆サイドから入ってきた指宿くんが低い頭で決め、4点目はレイソルが誇るシャドーストライカー山崎くんが守備網を抜け出して流し込み、5点目は観客席から遠いサイドからグラウンダーで入ったもので…暗くて、ゴーラーがよく判別できませんでした。本当、すみません(上記記載は指宿くんとしてカウント)。6点目は牧内くんが右サイドから巧みに回り、弧を描いて放り込み、最後の7点目は左サイド茨田くんの折り返しを、またまた牧内くんが見事に蹴り込んで。

得点以外の特記事項としては、新人戦といえば代替わり直後で、試合後の観客への挨拶号令に至るまで“ぎこちない”のが通例ですが、今回に関しては、新人戦独特の要素を嗅ぎ取るのが大変難しいと言えます。仙石くんが号令をかける姿は、あまりに予想通り過ぎ(しっかりとしたパーソナリティもそうですし、昨春から腕章だって何回も巻いているので)でありました。ボール回しだって、見慣れたリズム―滞りなく。

後半途中から登場した、キャプテンいわく「左利きのドリブラー」豊嶋邑作くんが右サイドでボールを運ぶドリブルが、それゆえ、いいアクセントになって、初見ながら目を惹かれました。負傷退場してカタール@代表遠征へ行けるか心配になった比嘉くん(結果的に、そのカタールで重傷を負って帰国したわけですが…)や、ピッチを跳ねる若鹿のような牧内くんのドリブルとはまた違う、華美な印象を受けました。


サハラ決勝から3週間弱―試合前の練習で、村田“くん”と堀田“くん”を見かけました。Woooのロゴ入りジャージをまとった堀田“くん”を見るのはこれが最後だろうな、としんみりしながら眺めていました。いや、もう一度そんなチャンスをもらえただけで十分ですけど。札幌行っても頑張って、とボールを追う姿へ念じてました。

そんな堀田“くん”へ声をかけそびれたのは、目の前でアップを始めた選手のトラップへ気を奪われて……。

2008/02/11 16:09:52 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/224-302a790c
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。