スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
授業参観日
「初心の気持ちを思い出せば大丈夫だよ」
栃木合宿で、日本語おかしいけど頼もしい言葉を口にした船山キャプテン。私も、どんなシーズンになっても試合へ通うと誓ったの桜吹雪を思い出そう。

<関東大学サッカーリーグ第13節@9/12西が丘>
流通経済大 4-2(前半4-0)東海大
得点者:【流】18分船山、20分33分武藤、29分比嘉【東】61分黄、82分坂本

---11武藤/3----09C船山/4---
06宇賀神/4--------10金久保/4
---08千明/4----05中里/2---
15比嘉/2-04及川/4-03山村/2-02石川/4
-------01増田/2-------

HT:金久保→07細貝/4
77分:船山→18フランク/3
86分:及川→24松岡/3

十条は埼京線で、東十条が京浜東北線(挨拶)

雨予報ながら、試合の時間だけはポンチョも無しで過ごせました。リーグ戦初黒星を受け、「次の試合ではメンバーを全部取り替えたいぐらい」と前節試合直後には中野監督もおっしゃってました(from "if")が、急遽、栃木へ連行して川遊び合宿を張り、根性を叩き直せたのか、ふたを開けたら案外“普通”(←RKUですので、異論反論はもちろん認めます)なメンバーでした。

序盤よりRKUがボールを動かし、優勢に映るものの…開幕戦で明大相手に『耐えて勝つ』サッカーを貫き、勝ち点1をもぎ取った東海大を観ているため、トラさんたち(久しぶりにスタンドへ簡易着ぐるみマスコット・通称トラさんが登場、色めきたつ私たち。しかし、トラさんはフードをかぶってこそトラさんなんだから、脱いではダメですよ、夢が壊れます(え))にも悪くない流れに映りました。

宇賀神さんのクロスが流れ、滑り込んだ船山さんは押し込みそびれるも、すかさずリカバーし、どうにかネットインしたらしく…RKU先制。主将が得点したら頭痛が治る(!)と喚いていた割に「らしく」なんてふざけか書き方しかできないのは、逆側のゴール前での出来事がよく見えなかったから。

続いて、ゲームを通してアグレッシブにゴールを狙っていた武藤さんが、右サイド手前から“シュータリング”を放ち、サイドネットへすぽっと入ります。さらに、その武藤さんが左サイドより入れたボールを、比嘉さんがクリーンシュート! ガシッドスッボコッ(←後輩へ蹴りを入れている効果音)。なぜかゴーラーが船山さんとアナウンスされ、応援部員さんより訂正の声があがったのは、罪深さゆえですかね…。得点王は自力でゴールを積み重ねて狙っていただくしかありませんけど、前半は船山さん、よく動けていたと感じました。なんて褒めると、最近やぶさん船山さんに甘過ぎです!とまた怒られそうです。

金久保さんがヒールで絶妙なポイントへボールを戻したのですが、これをミスキックで外へ出してしまった石川さん。
「あーやっちゃったー」
曇り空へ率直なヘリウムボイスが拡散していきます。こんなところも、RKUが誇る右サイドコンビらしさ。背番号10が右サイドより供給するロングボールは、武藤さんがゴール前でそらすだけで得点として(「だけ」を着実に実行できる武藤さんも、素晴らしいです)結実します。開幕戦の黒星もかき消しそうな4点リードで、RKUは折り返したのでした。

ところが後半は一転、押される展開に。金久保さんを下げたのみで、ここまで劣勢になるとは考えられません。大量リードが隙(に起因する運動量低下)を呼び込んだのでしょうか? 失点はセットプレーで空中戦を制されたのと(RKUには高さがないので、どうしても分が悪いのです)、さらさらと侵入されて、右サイドより流し込まれたもの。後味が悪いと落胆するか、次節へ向けての苦い薬と受け止めるか…正解は、次の国士舘戦で分かるはず。

千明さまから最後に腕章が石川さんへ渡されたのが気になりました。挨拶の前に腕章が移動するのは、今年よく見かける光景ですが。
2009/09/24 23:36:06 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/492-68b249d9
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。