スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
小悪魔の夢と目覚め
「見ろ!見ろ!!見ろ!!!」
トラックの彼方より聞こえる“懐かしい”怒鳴り声。理想から離れていく現実を繋ぎとめられる力は、誰のどこに宿っているのだろうか。

<関東大学サッカーリーグ第3節@4/23三ツ沢陸上>
流通経済大 2-1(前半0-0)神奈川大
得点者:柳、伊池、千明

---30上條/2---09C船山/4---
06宇賀神/4-------18フランク/3
----32柳/4----08千明/4---
15比嘉/2-04及川/4-03山村/2-02石川/4
-------01林/4--------

67m:フランク→10金久保/4
74m:宇賀神→20張/4(船山が左OHへ)
89m:柳→28天野/2

2日前に土砂降りの御殿場で、U-20日本代表との練習試合をこなしたRKU.TOP。中1日でのリーグ戦ですが、中野監督が取材で語ったところによると、総理大臣杯(本大会)が中1日での4連戦になったり、プロリーグでもリーグ戦&カップ戦で週2試合は普通なのを意識してセッティングした“負荷”だそうで。

ゲーム間隔が狭くても、どれだけ動けるか。RKUイレブンは残念ながら、動けていませんでした。相手の神大も、エース三平さんを開幕より負傷で欠いたままで黒星を重ねており、RKUの緩いディフェンスの合間にぽっかりとできたエアポケットをたびたびゲットしながらも、フィニッシュが枠を捉え切れません。RKUのオフェンスはといえば、久々に出場したフランクさんが積極的にシュートを打ってはいましたが、これもまたマウスへ飛び込まねば『強引』の一言で片付けられてしまうのです。

両チームとも、特に見せ場らしい見せ場も作れぬまま、前半終了。ハーフタイムは大目玉間違いなしだと感じましたが、実際どうだったのかは、部外者には分かりません。仕切り直しの後半序盤、千明さんが左サイドへ開いたパスを受けた宇賀神さんが、日頃から一緒に居残り練習をしている(fromゲキサカ)という柳さんへクロス。想いに応えて放たれたダイレクトショットは、ネットインしたか視認が難しい程のスピードでゴールへ飛び込んで、ネット内から跳ね返ったのでした!

時折、技術の光る動きでチャンスを生み出していた(本来はチャンスメーカーでなくて、フィニッシャーであらねばいけないんでしょうね…)船山さんは、動きの重いチームメイトへの怒りを声と後方まで戻ってのカバーで表現していましたが、厳しく映った判定でイエローカードを頂戴。ここ(神大右サイド)からのFKを、ヘディングで叩き込まれてしまったのでした。前節の失点もセットプレー絡みでしたね…。

傷めた箇所があり、ベンチスタートだった金久保さんの投入を決意するRKU。しかし、逆風は止まりません。宇賀神さんが押されて転倒した際に左足首を傷めてしまい、交代を余儀なくされたのです。ただ、前週、同じ会場で行われた試合の記憶は、何があっても諦めてはいけないと、観る側の気持ちを支えてくれました。

柳さんが奪ったボールは意地と共に、今年はミドルを意識しているという千明さんへ渡され、左サイドから斜めに引かれたグラウンダーの線は、ゴールの中まで途切れず続いたのでした! 喜ぶあまり、ユニフォームをパフォーマンスでかぶってしまい、競技規則に警告対象と明記されているがゆえ、しっかりとイエローカードをもらってしまったのは余計ですけど。

残り時間、タッチライン際での判定を巡って、キャプテンがエキサイトしかけたり(2枚目もらったらどうしようかと思いましたよ…)、またまたセットプレー(CK)からのヘディングシュートがバーに当たって救われたり、息も絶え絶えなRKUでしたが、どうにか勝ち点3だけは掌からこぼさずに済みました。結果よりも課題という収穫の多い試合ではありました。
2009/04/25 20:39:14 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/429-7c7ac189
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。