スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
You Go Your Way
贈り物が趣味と化してしまうと、お礼は必ず付随する過程ではないから、かえってハッとしたりするのです。

<千葉県クラブユース新人戦@1/26日立台人工芝>
柏レイソルU-18 7-1 千葉SC U-18
得点者:工藤×3、牧内×2、橋本拓、武富

--------09工藤/2-------
-30武富/2---------08C仙石/2-
----11山崎/2----22牧内/2---
--------23畑田/2-------
15川崎/2-20島川/2-18飯塚/2-02御牧/2
--------16松下/2-------

飯塚→39橋本拓/1(負傷退場・畑田がCBへ)
御牧→24根立/2
牧内→38小林/1
川崎→42橋本健/1
※またしてもお世話になった仙石選手に感謝。

千葉SCは昨年末、サハラカップでジェフを破った記憶も新しいし、この新人戦でも、戦績から過去対戦の3チームより力があるとは予想していました。実際、対峙してみると、これまでの3試合ほど持ちっぱなしという展開にはなりませんでした。複数で寄せられるとレイソルがボールをロストするシーンも結構ありました。

先制点は、御牧くんのクロスをファーサイドの工藤くんが足で決めたもの。更につっかけた御牧くんが倒されて得たPKを工藤くんが右に蹴って2点目です。相手にシュートを許してはいませんが、こちらもなかなか持ち込めないまま時間が流れていきます。山崎くんのシュートをGKがはじいたのを牧内くんが決め、その牧内くんが右サイドを抜け出して入れた折り返しを橋本くんがクリーンシュート! あ、拓門くんって書かないと区別つかないか…。工藤くんが左サイドから逆側のポストに当てて入れたのが、5点目ですね。

膠着した試合が流れ出したのは、牧内くんと仙石くんが場所を交換してから。牧内くんの突破からチャンスが生まれだしたといったところ。6点目も牧内くんが右から左へ移動しながら放ったフィニッシュで。このまま快勝かと思いきや…レイソル右サイドをえぐられ、根立くんが応対するも折り返され、こぼれ球をゴール右上に綺麗に叩き込まれてしまいまして。残念でした。この後、武富くんのループが決まって、トータル7-1で終了となりました。

昨年から2年生中心だったとはいえ、ほぼ毎試合、選手の皆様を煩わせなければメンバーが把握できないあたり、新人戦らしかったかな、とこの試合が新人戦最終観戦になった(翌日に組まれていたジェフ千葉戦は、この時点で存在を知らず、ヴァンフォーレのキャンプへ行ってしまったため)今となっては、思ったりもします。24番はレイソル青梅出身の根立くん、38番は小林翼くん、39番が橋本拓門くんで、42番が橋本健太くん。


誕生日は誰にでも1年に一度ある(2/29生まれは違うか…)点では、不公平などありません。しかし、誕生日に試合がある可能性は、季節によって相当の差があります。1/26はユースLOVERならみんな知ってる「プレ通」の中の人のお誕生日。中の人はバースデーに試合観戦が初体験だそうで、白星もそうですけど、試合後にあった練習を嬉々として撮ってましたよ♪なんて本人に断りもなく書いてみたり。

山中“くん”、豊嶋“くん”、杵渕“くん”が違うグラウンドでボールを蹴る日も目の前だろうな、と思った1月の終わり。

2008/02/11 21:19:57 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/226-ce792d2c
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。