スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
序破急
「俺たちは」
円陣と同時に行われるワーク。想念は言語を媒介に具現化する、から。
「「「強い!」」」

<総理大臣杯関東代表決定戦Aブロック2回戦@6/13RKUフットボールフィールド>
流通経済大 2-3(前半2-2)東洋大
得点者:【流】フランク、古川【東】田原春、郡司(直接FK)、黛

----30上條/2---19古川/1----
23河本/1-----------29村瀬/2
--18フランク/3---08千明/4----
05中里/2-04及川/4-13藤本/1-15比嘉/2
--------01C林/4-------

44m:及川レッドカード(得点機会阻止)
45m:河本→03山村/2
59m:古川→10金久保/4
70m:上條→11武藤/3

2年前、総理大臣杯決勝を終えたキャプテンが、ファイナルで見事な得点を決めた細貝さん(JFL鳥取戦で復活! 嬉しいです)の出場は西さんが負傷したためだと教えてくれて…言われるまで気づかなかった自分に愕然としたのを、よく覚えています。代表決定戦は2連戦、本大会は中1日で4試合。悲願の日本一は、選手層の厚さでつかんだとされています。

教育実習中の“先生”や負傷者をベンチや土手に配したスターター。代わりに出番を得た1年生は伸び伸びとサイドを駆けていました。特に左サイドの河本さん―放たれたシュートは、全身緑一色の新入生GK松下さん(レイソルU-18卒業生!)がはじきましたが、上條さんの前へこぼれ落ちます。先輩、フリーながら浮かしてしまいました。

RKUのボールを奪った東洋(公式記録によると小島さん)が前線へ浮き球を入れます。DFラインの裏を取った田原春さんは林さんとの1対1を迎え、きっちりゴール左へ流し込んだのでした。大臣杯予選は昨年もビハインドからスタートしたRKU。すぐに村瀬さんのパスを上條さんがうまく落とし、フランクさんが蹴り入れて追いつきます。更に古川さんが右サイド、ややゴールから離れた位置よりゴールの逆側奥を射抜き、勝ち越しました。

逆転するまでに前半の3分の1しか消費しなかったRKU。残り3分の2は、それまでのバタバタが嘘のようにペースをつかんでいました…ペースだけは。林さんが具体的な指示を…選手間のバランスを重視した声をフィールドプレーヤーへ飛ばし、導き出された動きがRKUの特徴である連動を形作っていくのです。こうやって、慣れない組み合わせで始めても、誰もがRKU色へ染まっていくんだと感じました。

「おいー、明人プレス弱いぞ明人!」
コーンとバーで隔てられた向こう側の主将(集合写真では仲間に9本指アピールしてもらえたようで。良かったですね!)からも、1年生へコーチングが飛びます。普段の練習でもこの調子なのかな、と勝手に想像してみたり。

とはいえ、この試合は全国大会へ続くトーナメントの一環であって、連携を熟成させるための時間ではありません。前半終了間際、ゲームの流れを大きく揺さぶる出来事が起きました。中盤から一人で飛び出した小島さんにRKU中里さんがつくも振り切られ、カバーに入った及川さんのアプローチに対して、相手は倒れました。これが「得点機会阻止」と判定され、及川さんにレッドカードが提示されたのです。与えられたFKを郡司さんが直接放り込んで、前半終了。千明さんや中野監督が主審へ猛抗議します。

後半、数的不利での戦いとなったRKU。右サイドでCB・SB間のパスがカットされました。これを起点にサイド深く侵入した田原春さんがセンタリング。東洋大・中里さんのショットはGK林さんがはじくも、詰めていた黛さんに押し込まれました。東洋大が再びリードを奪ったのです。

RKUも関東選抜クラスの選手を次々と投入し挽回を図りますが…そんなに甘くはありません。後半20分頃からは、早くもCKで林さんが攻撃参加をスタート。キャプテンがピッチ内へ投げかける声もトーンが荒れる一方。

RKU応援団が最もフラストレーションを募らせていた相手は、主審でした。
「レフェリーも人間だから!」
今シーズン応援リーダーを頑張っている4年生GK島谷さんが、苛立つ部員たちを宥めます。心ある者が裁くのだから、詰め寄られれば心象は悪化し、ゆえに判定はますます揺らぎ…それでいて、一度下された判定は覆らないのです。だから、不満を口にしても意味はなく、だったら、同じ声を出すなら応援した方がプラス。

10人になったから負けるわけじゃない。ジャッジのぶれをも構成要素としてはらむフットボールで高みを目指しながら、ナイーブなリアクションを示す者が多々いた脆い集団だったから負けた…!! いや、フットボールはそんな短絡的に白黒つくスポーツではないとも承知ですけれど。前期リーグでRKUが強いと言われたのは、勝っていたから。強いものが勝つのではなく、勝ったものが強い。では、弱いものとは。

長い夏が始まります。
2009/06/18 22:41:20 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/455-602fe9c2
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。