スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
世界の形を覚えたのは、いつ?
Jリーグにおけるスカパー!の権力は絶大であると再確認させられました。

<サテライトEグループ第9日@7/27ヴェルディグラウンド>
モンテディオ山形 2-4(前半0-1)東京ヴェルディ
得点者:【山】高橋、廣瀬【東】吉武、オサマ、井上平×2

雷神が関東地方で猛威を振るった日でしたが、ランドは遠雷が聞こえた程度、雨も持参の日傘(not晴雨兼用)でなんとかしのげるレベルで助かりました。

おめあての徹郎さんは中盤の底に陣取りました。モンテディオの一員としてプレーするのを見るのは二度目ですが…予期せぬ出会いで準備運動はしていたとはいえ(その節はありがとうございました!)、胸に「平田牧場」のロゴが躍るブルー×ホワイトのストライプが鮮やかなゲームシャツをまとう姿は初見。インパクトがありました。徹郎さんが選んだ道との(物理的かつ心理的)距離を感じた、とも言います…。

早々と(2分)ヴェルディが先制し、そのまま主導権を握ります。モンテディオも反撃の機会をうかがいますが、徹郎さんもようやく開いたシュートコースをこじ開けに行ったら、“ガンダム”飯田先輩の長い足を伸ばしたスライディングに阻まれてしまったり。この日の飯田さんは、どちらかといえばカバーを担当してましたが、CKなど空中戦では、やはり高さを見せつけておりました。

後半開始直後(48分)には、私から見たら目の前だったけれど若干不思議にも感じた判定でモンテディオがPKをゲット、これに義成さんは反応していたものの、ゴールはネットインで同点。さらに左サイドからの素晴らしいクロス(これも真横だったので、ヴェルディの高い中央守備をうまくすり抜けてファーへ飛んでいった弾道に唸りました。供給元の選手名を控えられなかったのが、この日最大の不覚)から廣瀬さんがどんぴしゃヘッドで合わせて勝ち越したのです!

前半は財前さんが腕章を巻いていてビックリしたモンテディオですが、メンバーが変わっていき…渡辺さんOUT以降は中盤での攻防で一気に分が悪くなってしまい、防戦一方に。ぽんぽーんとクロスへ飛び込んでのゴールを許してしまったのですが、これを決めたのが井上平さんだったと知ったのは、タイムアップ後でした…本当に使えなくてすみません。

モンテディオとしては残念な結果に終わってしまいましたが、Jリーガーとしての勇姿を公式戦(サテライトも一応…)で見られたのは、良かったです。2日前の途中出場でも見せ場を作っていたようなので、今後に期待です。

さて、この日は最後に予想外の展開がありまして。


クラブハウス前にいた出待ちする人々のところへ突っ込んできたバス。見たことありすぎるエンブレムが正面に…窓越しに見えるコーチの顔にもしっかり見覚えがあって、私と某さん硬直(苦笑)

あーる・けー・ゆー。
たつのこ@JFL横河戦を諦めて来たランドなのに、なんでRKUとご対面するかな…密かに、飯田さんにサイン頂戴しようかともくろんでいたのですが、これは当分出てこないな、と諦めました。帰り道、クラブハウス横でRKUコーチ陣と談笑している飯田さんがピッチの反対側から見えましたもの。

揃いのシャツを着てゾロゾロ降りてくる若者がどうにも気になってしまい、「真剣に見すぎ」と言われてしまいました。帰宅してから知ったんですが、◎〒※●△●代表(終わったことなので伏せる必要はないかもしれませんが、おおっぴらになっている話でもないので…一応)と対戦したんですね。知っていたら帰らなかった人もいそうですが、申し訳ないです、情報通でなくて。見ないで帰りました。

2008/07/29 05:52:20 | other Footballer | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/301-912599a0
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。