スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
塩豆大福
ほんのりしょっぱい豆、絶妙な柔らかさの皮、上品な甘みの餡。相反する味を包括しながらも、大福は和菓子です。

J1リーグ戦へボランチとして出場するには、どれだけ多くの能力を備えていなければならないのか。関東大学オープニングフェスティバルから、いろんな選手が中盤の底で立つ姿を見てきて、ずっと考えさせられています。相手へタイトに寄せてボールを奪うのも、タスクの一つでしかありません。前線と後方の繋ぎ役として位置取りを工夫し、我が物としたボールは味方に好機を呼び込める位置へ放つ必要があります。

2種年代を卒業後、プロではなく大学サッカーへ進む選手は、全体的に“短所もハッキリしているが、同時に長所もハッキリしている”ことが多いです。センターバックは“強さ”という特色が何よりも求められるポジションで、それを大学での実戦経験で磨いた末に、Jで出場する選手も割と見かけます。ボランチは…どこよりもトータルで高い能力が要求されるポジションでは、どうでしょう?

…塩豆大福はめちゃめちゃ美味しかったです(←これが言いたかった。どうもありがとうございました!)

<サテライトリーグAグループ第1日@3/8日立台>
柏レイソル 3-0(前半3-0)東京ヴェルディ
得点者:北嶋、大津、澤

------09北嶋------
27大津---08澤----14太田
---02鎌田---17C永井---
30酒井-03近藤-26大島-23藏川
------01桐畑------

澤→32武富
桐畑→31加藤
藏川、北嶋→38アデバヨ、36工藤(大島が右SB)
近藤→37山崎(大島が再びCB)

J開幕翌日の試合とあって、先発選手の平均年齢はレイソル約24歳・ヴェルディ約25歳とかなり高め。指揮を執るのはレイソルが井原ヘッドコーチ、ヴェルディが今年からトップに上がった柴田コーチ(鎌田さんのFC東京U-18時代の恩師)。目を惹いたのはMLで飛び跳ねていたレイソルサポの方々。サテライトでの声出し、私は初めて見ました。

平均年齢は、サテライトにおいては“試合の意義”(調整or育成orアピールゲームetc.)を左右するファクト。序盤のレイソルはゆったりとしていましたが、言い換えれば、それでも試合を進められたわけで。先制点はレイソル。右の太田さんから入ったクロスを決めきれずにスタンドを残念がらせた北嶋さんが、藏川さんからの先程よりも速く難しいボールを頭で合わせちゃいまして。さすがです。2回ともマークについていたのは飯田さん@RKU卒業生なんですけど…。

飯田さんは澤さんの3点目でも、思い切り抜かれてしまって。背番号が一気に軽くなった(Jで登録されている背番号は#4。昨年は#27)のは、チームから期待されている証のはず。頑張って下さい。同じことは、鎌田さんにも言えるわけで…ミドルを大きく浮かしすぎて失笑を買ってしまうのは、スタンドの“空気”が良質とは言えないゆえですけど、寄せても奪い切れなかったり、せっかくのマイボールをコントロール甘くて無駄にしてしまったり、ボランチはとにかく要求が厳しいポジションだから、その位置で戦力としてカウントされるには、もっともっと頑張っていただかないと。

2点目をもぎとったのは大津さん。浮き球を全身で“うまく”トラップして相手をかわすのに成功し、サイドネットへ巧みに蹴り入れまして。昨シーズン序盤は1トップ起用で苦しんだ大津さんですが、鍛えて強さを手に入れた今は強く…倒れなくなり、チャンスをいくつも創出する起点となっていました。レイソルの若手で最も成長を感じる選手と言えます。

後半からは茶髪がまぶしい武富さん、そしてヴェルディ側では明大卒の林さん(明大新3年・レイソルユースOB山本さんの師匠にあたるFW)が登場。武富さんは今まで私がお目にかかれなかった(噂では聞いていたのですが)変態チックなキレキレぶりを披露も、終盤には消失。らしいと言えば、らしいんですけど。

更に後から登場の山崎さんは、最初は右SBだったんですが、いつの間にかボランチ(そして鎌田さん左SB、酒井さん右SB)へ移っていて、するするとゴール前へ進出しては惜しいシュートを放つ持ち前のシャドーストライカーぶりを発揮。ヴェルディも最後は飯田さんを前線へ上げるパワープレー(なんだかんだで鎌田さんとは何度かマッチアップもあって、ラストにはそのぶつかり合いでイエローも頂戴)もありましたが、結局点は取れず。林さんはなかなかボールに触れませんでしたが、触れば柔らかい扱いが印象的でした。久々に見た弦巻さんも、ボールはよく触ってましたが、決定機演出までは至らず。

…どうにもトーンが暗いのは、比嘉さんがベンチに入ってなかったからです。ご容赦下さい。仙石さんは石川先輩や浩太王子、栗澤先輩たちと一緒に試合を眺めてましたが、今年は保有選手数が本当に多いんですね。練習試合をキャンセルしまくった昨年とは違います。
2009/03/08 22:43:18 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/408-ca01c911
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。