スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
信念か、信仰か
「今のは間違いない、審判の勝ちだ」
後輩に提示された警告を、さらりと評する。

<関東大学サッカーリーグ第15節@9/26さいスタ第2>
流通経済大 2-1(前半0-0)駒澤大
得点者:【流】60分武藤、63分金久保(PK)【駒】53分田中

---34征矢/2----11武藤/3---
33保戸田/2---------10金久保/4
---05中里/2----08千明/4---
15比嘉/2-04及川/4-03山村/2-02C石川/4
-------01増田/2-------

26分:及川退場(得点機会阻止)
60分:保戸田→28天野/2(山村ボランチへ)
85分:金久保→18フランク/3

同会場の第1試合は明治。応援席の福地さんへ石戸さんが絡みに行き、更にタッチライン際(ピッチ内アップ中)の船山さんとも言葉を交わします。その近くでは、宇賀神さんがセルヒオさん(千明さんとレイソル青梅仲間)と私服でやって来て、応援しないのかとジャージ姿の部員より冷やかされています。第2試合でRKUが対峙するのは、9戦負けなし・後期は3連勝発進と地力を見せている駒澤です。

「出しますよ」
わざわざ前置きをしてから、ロングボールを蹴り出すGK増田さん。サッカーには無限の“やり方”がありますけど、この日ほど露骨にRKU対策を取ってきたチームは見たことがありません。GK増田さんやCB山村さんからの配球でゲームを組み上げていこうとするRKUに対し、駒澤はキッカーへ前線の選手が複数寄せるのみならず、RKUが後述の数的不利へ陥った後は受け手のフィールドプレーヤー全員に1人1人がへばりつき、出し先を完全封鎖しようとするのでした。激しいチャージにRKUイレブンが何度もピッチへ倒れ込んだ以上に、衝撃を受ける光景でした。

前節・国士舘戦に続き、プレーメーカー金久保さんが著しく後方へ意識を引きずられているのが目に留まります。金久保さんから及川さんへの横パスが、波乱を招き入れました。結果として派生した相手ボールの大ピンチに、及川さんはスライディングを仕掛け、選手は倒れたのですが、これが得点機会阻止と判定され一発退場。及川さんは既に警告を一度受けていたので、二度目かと現地では思っていたのですが、公式記録を見たら即レッドでした。

通常ならここでCBを投入して守りを固め直すところですが、RKUは中里さんを最終ラインへ回してしのぎます。残りのMF3人が運動量を増やしてカバー(相当辛かったはず。千明さんは後半、踏ん張りが利かなくなって監督によく怒られてました)、10人となっても遜色なく渡り合うのですが…どう打開していくか。駒澤の左SB亀井さんの愚直かつ献身的なディフェンスに手を焼く武藤さんがようやく放てたヘディングシュートがGKにキャッチされた際も、まずそこまでたどり着けたのが嬉しかったくらい。スコアレスドローで45分は終えました。

後半、駒澤のシュートがポストを舐めてヒヤリとします。更に、戻りオフサイドかと思いきや副審は取らず、ゴール前でごちゃごちゃした挙げ句、押し込まれ、ついに先制されてしまいました。ここでベンチは賭けに出ます。ヘディングの強い天野さん(実際、空中戦猛者の駒澤相手でも十分に守れていました)を投入し、山村さんを1列上げたのです。後期開幕戦でも試みて、上手くいかなかった形。

程なく、センター金久保さんよりのパスを受けた武藤さんが、ゴール左より一閃!! 続いて中央でボールを持って上がった山村さんの見事なスルーパスを受け突っ込んでいった征矢さんが倒され、RKUはPKを獲得。1月のインカレ準決勝敗退以来、PKにはこだわっている金久保さんが真ん中へきっちり決めて、数的不利ながらRKUはリードします。

すんなり勝ち点3を手に入れられるはずもなく、ポストに救われたり、増田さんのファインセーブに拍手喝采したり、その守護神までもかわされたピンチで武藤さんが必死のクリアなど、全精力を注ぎ込んで、駒澤のパワープレー(向こうも残り15分はDF中山キャプテンを前線へ上げてきました)をかわしきったのでした。

チームの疲弊を示すかのごとく、足がつってしまい、タイムアップの笛を聞き倒れてしまったゲームキャプテン石川さん。もはや起き上がれない状態なのに、共に戦った11人は気づかず、むしろ距離的には近かった応援部員が、征矢さんを大声で呼びます。比嘉さんと山村さんもやって来て(下級生ですから)、タッチライン際に用意されているボトルを山村さんが手に取り、完全燃焼したゲームキャプテンへ手渡します

どうにか立ち上がった石川さんは、スタンド挨拶で宇賀神さんの姿を認めると、「うらーわレッズ!(ぱぱんぱぱんぱん) うがじんともや!(ぱぱんぱぱんぱん)」と拍手付きコールをしました。宇賀神さんも、見守るのにさぞ気力を費やした試合だったことでしょう。
2010/01/04 14:33:31 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/519-9e8e46a5
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。