スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
俊英の手綱
「瀬沼、点取れっ!!!」
詰めの甘さで結果を奪えずにいる2年生ストライカーを、蛍光イエローの腕章を右肘へ引っ掛けるキャプテンが怒鳴りつけた。4年生特有の季節行事が大変だとぼやく微笑と同一人物は思えぬ程、声を荒げて。

<関東大学サッカーリーグ第7節@5/15西が丘(第1試合)>
筑波大 5-1(前半3-0)慶應義塾大
得点者:【筑】赤崎×2、上村、原田、森谷【慶】横川

声かけてくれて、ありがとうございました!(御礼&陳謝)

10分遅れで到着したら、既にスコアボードへ筑波の得点が刻み込まれていました。目の前では、セットプレーで叩きつけられたヘディングシュートが、バーを舐めます。もはやフルスロットルの筑波に、試合へ入り込めていない目が追いつきません。ヘッドの主が須藤さんだったと、後で知りました…。直後、慶應右SBがボール処理を誤り、これをすかさず瀬沼さんが拾ってシュート。GK中川さんがかろうじてはじくも、ここで得た左CKを、小澤さんが綺麗に上村さんの頭に合わせ2点目。立ち直り切れていない対面の選手を、筑波左SB♪ライトニング稲妻♪原田さんがあっさりかいくぐり放ったグラウンダーがゴールへ入り、3点目もあっさり記録されました。

八反田さんが生き生きとボールを運ぶ中盤―こんなに輝いている姿を見るのはU-17城福JAPAN以来?!―が慶應を蹂躙します。1年生赤崎さんが慶應のキャプテンに腕力で勝って奪ったボールが八反田さんへ供給され、♪天才パッサー♪がマイナスのボールを託した瀬沼さんは…バーに当ててしまいました。須藤キャプテンが2年生FWを物凄い声で怒鳴りつけたのは、この直後でした。

悪い時には鼓舞し、良い時には引き締める―つっかけてきたドリブルをさらっと1人で止めて奪うといった守備タスクのみならず、率いる者の責務をきっちりと果たす4年生が、そこにいました。4年生かくあるべし、を伝承できている大学は強いのです。明治のように(山田主将「昨年の4年生は試合に出ていた人こそ少なかったけど、練習に取り組む姿勢やピッチ外でも『チームのまとまりがないと勝てない』と示してくれた」fromゲキサカ)。下級生がタレント揃いとなれば、彼らに4年生の務めを刻み込む責任は尚更重大。歴史ある筑波大学蹴球部の主将、苦にする様子はうかがったことありませんけれども、容易にこなせる職務ではないはず。須藤さんは全力でその任にあたっているのです。…そして足がつり途中交代(苦笑)ベンチへ戻る途中でさえ、5点目を刻み喝采のピッチにいる10番へ、ライン外から声をかけていました。

後半も、森谷さんがディフェンス打つ手皆無のミドルを左サイドより突き刺し、赤崎さんがゴールに背を向けた体勢からかなり無理やり放った一撃が相手に当たりながらゴールイン…と、なおも加点する筑波。この国にいる大抵のFWなら、どうにか味方へつないでポストとしての役割を選ぶだろうシチュエーションで、どうにか反転してフィニッシュへ持ち込んでしまう新入生の力量に、唸るしかありませんでした。慶應も右CKから横川さんのヘッドで1点返しますが、焼け石に水。筑波の完勝です。

そして、須藤キャプテンは、試合よりも教育実習の日々に気力体力を費やしているのでした。が、がんばってください…。
2010/05/22 12:10:22 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/533-560a59de
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。