スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
『彼が立つピッチ。』
柿谷さんが会報『12th』で言っていたのです。今、手元にないので、うろ覚えですが…セレッソでプレーできて良かったこと=森島さんとサッカーができたこと。柿谷さんは4歳からセレッソのスクールにいてトップまでたどり着いた選手ですから、クラブのイコンへ対する想いは人一倍ですが、同じチームで長く闘った象徴を頂くクラブであるセレッソと、サポーターや同僚に愛されてスパイクを脱ぐ森島さん、どちらもひどく羨ましく感じました。

<J2第45節@12/6長居>
セレッソ大阪 2-1(前半0-0)愛媛FC
得点者:【媛】江後【大】酒本、カイオ

J2最終節、他力ながら昇格を賭けたセレッソを、メインスタンドのブルークッションが敷いてある席で観戦しました。こんな良い席で見たことがないので、試合中、いつのまにかクッションがずれて落ちてしまっていたり(汗) お陰様で森島さんの引退セレモニーも存分に拝見できまして、若干の申し訳なささえ。これも常日頃がんばっているご褒美でしょうか(やや開き直り)

セレッソは動きが硬く、愛媛に押し込まれます。他力にすがる条件として勝ち点が必要なのも理由でしょうが、何より引退試合を汚すわけにはいかないという強い想いが逆に鎖となっていたのでした。誰よりも縛り付けられていたのは香川さんで、何回か決定機でシュートを外してしまいます。

また愛媛GK多田さんも、古巣の…私たちのそばへ座っていた熱狂的セレッソサポも「大介、堪忍や!」と叫ばずにいられないスーパーセーブを連発。J'sGOALでも「試合中は勝つことだけを考えていた。ただ、気にならないといえば嘘になるし、最後に一緒にピッチに立てたことは嬉しい」と内なる想いを吐露していました。

セレッソの攻撃で重要な役割を担うのは、マリノスからやってきた乾さん。柿谷さんが試合に出ていないのは乾さんが活躍しているからと知り、複雑な気分でした。先制点を許しながらも、同点からあっという間に勝ち越しまで至ってしまうあたり、セレッソのチームカラーは健在なのでしょうか。

この日の目的は、羽田さんのプレーを生で見ることでした。シーズン途中から、自身も好きなポジションと語る3バックの中央をこなしています。愛媛戦では、藤本さんにむしろ助けてもらう場面も結構ありました(…)が、羽田さんに関しては、試合に出場できるなら、サッカーができるなら、それだけで十二分に幸せで、他に望みなどありません。プレーできる幸福が、ずっと羽田さんにあるようにと願うばかり。

勝利を収めたものの、ベガルタが勝利し、自力で入れ替え戦出場をつかみとったため、セレッソは来季もJ2が決定しました。スタンドでは文明の利器〔モバイル〕のせいでサポも早くから諦めムード漂わせていたりもしましたが、選手には終了後に伝えられたようで、最終戦セレモニーのために出てきたセレッソ全選手、重苦しい表情でした。そんな中での監督挨拶で、地球の裏側にオープンした日本料理屋をオチへ持ってくるクルピ監督。やはり浪花のクラブを率いるには、このくらいの(笑いの)才覚は必要みたいです。

いや、試合終盤、逃げ切れるか怪しかった展開とはいえ、なかなか森島さんを呼ばない監督に対して、スタンドのフラストレーションは半端なかったですから…日本人の情緒を理解するって大変だなぁと。

これからもセレッソが栄冠をつかむ日のため力を、と語るセレッソのイコン。やっぱり羨ましい限りです。ここからご家族の花束贈呈まではしんみりムードでもあったのですが、選手に肩車されての場内一周あたりから雰囲気が緩み、ゴール裏から久々に飛び出した♪モーリシのゴールが見たーい♪チャントへ応えて、本当にゴールへボールを蹴ったあたりから明るいものとなりました。だって、森島さん、そのシュート外すんだもの!(笑)

ゴール裏から差し入れられた白いシャツに着替える際、脱いだ8番のユニフォームを香川さんへかぶせた森島さん。恐縮しまくりながらも受け取った(外野がどう思おうが、当人が宝物と断言できるなら問題なしでしょ)香川さんの表情、とても印象的でした。そして再びチャントが繰り返され、今度は香川さんのパスを受けてゴールゲット! なじみの飛行機ポーズ…ラストフライトが行われたのでした。MDPでも森島さんとやりたいを連呼し、ゲームでは森島さんとの交代となってしまった香川さん。

「背番号8をもらっていいのかな、という気持ちはありましたが。本当にもらえるらしいので、宝物にします」

ミスターセレッソは努力家で、謙虚でなければ―後継者がちゃんといる点でも、セレッソは羨ましいクラブだと思いました。羽田さんの来季は分かりませんが…良いチームと縁あったのだな、と嬉しくなりました。

以下、私信。


この試合は愛媛からいらっしゃった某さんと一緒に観戦させていただきました★ 無理やりチケット押し付けてすみません。何より嬉しかったのは、ずーっと食べたくて仕方なかった『霧の森大福』をついに食べられたこと! 入手および持ち運び難易度が高いので、自力では無理だと諦めてました。とても嬉しかったです。美味しかったですよ、“ヤナギ”の味ばかりが私の場合は口いっぱいに広がって(笑) 愛媛は美味しいものがたくさんあって素敵な所だと思います。

来年は博多の森…違った、レベスタへご一緒しましょう♪(東京からだと行きやすいんです…すみません) 博多にあるLUSHはキャナルシティと天神・岩田屋の2ヶ所ですが、キャナルシティは大好きなスポットなので☆

2008/12/30 19:53:22 | other Footballer | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/381-70f2c73e
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。