スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
OH! OUR FAIRY [Side-R]
『きっと夏が過ぎて、涼しくなったころ、また3番のユニフォームを手に取る日が来るだろう。』
MDPペーパーのマネージャーコラムでそう綴られたのは、前期最終節・中大戦でした。

<関東大学サッカーリーグ第19節@10/25西が丘(第2試合)>
流通経済大 4-1(前半2-0)中央大
得点者:【流】三門、船山(PK)、張、楠瀬【中】新田

----34張/3----15船山/3---
07楠瀬/4---------14金久保/3
---26千明/3----05C三門/4---
06宮崎/4-03染谷/4-28山下/4-02保崎/4
-------22増田/1-------

66分:船山→29宇賀神/3(金久保が前へ)
81分:山下→04加藤/4
88分:千明→18フランク/2

第1試合のハーフタイム、ぞろぞろとピッチの端から端まで集団で踏破(芝チェックだから踏んで歩くのは当たり前ですが、なぜ彼らだとプレスをかけているように映るのか…)するRKUイレブンに、この前たつのこで見た覚えのあるホワイト×イエローのadidasを履いたスラリと脚の長い選手がいました。試合途中にメインスタンドでキャリーバッグ引きずりつつ打ち合わせしていた部員さんが、ゴール裏の空きスペースへ幕をはり始め、『示せ。強さ・たくましさ リーダーシップ』のコピーを認めた時には、待ち遠しすぎて幻覚を見たわけではないと確信できて、心躍りました。

マッチデー『if』でも、中野監督が前節6失点した専修大戦での戦いぶり、特に「最終ラインが簡単にやられすぎ」とお怒りを爆発させており、「大幅にメンバーを代えると思う」と予告されておりました…が、その割には、芝チェックに出てきたメンバーは見慣れた顔触れだとも感じました(RKUは、大ナタを極限までに振るってしまえば、全員替えても試合ができる部だと私は考えてます…あくまで、私は)

いや、DFラインは宮崎さん以外総入れ替えですから、十二分にナタ振るってると普通は言うのでしょうが。染谷さんが先発だと分かったのは、アップで先発とサブメンバーが分かれた時。不安もあり、不在中、ずっと描いてきた幻想が具現化された感激もあり。

RKUにとっては久しぶりの西が丘ですが、訳あって0.75試合しか観戦してない(近頃こんなのばっかりですね…)ので、大きなことは言えないのです。それでもゴールは全部見られたので記しましょうか。って、こんな書き方も前期最終節と同じですね。

30分過ぎに迎えたセットプレー、キッカー宮崎さんは右サイドの三門さんへ配球。三門さんは前方の船山さんへボールを預け、自らはゴール方向へ。船山さんのクロスはファーサイドではじかれるも、飛び込んだ三門さんがSHOTS ON GOAL!! さらに船山さんが再び右サイドを侵食、相手DFはスライディングをかけて止めたのですが、これがPKとの判定。ボールを持ったのは、以前、大臣杯予選で配布されたペーパーにて椎名副将が「(試合中の)PKは職人がいるから。スナオが」と語っていた保崎さん。

…と思いきや、右横から近づく影。プレッシングに屈した(?)保崎さんは、ボールを影へ譲ると、影の背中をヒールで蹴って(!)離れていきました。PKはゴール左へ刺さり、影は両手を耳に当てるリケルメポーズを対戦校の部員がいるスタンドへ向けて披露したのでした。いくら自分の突破で得たPKとはいえ、ちょっと性悪(※)ですよ船山さん!! こんな船山さんを、ペーパーの一言アンケート『サッカー部で一番優しい人』で挙げて下さったキャプテン三門様は天使です!(←これが言いたかった)

※昔のように誤解を招くといけないので補記しておくと、船山さんは優しい方です。「全身から優しさが出てる」西さんとは逆で、身体の奥底に湛えられてるのですが。優しくなかったら流経大まで追いかけてきてないです、本当に。

…脱線してますね、すみません。三門さんはピッチ全面制覇しそうな運動量で攻守に渡ってチームを牽引していましたし、保崎さんの守備はバックラインで大きな役割を果たしていました。染谷さんは試合勘を取り戻すのに苦労しているようで、中野監督よりポジショニングについて怒鳴られるなど、らしくない姿もありましたが…それでも、いてくれて良かった、帰ってきてくれてありがとう、と言いたくなるピンチ摘み取りぶりなのでした。もっとも、摘み取っても残ってしまった危機も少なからずあったのですけれども。

後半開始間もなく、左にいた船山さんからボールを受けたセンターの千明さんがヒールで攻撃参加してきた宮崎さんへ…と、こんなにテクニカルなパスワークはいつ以来だろうと唸った展開(RKUの第一印象は、2年前、そんな回しをゴール前で無駄な域にまで繰り広げて逸機していたチーム…だったりします)があったんですけど、ボールを奪われて綺麗にカウンター発動。新田さんに決められてしまうのですが、美しさと脆さは、ずっとRKUが克服しようとしてきて、もうほとんど乗り越えられてるんじゃないかと感じている面を、この期に及んで垣間見せてくれたのでした。でも…私、ああいう繋ぎ方、好きでたまらないんですよね。

