スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
流経大のウガ神友弥選手
ユウヤではなく、トモヤです!(ラジオネタ)

「ユース時代まで過ごした浦和レッズに戻ってくることができ、とても嬉しく思います。家族や大学関係者など今まで支えて下さった多くの方々に心から感謝するとともに、期待に応えられるよう頑張りたいと思います」(レッズ公式)

というわけで、RKUプロ内定第2号は右利きの左アウトサイドとなりました。例によって、さっくりと。

◆第一印象◆
初めて見たのは退部を思いとどまり頑張っていた(fromゲキサカ『たつのこ日和』)ドラゴンズ時代ですが、存在をはっきり認識したのは昨年5/6に行われたJFL・Honda FC戦で配布されたマッチデイレポート(以下MDR)へ掲載された一言アンケート『今行きたい場所』への回答がインパクト大だったからと記憶。どんな回答だったかは、ご想像にお任せします。

◆(現時点での)最高印象◆
“最高”を計るスケールが他の選手と違うんですけど……初めてレッズの赤/白/黒ユニフォーム姿を見た(やぶは大橋さんがレッズユースにいたのはリアルタイムで認識しているけれど、宇賀神さんは失礼ながら認知していなかったのです)サテライトで、私にとっては見慣れているRKUの1st灰/紺/灰はおろか、2nd赤/赤/赤と比べても、天秤にかける必要性も感じない程にレッズの戦闘装束が似合っていた(『プレ通』さんにお写真がございます)のが衝撃で、白状すると、その日以来、レッズ以外の進路はないだろうと勝手に思ってました。

◆最新印象◆
三門先輩と再会したビッグスワン@ベンチ入りより帰還した翌日、大学リーグの慶應戦へフル出場! いると思わなかったので、スタンド下で行われたいつものアファメーション(「日頃のトレーニングの成果を~」)で船山さんの腕かけた先が宇賀神さんの肩だと気づいた時には、うぃあーな某さんと目を丸くしてしまいました。直訴しての出場だったそうです。授業に部活にレッズの練習と、特別指定選手ならではの移動が多い日々を送っていらっしゃいます。

◆レッズ愛◆
昨年の大臣杯予選2試合で配布されたMDRでは、当時RKUサッカー部でも話題の中心だったEURO 2008の優勝国&得点王予想が掲載されました。真面目に予想したとおぼしき選手もいれば、「日本」とトボける選手もいた中で、宇賀神さんの答えは「浦和レッズ」「ワシントン」! おふざけであったにしても、そこで古巣の名前を出すなんて…と私たちの中で宇賀神さんの株が一気に急上昇したのでした。また、大学リーグではかつての仲間が多く在籍する中大には負けたくないと、たびたび口にしています。

RKUのサイドアタックといえば、ガンバ相手でも破壊力を発揮した石川&金久保の右サイドコンビが挙がるのですけれども、そちらに気をとられていると、逆サイドから宇賀神さんがバッサリ一刀両断するのが今年のチーム。左足クロス・右足シュートどちらをチョイスするにしても、コントロール抜群!

愛するレッズの背番号35となってからは、不在の試合も多く、少し寂しくもあるのですが……宇賀神さんがインカレ準決勝(今年の1月)配布MDRで掲げていた今年の目標は『チームとして結果を残して大学リーグ優勝!! 個人的にはプロになる!』の2つ。後者は叶いましたし、前者も手が届くところにあります。
2009/10/21 22:08:44 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/498-d61061a8
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。