スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
Honey I washed the kids
せわしなく仲間の快活な言葉が飛び交う空間より、内なる睡魔が意識を引き剥がしていく。柔らかい右足や魔法の左足と対峙した余韻。

<関東大学サッカーリーグ第17節@10/17たつのこ>
流通経済大 1-1(前半1-0) 慶應義塾大
得点者:【流】3分船山【慶】85分織茂

--09C船山/4----07細貝/4---
06宇賀神/4--------10金久保/4
---08千明/4----05中里/2---
17西井/4-04及川/4-03山村/2-02石川/4
-------01増田/2-------

66分:船山→11武藤/3
76分:中里→18フランク/3

慶應はチームの支柱である中町さんが出場停止。慶應ボールでキックオフだったのですが、RKUはピッチ入れ替えをチョイスしました。大学リーグで入れ替えるのは珍しいような…?

セットプレーからのファーストシュートは西井さんで、ボールは惜しくもバーの上へ消えていきました。続けて、細貝さんが右サイドでうまく金久保さんへパスを出し、コーナー付近まで持ち込んだ金久保さんはファーサイドへクロス。受けた宇賀神さん、打てなくもなかったのですが、中央へ戻し…最後は船山さんがゲットゴール! 美味しいところを頂いてしまいました。

中町さんがいなくても慶應はボールを繋ごうとするのですが、何かが足りません…RKUでいうところの、金久保さんが。パスの流麗さ勝負なら、RKUも良さを出しやすいです。慶應CKからのカウンターで金久保さんが蹴り出したボールから船山さんが“代役”藤田息吹さんを抜き去り、最後はセンターで追いかけてきた金久保さんがフィニッシュも、ポストの左へ流れていきました。逆に、金久保さんがDFラインの裏を取れる絶妙な浮き球を出し、船山さんがシュート、今度はゴールの右へ。2点目が取れないもどかしさと、華麗なアタックへのほろ酔いを同時に味わいつつ、時間は流れていきます。前半は慶應、シュートなし。

ハーフタイムを挟むと、慶應も増田さんにセーブ機会(それもかなりの決定的な)を何度ももたらします。慶應のフィニッシャーが外す以上に船山さんは打ち損ねていて、近頃はあまり記憶に無い“味方へ怒りをぶちまける”姿を見せていましたけれども、それは自分がやるべきことをやらないと…と傍観者は感じてしまうぐらい、でした。

60分過ぎ、中里さんの左足が呼び込んでくれたチャンスに、船山さんはゴール左より襲い掛かりますが、飛び出してきたGKに“倒され”…判定はシミュレーション、船山さんの“負け”。イエローカードが提示され、次節の出場権利を失ってしまいます。程なく船山さんは下げられてしまい、腕章は千明さまのもとへ。

後半は慶應のシュートとRKUの警告が積み重ねられ、残り5分で千明さんが相手のキープ合戦に屈して与えてしまった右CKより、織茂さんのヘディングが決まってしまったのでした。前期とは逆に、最後の最後で勝ち点2を失ってしまったのです。2点目を取らなかったから。
2009/10/25 23:11:54 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/502-81ff5b45
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。