スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
Flowers For Football
『制服を着ていれば、彼らもやはり高校生。』
『同じユニフォームを着る以上、高校生だなんて言い訳は無し。』
どちらも“間違いではない”けど、どちらが“正しい”?

<サテライトAグループ第14日@10/5馬入>
柏レイソル 0-1(前半0-1)湘南ベルマーレ
得点者:永里

---11工藤/3----27大津----
20指宿/3----------19武富/3
---17仙石/3----24柳澤----
22山崎/3-30島川/3-26大島-23茨田/2
-------31C加藤-------

45m:加藤、柳澤→01桐畑、13畑田/3
61m:指宿→36川尻/2
75m:武富→29鳥山/1
85m:工藤→35仲間/1

臨時駐車場から堤防へ向かうと、荷物を運んでいる黄色いシャツの一団と出くわしました。指宿くんと鳥山くんのコンビでクーラーボックスを運んでますが、傾いてますよ…! 他にもぞろぞろと運搬に励む面々は、レイソルU-18ばかり。高円宮杯は負けてしまったし、Jユースカップだったかな、と昨秋の記憶と混同もして、何を見に来たのか分からなくなりかけました。

混乱が最高潮に達したのは、選手入場時。先頭で入ってきたのは、仙石くん! いつから二種の大会にオーバーエイジ枠が認められるようになったのかな、と言いたくもなりましたが、イレブンが横一列に並ぶと、最後尾で大津さんに腕章をつけてもらっていた加藤さん(この二人はアントラーズ下部組織の出身ですね)が慌てて審判の隣へイン。先発の平均年齢19.18歳です。

レイソルU-18のレギュラー7人が並び、ましてペースメーカー仙石くん(プレースキックも全て担当。何回コーナーへ歩いたか)が試合開始からいますので、展開されるのはお馴染みの高速パスワーク。柳澤さんが奪い、仙石くんが散らす役割分担となってましたが、柳澤さんがボールを受けると球離れが一人だけ遅く感じられる程の達磨サッカーぶり。ジェフ戦に続き、そのリズムへすんなり溶け込んでいる大津さんに感嘆させられるのでした。

大津さんの凄いところは、そのテンポであってもトリッキーなパスを混ぜ、味方がついていけずにボールロストとなってしまったりしていたところ。特に後半、いい位置でフリーなのに呼んでもボールが来ないシーンがいくつかあって…。

柳澤さんはアプローチ強く行き過ぎてイエローカードもらったり、膝のコンディションもあるんでしょうが(45分での交代は予定通りだとか)前半終了間際にはバテてしまったりと、まだまだ回復途上なのだと感じさせられました。そうそう、後日お会いした折、「廉はウマイっすよ!!」とコンビを組んだ後輩を絶賛していました(^^)

先輩らしさを示せなかった柳澤さんと異なり、意地を見せてくれたのは大島さん。開始当初は、声を掛け合わないものだから島川くん(どちらもシマと呼ばれてましたが、選手間では区別ついてたんでしょうか?)とことごとくかぶって、おいおい、と落胆させられましたが、徐々に島川くんが競り、大島さんがカバーと仕事がハッキリしてきて…大島さんがピンチをよく防いでくれたのです!

大島さんが強みを発揮したのは、やはり、身体の違いが大きいでしょう。武富くんのテクニックが光ったシーンもありましたが、全体ではパスワークで相手をズッタズタとはいかず、逆に両サイドを…特に茨田くんが対面の永里さんがえぐってくるのに苦慮する回数が多かったです。なんとかしのいでいたのですが、30分、中央からドリブルを仕掛ける永里さんにボランチとCBがそれぞれ1対1での阻止かなわず、シュートまで持っていかれてしまったのです。

後半は畑田くんが登場して、さらに“いつものレイソルU-18”らしく(後半開始時の平均年齢は、「プレ通」によると18.27歳だそうで)なるかと気分も高揚しましたが、寄せられてボールをキープしきれない光景も散見され、パスを何本も繋いでゲームを支配するという恒例のプランニングには至りませんでした。

でも、良い経験になったはずです。特に3年生には。二種年代という閉じられた世界(スペインで戦った相手だって、下部組織であるのは同じですから)を席捲してきましたけど、年が明ければ、この日の対戦相手と同じ(あるいは、もっと高い)レベルのフィールドへ放たれ、パスを交換する仲間だって熟知し合った仲間とも限らなくなります。通じる面と通じなかった面を把握して、残り少なくなったユース生活の課題としてくれれば、十二分です。

下級生の、鳥山くんのスピードや仲間くんのドリブルにも期待を寄せたのですが、さすがに甘くありません。ただ、プロ選手とも同じ土俵で渡り合えるのがJユースの魅力。今度マッチアップするチャンスがあったら、打ち負かしてやればいいんです。この日は負けてしまったけれど、未来へ向けて希望を膨らます空気入れをバンバン動かせた、楽しいゲームでした☆

…何よりの収穫は、REN SMILEですけど♪(えー!!)
2008/10/13 21:19:24 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/338-fb21cf08
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。