スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
START THE NEXT CHAPTER
♪Let's Go! Let's Go アカイ♪
試合中は右サイド「マスダ」さんのチャントでした。TOPリーグ戦でも、3文字の選手へいろいろ流用されたのを聞きましたが、一番しっくりくるのは、やはり「アカイ」なのです。

キックオフ前から赤井コールをやっていたRKUスタンドですが、タイムアップ後は呼び出しアナウンスのごとく大合唱。出場機会のなかった赤井さんは、RKUベンチ側へやってきて、中野監督たち首脳陣と談笑するのですが、その間さえチャントは止まりません。林彰洋さんの大声は、カシマスタジアム中に響く勢いで。赤井さんは、何度もスタンドへ手を振っていました。振らされてました。親愛なる先輩へ、愛情あふれすぎた野次が降り注ぎます。

<JFL前期第8節@4/27カシマ>
流通経済大 2-1(前半0-0)栃木SC
得点者:沢口、山村、小林

----39木内/2---17沢口/4----
38村瀬/1----33関戸/1--35増田智/1
--------40中里/1-------
36比嘉/1-32山村/1-20C吉渓/4-23細貝/3
--------31増田卓/1------
※布陣は後半途中に取ったので尚更胡散臭いです(自爆)
関戸→37小島/1
沢口→34名雪/1

「栃木」「宇都宮」「那須」「とちぎ」…グリスタの駐車場と錯覚できそうなぐらい、カシマスポーツセンターの駐車場は、栃木からやって来た車で埋まっていました。MDRの配布には間に合わず、DyDoさんのドリンクも缶コーヒーを残すのみ(その節は申し訳なく…>ご一緒した方々)、そしてスタンドの半分は黄色く染まっていました。入場者は1,000人を超えましたが、700~800人は栃木サポさんだと思います。

コアサポさんが振るビッグフラッグに、九尾の狐がいました。私が初めて『流経大の船山(貴)』を見たのは栃木戦なのを思い出しました。あれから2年、いろんなことがありました…RKUにも、無論、栃木SCにも。JFL全体も変化してきたような。

その船山さんも、TOPメンバーと一緒に応援参加です。前のホームゲームとは異なり、身体動かした後のナチュラルハイだったんでしょうか、TOPの皆さん元気良過ぎてビックリしました。大平コーチが「うるさい」と口走った疑惑が湧き出る程に(笑) 一部は最前列で身を乗り出して竹元コーチに窘められたり。

栃木SCは首位で、RKUは栃木に勝ったことがなく、本日のメンバーは新入生中心。そうやって言葉を並べる無意味を教えてくれたゲームとなりました。
(でも、柱谷監督は「今までで一番強い相手かもしれない」と口にして、遠征してきていたのでした)

栃木が地力で上…なんて下馬評を、自分も携えてカシマへ来たのです。しかし、前半からRKUは押し込まれたりはせず、堂々渡り合っていました。JFLチームは、センターラインのぶれなさでは、TOPさえ超えているかもしれません。果敢な飛び出しも光るGK増田(卓)・強さと技術を備え安心して見ていられるCB山村・攻撃にも守備にも憎いぐらい気の効くボランチ中里、いずれも1年生です。大学1年生とプロ契約を結んでいる大人が張り合えたのは、ガチンコ勝負ではなかったから。セカンドボールを秀でた眼と惜しみない運動量でほぼ拾い、どこかチグハグさが隠せない栃木の弱みを、少しずつ暴いていきます。

栃木SCは何故か髪をヒモでまとめた選手が5人もいたのですが、最前線に立つシーサーのような髪型(こら!!)をしたレフティの巻くヒモは、ロゴのせいでシマシマに見えました。背番号11番は元レイソルの石舘さんです。浜松大時代、全国大会でたまたま左サイドをやっていた折にスカウトへ見初められ、SBへのコンバートを前提に大学中退でのプロ入りとなった選手。栃木の最前線で、FWらしい自己中心的な色も帯びたオーラを発し攻め込んでくる姿を見て、適材適所の重要さを再確認しました。レイソルでは神経質な雰囲気を漂わせていたのに…そんな石舘さんを応援していたけれど、ファンから見ても、今の方がずっとかっこいいし、このまま栃木でフットボーラーとして幸せになってほしい、と切に祈ります。

後半、石舘さんが放ったシュートをセーブしたのは、増田さんではなくゴールバーでした。ここから、流れというか運気がRKUへ向いてきたのです。村瀬さんの十八番ロングスローから、フリーでいた沢口泉さんのボレーシュート! 鮮やかな先制点に、後半からは最前列に降りてきた15番(ちなみに、常に最前列keepな主将の隣)含め数名のTOP選手さん“わかてのしごと”発動(微笑) のぼって両腕をブンブン振って喜んでおられました…。

2点目は中里さんのFKから木内さん経由、最後は山村さん。曖昧な書き方しかできないのは、この時、私はこともあろうか栃木サポを写メで撮ろうとしていて、見てないからです…すみません。山村さんのTOPデビューは遠くないと感じています。

さらに1年生が投入され、逆に交代でのシステム変更(中盤をダイアモンドにした結果、RKUがスペースを得た)でみすみす流れを手放した栃木を躍動感で圧倒していきます。終盤、ゴール前でGKがはじいたのを押し込まれる、もったいない失点もあったのですが、そのもったいなさが深いぐらいの、素晴らしいゲームを若きRKU.JFLは見せてくれたのでした。普通に楽しかったです(^^)

1年生、をさっきから連発してますけど、上級生だって奮闘してました。吉渓キャプテンは山村さんとの連係も良くなってきて頼もしかった(ゴールからボールをはじき飛ばすクリアも!)し、細貝さんもこのメンバーでは年長ですから風格も感じさせる突破。乗り切れないながらも白星だけは重ねているTOPですが、JFLチームのパフォーマンスを見ていると、うかうかしていられないと強く感じます。

交代で引き揚げてくる泉さんを、スタンドから大声で呼んでいたのは田村さんでした。手を振り返してもらった田村さんでしたが、少し離れた位置では、船山さんも必死にアピール(笑) 振り向いてもらおうと声を枯らす二人が、ただの泉ギャル(男)で、おかしかったです。

さて、こうやって書いていても楽しさが甦ってくるゲームで、一番嬉しかったのは、他でもない、石戸さんのベンチ入りです!(きっぱり) 二番目は中里さんの「遠くまでお越しいただき応援ありがとうございました」コメント…なんて書くから浮気したと言われてしまうのですね(汗) アナウンスで名前を耳にした時も、先発メンバーから開始直前にボールを回収する姿を認めた時も、心が躍りました。ピッチに立つ姿を見る喜びは、次の楽しみにとっておきましょう。RKU.U-19からドラゴンズ、今年はJFLと着実にステップアップしていること、頼もしく感じています。
2008/05/01 22:52:01 | University Soccer | Comment 1 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
やぶが試合するの?
by: BlogPetのポンペイ * 2008/05/02 09:29 * URL [修正]
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/257-2e6756ea
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。