スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
確証バイアス
仲間くんは今年、いくつもの番号を背負ったけど…8番が一番いいと思った、その理由を見つけてしまった。

<Jユースカップ決勝トーナメント2回戦@12/12日立台>
柏レイソルU-18 1-0 大宮アルディージャユース
得点者:14分熊谷

--------09山嵜/3-------
11峯/3-----08仲間/3----07鳥山/3
----10熊谷/3---05相馬/3----
06山中/2-03秋野/1-04上之薗/3-02齋藤/3
--------01C増川/3-------

仲間→15中川/1
峯→14禹/3
山嵜→12池田/3
山中→13伊藤/1

どちらが拾うか定まらないボールもきちんと追い、爪先でかろうじて触れてコースを変える(そして相馬くんがきっちり拾う)…そんな仲間くんは、相馬くんからのフィードをDFの横へ腰をねじりながらの胸トラップで落とした時と、どっちが格好良かったでしょう? あまりに精力的な動きだったから、後半には疲弊してしまっていましたけれども。

アルディージャDFラインの横パスをかっさらった熊谷くんが、涼やかにゴールマウスへ流し込み先手を取ったレイソル。しかし、時間が経つ程に…後半は特に、ヒヤヒヤする場面がたくさん創出されました。オーバーヘッドをGK増川くんがどうにかキャッチする、相手10番宮崎くん@トップ昇格の素早いリスタートで増川くんが前に出た果てのシュートは山中くんがはじくetc.最後の最後だけは死守して―「試合中に選手たちの中で繋げないと判断をして、1点を守りきろうと判断したと思う」とJsGOALで下平監督が述べている“方針”をおそらく策定し、実践していたのは、前日にトップ昇格が発表された相馬くんなのでした。アディショナルタイムに左コーナー付近で試みた、俗に『鹿島る』と称されるキープ、お見事でありました。

味方のために潰れ続ける山嵜くん、ボールに絡めばスタンドの拍手を集める熊谷くん、昇格発表で高まった注目へきっちり応えた相馬くん、後ろで自重する時間が長く感じられたものの前への推進力はさすがだった山中くん、パスコースの見つけ方と繰り出すタイミングが天才としか形容できない中川くん―ずっと見ていたいチームです。そんな面々の戦いぶりを、日立台へ詰め掛けた多くの人にご覧頂けたのも、嬉しかったこと。次の相手はFC東京。もうここまで来たら、どこだろうと強い敵ばかり。どのように対峙するか、胸は高鳴るばかりです。
2010/12/12 21:57:32 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/551-7e180b2d
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。