スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
陰にたゆたう
からの体がとぼとぼと、たつのこのピッチから去っていく。

<関東大学サッカーリーグ前期第8節@5/10たつのこフィールド(第1試合)>
早稲田大 0-2(前半0-2)駒澤大
得点者:森本、三島

----09反町/3-----17中川翔/3---
25寺島/2------------14中野大/3
----02C塗師/4----08中野遼/2----
04中川裕/3-13岡根/2-26小川/2--29宮本/3
---------01伊藤/4--------

寺島→11松本怜/3
中野大→07岩田/4
中野遼→22皆川/2

「…第4審、フクチタツヤ。以上の4氏によって行われます」
開始前に必ず流されるアナウンスの一節。こんなに耳へ残った日はないでしょう。



若干ニヤつきながら、掲示する番号ボード(あれは正式名称、なんて言うんですか?)を手にやって来た福地さん。試合中は紫紺のジャージ上下をまとって着席しているのですが、選手入場時は、両イレブンの前で、かつてイングランドでジャッジを委ねられた紳士が羽織っていたフロックコートに由来するカラーリングと言われる黒のレフェリージャージを着て入ってくるわけで…。

応援している選手が、練習試合でレフェリーをやるのは、何度でも見たことありますが、公式戦で、きっちり審判のウェアを着用する姿なんて、初めて見たから…一種のカルチャーショックでした。どう受け止めようか惑う、そんな段階。大学へ進んでからの福地さんを見ていると、試合は出場する選手だけでは成り立たないんだという、当たり前だけど忘れがちな事実を、いろいろ思い出せているように感じています。

さて、試合ですが―早大のビデオ撮影係が、26番を「小川さん」と呼んでいました。後輩がいるんだ、大学で1年過ごしたんだ、と改めて思い知らされました。立ち上がりから、どことなくエネルギーの感じられない両チームでした。小川さんもいたって静か。凪いだゲームが揺れたのは、セットプレーから。CKがファーに流れ…駒大の選手が、フリーだったんです。何故か。

それから、さして時間の経たないうちに、再びゴールネットは揺らされました。三島さんが岡根さんと小川さんと二人につかれても、振り切って。いや、振り切った三島さんが、というより、DFが緩かったんです。これに限らず、小川さんは寄せる際の思い切りが悪く、見てて苛立つぐらいでした。めいっぱい贔屓目フィルタかけても、擁護できないレベルの。

小川さんだけじゃありません。早稲田の選手は、ディフェンスで、何に怯えているのか不思議なぐらい、おどおどと、手探りしてるかのようにアプローチを選択するのです。躊躇は出足の遅れを生みます。猛烈なマイナススパイラルは、クリアが味方へ当たり大ピンチをもたらすなど、運気さえ早稲田から遠ざけていきます。結果が心を壊し、壊れた心が更なる戦況悪化を招きます。保持してるボールをプレッシャー掛けられただけで簡単に失うなんて…ゴールすぐ前へ陣取るCBに許されることではありません。

でも、今の早稲田は、当たり前が当たり前じゃないんです。誰かの動きに合わせて誰かが動く、3人目はおろか2人目の動きさえ…攻撃も守備も形がないんです。シュートだって、無理気味なロングレンジばかり。後半は、スコア動かなかったのですが、心も硬直しそうでした。打開できるという希望が抱けないから。自分の網膜さえ壊死したのかと思ったし、壊れたはずの目に映った第2試合のRKUは鮮烈過ぎました。

塗師さんが、突破を止められず、肩に手をかけて倒し、イエローカードをもらいました。ここでの直接FKは、どうにか枠を外れてくれましたが、切なかったです。この試合で一番切なく胸が揺れたのは、中野遼太郎さんがサイドへ、難しい体勢からよく見て、素晴らしいパスを配球した時です。じつは第2試合で千明さまがゴールの起点となったサイドへのパスを出した瞬間、このプレーを思い出しました。今季、ア式を何試合か見て、中野(遼)さんは中盤を支え、ゲームを描くだけの力量があるMFだと見惚れました。その選手が…あまり試合に絡まず、途中で交代となってしまったのが、この試合の早稲田をよく示していると思います。

敗北したという事実以上の重荷が、海老茶のイレブンを蝕んでいると感じた試合後でした。魂が抜けたCBへ、声をかける余力を残した者もなく。
2008/05/13 23:18:57 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/262-05ba7c63
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。