後半20分過ぎ、宮崎さんがバックライン中央から少し前へ出て、右サイドを駆け上がった三門さんへパス。ゴール前の船山さんが要求した通り、ボールは前方のスペースへ見事に放り込まれたのでした。ワンポイントで足に合わせた船山さんですが、ゴールを大きく超えていきました。直後、船山さんは宇賀神さんと交代してベンチに座ったのでした。

中盤で相手を捕まえきれず、千明・三門コンビだけでなく宮崎・楠瀬にも檄を飛ばす監督。重い空気を吹き飛ばすのは、やはりゴール! 金久保さんが相手陣内で奪ったボールを飛び出した三門さん(なんだかんだでいい位置にいる主将は素敵です。その位置を嗅ぎわけちゃうんですから)へパス、自分でも行けそうでしたが、右横へフリーで走り込んできたジャンさんへ譲り、もちろんジャンさんはネットを揺らしたのです。

さらにボールを持ってゆっくり攻め上がる金久保さんが、これも打てそうな位置でしたけど、左サイドでフリーだった楠瀬さんに任せ、「あきくん」(by千明さま)も期待に応えたのでした。試合を組み上げる力量のある選手が複数ピッチへ立っているRKUですが、金久保さんも持てる力を誇示できるぐらいフィットしてきました☆

中大側のメインスタンドが、折々に阿鼻叫喚とも形容したくなる悲鳴や歓声をあげるため、スタジアム全体の雰囲気が引きずられてもいましたけど、RKUは加点というシビアな現実・結果で白星を固めたのでした。まずこの試合に勝つ、そのためにすべき最善を選択する。優勝は確実に近づいてきていますが…負傷者が続々と復帰し、憎いまでの充実したサッカーを魅せる“RKUらしさ”が蘇ってきている現状は、同時に、優勝の瞬間にピッチへ立てる11人の1人になる権利争奪戦が、どんどん過酷になるとも言えるのでした。

長いリーグ戦へ出場した誰の貢献がなくても、優勝にはたどり着けません。しかし、みんなの頑張りの積み重ねたる“過去”は、試合に出る11人がセレクトされる“未来”とは、ダイレクトに繋がってはいないのです。熾烈な競争こそがRKUの原動力。そんなこと、改めて言うまでもありませんが…やっぱり辛いんです。3年の秋になっても、いまだに、幕がはられ始めると血まなこになって探すし、アップでも見つけられないと不安になるんですよ。今から思いますもの、なんで、優勝が決まるだろう試合だって、11+3人しか出られないんだろう、って。

最後は、ようやく後期リーグ戦登録31番まで揃えられた(無論、コンプリートには程遠いです)選手幕キャッチコピー備忘録。畳みます。


中野監督:闘将
川澄コーチ:クールな指揮官、流経大のKING★KAZU
大平コーチ:熱いハートと的確なコーチングで選手を統率!!

[1]林(彰):世界に羽ばたけ!ゴール前のスパイダーマン
[2]保崎:吠えろ!叫べ!動け!毛獣王
[3]染谷:示せ。強さ・たくましさ リーダーシップ
[4]加藤:ヘディング命!!ボンバーヘッド!
[5]三門:全てを兼ね備えた中盤のダイナモ!!

[6]宮崎:レフティモンスター and 堅い守備
[7]楠瀬:土佐のキュン×2ドリブラー 嵐を起こせ!
[8]西:九州代表!熊本生まれのドリブルキング!
[9]池田:WIN BY ALL WINNING!!
[10]平木:Enjoy Play Soccer.楽しくなきゃ意味がない!

[11]武藤:サッカー大好き小僧!とにかく点が取りたいんです。
[12]田村:やるときは、やります。シュートのコツを知っています。
[13]山村:-鉄人CB- 全てをシャットアウト!!
[14]金久保:Mr.テクニック 観客を魅了せよ!
[15]船山:リアルストライカー!!になる。

[16]佐藤:流大の2代目キング!テクニック系
[17]沢口:ストライカーへの指令…「ゴールを盗め」
[18]フランク:ラテンのリズムで相手を圧倒!!
[19]宇佐美:縦横無尽にピッチを走り回りチャンスメーク
[20]吉渓:相手を潰す事のみに生きる男!!

[21]椎名:副キャプテン 副寮長 怖いもの知らずの男!!
[22]増田(卓):まさに鉄壁!!安定感抜群じゃけん!!
[23]細貝:キレキレのドリブルで突き進むサイドアタッカー!!
[24]中里:ゲームを支配する中盤のコンダクター!!
[25]比嘉:攻め続けるサイドバック!!攻撃は最大の防御!!

[26]千明:確かな技術で攻撃をコントロールする小さな巨人!
[27]石川:SPEED KING!オーバーラップでガンガン行くぜ!
[28]山下:ヘディング命!得意技は空中散歩
[29]宇賀神:笑顔のサイドアタッカーは流大の切り込み隊長!!
[30]林(相):韓国のイケメン!スピード★スター★

[31]大橋:1対1は“必ず”止めます!熱きGK!

2008/10/27 22:24:57 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/345-7ed0a21f
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。