スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
いつかネットを揺らす日まで
メインスタンド下へ並べられたシートは、栃木イレブンのクールダウン用。滾った身体を静めるのもそこそこに、ぴょんぴょんと船山さんはホーム側方向へ駆けていきます。笑みをこぼしながらハグした相手は―おそらく、誰よりも、日立台へ戻ってくる日を、待っていただろう、レイソルの、あるクラブスタッフ。

<J2第29節@10/2日立台>
栃木SC 1-1(前半1-1)柏レイソル
得点者:28分ロボ、29分北嶋

one of themだと決して忘れるな、たとえ何があろうとも(挨拶)

金曜売りエルゴラの予想スタメンに(20 船山)の文字があって、多少の覚悟はできていたとはいえ、プロ初先発が日立台とは、1日遅れの誕生祝いとして勝手に受け取らせていただいてもいいですか?―と問いかけたくなるようなもの。5年前とは色の違うウェアで身を包んでいるにしろ、日立台のピッチに船山さんが立っているのを見ただけで…アップ時点で既に、私は目が潤んでいました。

開始直前のピッチチェンジ時、船山さんはこれから戦う相手である大谷さんや祐三さんと、笑顔で握手を交わしていました。陵平さんと接触したGK武田さんの治療中、真顔の水沼さんと並んでタッチラインへ給水に来た際でさえ、笑みを浮かべていました。試合後の挨拶でも、スタンドのあちこちへスマイルを振りまき…思った以上に、帰還を待ちわびていた人は多かったのではないかと察せられました。そして、その戦場に立てる喜びがある、と。

いざ実戦となれば、そんな大谷さん&栗澤先輩のドイスボランチや、右SBの祐三さんとバチバチ火花を散らすわけです。祐三さんとの空中戦に完敗だったのは、ちょっと悔しい…。栃木SCのFWは、ファーストDFでもあります。完璧と評するのは難しいにしても(試合後呑みでご一緒したレイソルサポさんには「栃木のツートップは守備を免除されてたと思う」と言われてしまう始末。そんなはずがない…)、いつになく努力しているのだとは伝わってきました。

左サイドからのスローイン、宙を二度舞って前を向いた船山さんの足元へ収まります。ばっと3人が寄せてきたものの、左横をトップスピードですり抜けたロボへボールは先に渡っていました。そのまま突っ込み、厳しいはずの角度から逆サイドネットへズトン!! お見事すぎました。この得点シーン以外も、DFのミスを見逃さない嗅覚というか、相手に与える恐怖のレベルが桁違いで…敵に存在だけで重圧をかけられてこそ栃木SCのエースになれるのだと、まだまだ船山さんはそこには遠過ぎると、強く刻まれました。おまけに、栃木SCは先制の歓喜を一瞬…再開直後の攻撃で即座に塗り潰されてしまったのでした。さすが北嶋さん。

前半40分、右サイド後方の赤井先輩より供給されたボールを、左SB橋本和さんの後ろで受けた船山さんの身体は、勝手に(←試合翌々日オンエアのSC一枚岩でいわく)ボールとおのれをパク・ドンヒョクの両脇へ分離したのでした。ボールは右へ、身体は左へ。GK菅野さんの左斜め前で再結合し、シュート! ボールは残念ながらゴール左へそれていきました。頭を抱える船山さん。メインスタンドで思わず悪態つきながら膝を叩いていた私。劣勢が予想されるチームのストライカーは、決してチャンスを逃してはならないのです。

後半は地力の違いが…ボール扱いの水準差が露呈する時間となってしまいました。せっかく固めた守備でしのいでも、マイボールをミスで手放してしまう自爆が多発。それでも、GK武田さん中心に粘り、身体を張り、レイソルにゴールを割らせなかった…ホーム&アウェー通して白星を与えなかったのは、十二分に評価できると思います。

船山さんが途中で交代したのは、足が痛いとベンチへ自ら伝えていたからだと思われます。試合後、サポーターへの挨拶より先に、傷んだ脚を引きずりながらも同期の桐畑さんへのちょっかい出し(ついでに後輩の酒井さんをぶっ叩く)をチョイスしていたのも、ここが日立台だったからなのでしょう。胸の熱くなるMy Birthday翌日でした。
2010/10/09 22:55:43 | other Footballer | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/544-1b89dd5f
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。