スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
スタジアムは何も語ってくれない
柏駅へたどり着いたのは19時過ぎ。黄色いグッズを身につけている人がたくさんいました。モバイルレイソルで経過は追いかけていたから、どんな出来事がこの人たちに襲い掛かったのか、一応“分かって”はいたのですが、正直、試合の状況を聞きまくりたい衝動を抑えるのに必死でした。

そのままレイソルロードを逆流。こんな時間に引き揚げてくるのは、コアサポでしょうか…漏れてくる単語「神戸」「湘南」などがレイソルの置かれた立場をほのめかします。

どれだけの熱気と失意を飲み込んだのだろう…

後片付けするスタッフぐらいしか見当たらず、どんどん施錠+消灯されていく日立台で―見かけた、たくさんの黄色い人たちが直面した“現実”を想う、もうそれくらいしかできないから。

Sawawa(TX沿線誌)とモバイルレイソルのパンフ、そしてVitoria(これはお金を払って買うものだから、つまり、わざと捨てていった人がいるのです…)を道で拾いました。

パラパラとめくって、須藤くん・山本くん・大島くんが11/11(サハラ鹿島戦前日)に、学生の身でありながらプロばりに社会福祉活動へ参加したという記事が目に留まりました。

そんなことが、そんなこともあったのか…と。

今、チュバテレの録画中継を途中から見ているんですが、TVから風は吹いてこないんですよ…肌を刺す寒さも熱気も感じ取れません。体は一つしかないから、どうしようもないのですが。
2006/11/26 20:45:52 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/42-cb939f3d
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。