スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
Keep it Fluffy
開幕戦ながら落ち着いて観られた証に、ハーフタイム、フードコートで欲張りすぎて後半開始までに席へ戻れなかった事実があります。チキンカリーを平らげた後、目に留まって…どうしても買わずにいられなかったのです。七面鳥のような太もも…じゃない、太もものような七面鳥!!

<J1第1節@3/9日立台>
柏レイソル 2-0(前半1-0)ジュビロ磐田
得点者:太田、ポポ

-----李-----
菅沼-------太田
----ポポ-----
--茂原---山根--
大谷-小林-古賀-藏川
-----南-----

小林→近藤
菅沼→鈴木
李→大津

オープニングゲームとあって、イベントが盛りだくさんでした。武井さんが食べたことでお馴染みの(考えてみたら、これバラしたの鎌田さんですね…)石崎流お好み焼きこそ即座に断念しましたけど、イヤーブックを買ってはユースのスタッフページが選手より待遇良くなっているのに悪態をつき、自腹を切って座ることは決してないだろうプレミアムクラスのシートにうっとりし(頂いたスープは今日、体調悪くて昼ご飯食べられなかった同僚へあげました。濃くて美味しかったようです)、フードコートの行列に相変わらずいらついてみたり。

前夜の広報日記タイトルが『レイソル大晦日』だったのを踏まえて、いつもお世話になっている皆様へのご挨拶は「あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします」を繰り返しました。(レイソルU-18を見ている)自分にとって、昨シーズンはクリスマスに終わり、今シーズンは1月半ばに始まっているのですけれども。

「ヤナギがゲーフラコンテストにいるよ」と言われ、慌てて会場をチェック。テニスコートはテニスコートでも、ピアノ側なのを失念していました。



参加者に制作意図を尋ねる重要な役割である司会者が、横井・前広報で、公式サイトへの掲載可否を決める審査員が柳澤さん・北嶋さんパッパラー河合さんの3名。リンクはって気付いたんですが、柳澤さん以外みんなbloggerですね。『檄!レイソル日記』で柳澤さんのルックスは何度か話題になっていたのに、初めて話したというのが意外。 いる、と言われた瞬間から、精神というか文化年齢高めな日立台ゴール裏の華であるゲーフラは、柳澤さんにはピンと来ないんじゃないかと心配だったのですが…うーん、どうだったんでしょ。

着席はギリギリでした。すぐ後ろでは、アソシエイツ(レイソルのファンクラブ)へ入ってチケットを取ったと、サックスブルーのチケットホルダーをぶら下げたジュビロサポが誇らしげに連れへ語り、目の前では…ジュビロの控えメンバーがボール回しをしていました。

中山隊長、名波さん、成岡さん、大井さん…カタール国際でも大活躍した山本康裕さん(後半途中から出て、イエローももらってましたが、ユースアウォーズでもMF部門最多得票を集めた選手だけある、と感心しました。器の大きさを垣間見せてくれたというか)以外は、よく知った顔…率直に、懐かしさ、を覚えました。

♪ななみ ひろし あれあれあれ ひろし♪

5年前、菅沼さんの名前を覚えた契機だったサテライトの同カードに、成岡さんと大井さんは高卒ルーキーとして出てました。名波さんと中山隊長のチャントにいたっては、もっと前、あのサックスブルーの海で、何度も口にしたメロディーで。5年経ったからといって、その過去自体は消えるものでもなく…チュンソンや鎌田さんが5年前、青赤を着ていたのと同じで、それは、事実です。揺るがぬ。ただ、5年が経ったんだな、と。

名波さんのあの歌が、何度も何度も歌われたのは、よく、分かる…気がしました。言う資格なさそうですが。

立ち上がりからレイソルのプレッシングは熾烈でした。キャンプでの仕上がり遅れが否めなかった前週を思えば、素晴らしい出来でしたが、同時に、疲労蓄積のない開幕だからこそ止まらないプレスだったとも感じました。これを基準に、緩やかに下降線を描いていくんだろうと。先発メンバーを確認した際は、山根さんが大変そうだと予想しましたが、茂原さんが独特のボールタッチで相手のリズムを狂わしてのキープや運動量で相当の負荷も背負い、ミッドフィールドは縦糸横糸切れることなく、しっかり織り上げられていました。

山根さんのボール奪取はさすがの一言です。後半、レイソル右サイドから侵入してきた相手の前へ体を入れボールを与えず移動させ、最後は相手に当ててゴールラインを割らせたのですが、直後、俺をこんなに働かせるなという顔で当該サイドの主たる藏川さんへ笑いかけ、藏川さんと、それを見ていた古賀さんが笑顔を返していたシーンは、今年も守備の堅いレイソル、と賞賛される予感をもたらしてくれました。

先制点は太田圭輔さん。らしい飛び出しで前にいた能活さんを粉砕する、お見事な一撃でありました。2点目はポポのストロングポイントが炸裂した格好。今年のボールはかなりブレやすいと聞くので、武器が光る場面は増えるのではないでしょうか。守備では祐三さんも、途中、右足首を傷めながらも奮闘。結局は交代となったのですが、ベンチに近藤・鎌田と控えていては、そう簡単に引き下がれないでしょう。ずっと口にしていた開幕スタメンを勝ち取った菅沼さんは、チュンソンが褒めるほど走ってました。特にディフェンスで貢献していたかと。

ジュビロはトップでボールが落ち着かなかったのが痛かったかと。前日見た、山本紘之さんを思い出しました…。駒野さんも本調子でないのは感じ取れました。先程も書いた通り、対面の菅沼さんが頑張っていたのも間違いないのですが、駒野さんがあんなものではないのも、知っていますので。

人生は一本道でも、いくつもの交差点があるのだと改めて感じ入った開幕戦でした。
2008/03/11 22:00:08 | Reysol | Comment 1 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
きのうやぶと、フードコートに開始したかもー。
by: BlogPetのポンペイ * 2008/03/12 09:20 * URL [修正]
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/236-0a42988f
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。