スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
Sunflake
直視できない程に眩しいのは、逆光だからか、人工芝の照り返しが激しいからか、それとも…展開されるパフォーマンスが輝いているからか。

<Go for 2014 Cup 2日目(第2試合)@12/26レッズランド>
柏レイソルU-18 4-1 ヴィッセル神戸ユース
レイソル得点者:仲間×3、禹

GK 増川C/2
DF 渡辺/2、池田/2→郡司/1、上之薗/2、齋藤/2→鈴木/1
MF 相馬/2、熊谷/2、禹/2、峯/2→鳥山/2、仲間/2→蓮沼/1
FW 山嵜/2


前夜、忘年会後に大会の存在を知り、何も下調べしないで出かけてしまったため、タクシーで駆けつけても仲間くんの先制点には間に合わず。セットプレーでの禹くん追加点以降の観戦となりました。

3年生が引退し、新チームで臨む初めての大会なのですが、サンスタートニック杯の時点でも2年生は割と出場していたため、代替わりした!という強い印象は受けません。駆け回る仲間くんに“重し取れたよ”感が漂うのも否定できないところですが(^^; イキイキとゲームをクリエイトしていく熊谷くんとFKのキッカーとして並んだ際には、心躍る“匂い”を感じました。相馬くんが奪い、熊谷くんがパスを出し、仲間くんが動いて受け、禹くんが強さでぶち割っていく―ポゼッション算出したら、特に前半は差がつく内容で、楽しかったです。アタッカーそれぞれが個性的な色を持っていて、それを混ぜ合わせて綺麗な絵を描いていくのです。

最後尾には、判定に苛立ちを見せる味方へ「熱くなるな!」と叫ぶ増川くん。グラウンドすぐ脇で見るのは久しぶりだったので、聞こえてくる声やボールを蹴る音が新鮮に聞こえました。この“距離”が私の基本なのだと再確認できました。

前半、決定的決定機(…)を逸し続けてくれた仲間くんですが、後半は左からのクロスにヘディング&山嵜くんの足をぐっと伸ばしてのワンタッチポストで落としてもらったボールをフリーでキックの2点を決め、さらっとハットトリック達成。この後もゴールの角に当てるという難業を達成し、即座に頭を抱えたり。

逆光で状況がよく分からなかったんですけど、PKを与えてしまい、相手キッカーが一度は左ポストへ当てたのですが、蹴り直しとなり、決められてしまいました。ゆえに、シャットアウトはならず。またこのチームの試合を見られる日が楽しみ、と感じさせてくれたゲームでした。

当初予定が変更となり、続けて第3試合・浦和レッズユース戦が行われ、Bチームが出場しました。1トップを赤いスパイク履いてこなしているせいで、どうにも工藤先輩に似て見えてしまう荒木くんの得点で先制も、すぐに追いつかれてしまいました。オフェンスでは杉田くんのパスセンス、ディフェンスでは小柄ながらも抜群の反射神経でゴールを死守していたGK吉川くんの奮闘が目に留まりました。DF陣も押し込まれながら、よく耐えていたかと。スコア自体は後半に動きがあって(観戦していた場所=ゴール裏の関係で、いまいちよく見えず…(最悪))2-3で敗れはしましたけれど、おそらくAチームであろう相手に屈せず、見応えのある試合として成立させていました。
2010/01/01 17:34:39 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/515-e0614e47
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。