スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
こおりみず
「ざと!」
中里さんが、天使に見えた。

<関東大学サッカーリーグ第5節@5/4西が丘>
流通経済大 2-0(前半2-0)専修大
得点者:宇賀神、上條

---30上條/2---09C船山/4---
06宇賀神/4--------10金久保/4
----32柳/4----08千明/4---
15比嘉/2-04及川/4-03山村/2-02石川/4
--------01林/4-------

77m:石川→23高野/4
78m:船山→05中里/2(金久保がFWへ)
86m:宇賀神→26葛島/4

専修には苦手意識があります。少なくとも私は。昨年後期は6点取られて負けたし、大臣杯予選だって全国行きを失ってもおかしくない試合でした。観戦記を読み返すと、守備の要・渡部さんに悪態つきまくっています。

そんな専修・渡部主将と流経・船山主将は、これから一戦を交えるとは思えぬ和やかさで延々語らいながら、先頭で入場してきました。二人が初めて会ったのは、日立台ではないでしょうか。専修の集合写真撮影が終わると、次はRKU。マッチデイレポートで連載中の『ミョンギはノリノリ順調です!』で、西が丘では何かやると予告されていましたが、にやつきながらゴニョゴニョ話し合っていて、開始前の緊張感皆無(苦笑) 今回は左胸の前でハートを作ってました。

良い天気でしたが、やや風が気になるコンディション。1部リーグでパスワークといえば慶應の名前が真っ先に挙がる今季ですが、専修も繋いで崩そうとするチームです。私は今季初見でしたが、既に専修をご覧になっている方いわく、今日は中でも良い内容だったとか。特に左サイドをスピーディにえぐってくる#17飯田さんに苦慮します。

前節の負傷で出場が危ぶまれた船山さんでしたが、さすがに100%ではなさそうに映ったとはいえ、渡部さんとのマッチアップに奮闘していました。今日は西が丘がお気に入りの試合会場(from第3節MDR)だという金久保さんが好調。ピッチを駆け回り、また技量を存分に見せ付ける配球でRKUのリズムを招きこんでいました。

一進一退の攻防が続いた、前半の半ば。千明さんが左サイドへうまく振り出したボールを受けた宇賀神さんが少し中へ入り、放ったシュートがネット内へ吸い込まれました。さらに前半終了間際、柳さんがゴール前の上條さんへ巧みにボールを送り、上條さんもGKとの競り合いに勝利しミートに成功、待望の初得点を記録したのでした。今までペアを組んでいる先輩の分まで最前線で潰れ役を懸命にこなしていた上條さんには、どうしても点を取ってほしいと今日も友人たちと話していただけに、非常に嬉しいゴールでした。ご本人のパフォーマンスからも、あふれる想いが伝わってきました。若いって素敵ですね!(え)

後半になると、専修がどんどん選手交代の札を切り、反撃の意識高くシュートを重ねてきたのですが、いずれも枠は捉えず。RKUは一人一人の守り切るという鋼の意思が具現化したディフェンスで踏ん張りました。みんなファイトしてましたけど、中でも及川さんが頑張ってました! 連戦とあってダメージを蓄積している選手も少なくはなく、RKUの交代3枚はいずれもベストではないコンディションを考慮してのもの。船山さんは去る時、芝へ腕章を投げ捨てていき、上條さんが拾って林副将のもとへ持参していました。おいおい。

同じ西が丘での開幕戦以来の完封勝利、良かったです!
…なんて書いてますけど、白状すると、試合後の出来事が強烈で、ゲームについての印象は薄れてしまったのが、正直なところです。

今年の流経大は、去年までとは違う色を帯びています。最近、やっとその発色ぶりを認識できるようになりました。勝利への強い欲求を具現化する11人なんだと。このベクトルは…腕章を巻く主将の価値観とも重なると強く感じているのです。

私は、ただ、ついていくだけですから。
2009/05/04 21:14:25 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/436-3c3311db
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。