スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
ステイシス
全てが止まって見える。

<練習試合@10/3日立台>
柏レイソルサテライト 3-4(前半2-2)大宮アルディージャ
レイソル得点者:酒井、山崎、工藤

--35ホジェル--19工藤---
---18田中---26山崎---
---27仙石---37相馬Y---
25村上-02渡部-30酒井-23藏川
------01桐畑------


桐畑→16稲田(HT)
相馬→29比嘉
田中→24武富
渡部→36上之薗Y
仙石→32山中Y

メモを誤消去したので、布陣は限りなく妄想ですし、以下も感想を箇条書きのみ。すみません。

▼酒井さんのゴールは、左CKにおいて空中を完全に制圧した打点の高いヘッドだった。
▼山崎さんの、シャドーストライカーと呼びたくなるフィニッシュ精度は相変わらず。
▼工藤さんの得点も、ワンタッチゴーラーらしくホジェルからの素早いパスに合わせたもの。
▼相馬くんの食らいつく守備は、観客にシンパシーを抱かせやすく、幾度か拍手を浴びていた。
▼めまぐるしい得点と失点、モチベーションの維持が難しい状況で緊張感をどうやって演出するかがチームの課題かもしれない。
比嘉さんのドリブル中央突破は圧巻だった。大宮は二人で挟み、強引に倒して止めるしか手がなかった。
▼ダブルヘッダーで左サイドを疾走する山中くんを、比嘉さんは徹底的に囮として使っていた。

山中くん&上之薗くんが午前中に出ていたユースのTM(vs浦和レッズユース)についても、以下少しだけ。


---11峯----09山嵜---
---23ウ----14仲間---
---22熊谷---11伊藤---
16山中-03秋野-04上之薗-26齊藤
------01C増川------


1本目の布陣。これも怪しいです。前半終了近くに、秋野くんが右CKを倒れながらも決めた1点のみ。2本目が始まっても、下平監督と出場メンバー(2本目は総入れ替え)のミーティングは続いていました。2本目は鳥山くんや篠原くんなどが出場。逆側でよく分からなかったのですが、木村くんのPKによる1点が唯一の得点。3本目は荒木くん、杉田くん、御牧くん(シルエットは全く似てないのに、モーションが兄と同じでした)らが登場。ゴール右手前より持ち上がった杉田くんが、動きながら放ったループがGKの手を掠めてゴールへ飛び込んだのは、自分が見られた時間帯では最も美しい得点でした。もう1点、右から上がったクロスを足先で合わせてのゴールまでは見ていたのですが、ゴーラーは分からず。もっと勉強します(反省)

2010/10/07 23:43:51 | Reysol | Comment 2 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
こんにちは。
ちょっと聞きたいんですが、この試合が終わった後の、相手チームへの挨拶の時に、比嘉君と大宮の鈴木監督らしき人が言葉を交わしていたんですが、比嘉君と鈴木監督は接点あるんですか?
僕は比嘉君のユース時代は一度しか見ていないんですが、文字情報で知る彼のパフォーマンスや経歴というのは、大きな期待を抱かせてくれます。早く彼のトップパフォーマンスを見てみたいです。
by: 通りすがり * 2010/10/08 19:18 * URL [修正]
コメントありがとうございます。

記憶をざくざく掘り起こしても分からなかったので、検索エンジンに頼ってみたところ、2003年のJFAエリートプログラムで、監督&選手の間柄として継続的にコンタクトを取っていた(エリプロ取組の趣旨として、選手の日常を把握するために連絡を密にする…という面を含んでいたようです)ことが判明しました。

過去は過去であって、それ以上のものにはなりえませんが、今のレイソルの若手は、いい時間を重ねているようですので、比嘉さんもきっと近い将来、その輝きで日立台を訪れた人々を魅了するでしょう。
その日が楽しみです。
by: やぶ@家主 * 2010/10/08 20:38 * URL [修正]
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/543-97e128fd
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。