スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
さいたま市岩槻区
豊田国際ユースでのU-16日韓戦、日本に勝ち点をもたらしたのは、それまで芳しい動きではなかった宇佐美くん(ガンバユース)が終盤に挙げた2得点でした。たとえ、良かったと形容できるのが最後の数分のみだったとしても、それで確たる結果=得点を挙げれば許される、仕事を果たしたとされるのがFW。

そんなやり取りを挟みつつ、アッパースタンドから眺めていたのに。

<J1第20節@8/9埼玉スタジアム2002>
柏レイソル 2-2(前半1-1)浦和レッズ
得点者:菅沼、阿部勇、永井雄、フランサ

グリスタでアウェーの魔力に魅せられて参戦を決めたものの、レッズのホームゲームはかつて駒場へお邪魔した経験が2回あるのみで、いずれもチケットは他力入手でした。よって、今回はチケット取りからいろいろと近しい方々(複数)よりご教授いただきました。ありがとうございます!

ケータリングカーに30分並んで買ったご飯を片手に、アッパーのSC席目指し、階段をひーひー登りました(エスカレータ使えば良かった…) 私の席は2人連れの間にぽつんとあったインターバル。右隣は全身を真っ赤なオフィシャルグッズで固めた田中達也ギャル2人組で、アクシデントゆえ急遽出場回避となったがゆえ、しばし阿鼻叫喚モードでありました。それでも、試合が始まれば、遠いゴール裏の声に合わせ、腕を突き上げてまでコールをやってのけ、芯の強さを見せたのでした。

正直言うと、右隣はまだ外見から予想できるアクションだったのです…。浦和の底力を感じたのは左隣。とてもお上品ないでたち(ぱっと見た感じ、サッカー観戦というよりパーティな感じ)の女性とそのエスコートといった趣でしたが、二人ともこれまたばっちりチャントが歌えるんです。SC席全体で見れば、黄色くなって、必死になってゴール裏に合わせて手を叩いている方も散見されましたが、個人的には楽しみにしていた鎌田さんのNEWチャントもさっぱり聞こえないという、スーパーアウェーなシチュエーションでした。

だから、結果的にレイソルの1得点目はノーリアクションで耐えたし…レッズの2得点では、立ち上がるのみならず、何度も飛び上がって喜ぶ両隣の足がバコバコ当たりました。別に、怒ってるわけじゃないです。コーナーを回ろうかという位置に着席する人ですら、ここまで声を出して後押しできちゃうのか…と感心にも近い驚きを覚えたんです。


【1st・続きは月曜夜以降】
2008/08/18 00:38:18 | Reysol | Comment 1 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
やぶが得点したの?
by: BlogPetのポンペイ * 2008/08/20 13:37 * URL [修正]
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/312-d3f43d61
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。