スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
Dispel
手をかけた扉の重さは、押してみた経験のある者だけが知っている。

<全国地域リーグ決勝大会決勝ラウンド第3日@12/5市原臨海>
AC長野パルセイロ 0-0(PK1-3)Y.S.C.C.

タクシーが何台も抜けていく、市原臨海競技場の入口道路の脇…広場とも呼べない横幅の芝に群がるオレンジの集団。テレビカメラが一緒にいるから、アップするパルセイロの選手だと気づきました。

バックスタンドに陣取る長野サポは開始前、全員で円陣を組んでいました。選手も手を繋いで入場。起こる手拍子から察するに、メインスタンドにもパルセイロを応援するべく駆けつけた人が多数いたようでした。薩川監督率いるパルセイロにはレイソルU-18出身選手が3名在籍しており、宇野沢さんは半袖+10番+腕章装備で最前線左側へ立ち、大島さんはゴール左手前に陣取り、諏訪さんが最後の砦として構えます。

決定機よりも被決定機が多く―FKがバーを叩いたり―大島さんが活躍、と言うか悪い意味で目を惹く場面も。後ろの諏訪先輩ですら止め切れなかったのは、相棒CBの籾谷さんがクリアしてくれました。ハーフタイム後には大島さんも半袖へ換装、薩川監督より姿勢について指導を受けて送り出されました。

ピンチとチャンスが交錯する戦い―3連戦の3日目ともなれば、心技体の「心」が全てを凌駕する域。Y.S.C.C.鈴木さんのサッカーマンガ並み顔面ブロックが飛び出すなど、どちらもゴールマウスへ入れさせまいという強固な意志を持ち、スコアを凍りつかせていました。何度ボールがマウスよりかき出されたことでしょうか。パルセイロも、野沢さんが魂を削ってとしか表現できないディフェンスで致命傷を幾度も逃れました。籾谷さんも、テープをぐるぐる巻いた右足の痛みに耐えかねてか、自ら外へ出てくるシーンもありつつ、踏ん張ります。

宇野沢さんがフィードを託されても確実性を重視し、味方へ繋いで、結局シュートには至らない光景も繰り返されました。打破できる気配の乏しいミドルシュートなど、どうやって得点を叩き出すか疑問にも感じられたパルセイロですが…地域決勝は大会トータルの結果が全て、パルセイロの戦いは大会自体ではないとでも言いたそうな戦いぶりでした。結果論かもしれませんけれど。

タイムアップ直前、諏訪さんが交代させられます。これはPK戦の訪れを告げるもの。笛が鳴った瞬間『決着』はついたのですが、試合は終わりません。1人目・宇野沢さんのPKはセーブされ、3人目・佐藤さんのキックはゴール左へそれていき、4人目・籾谷さんも左ポストに当ててしまっても…試合には負けても、パルセイロは勝負に勝ったのでした。このゲームしか見ていない私の心境は複雑でしたが、嬉しそうにバックスタンドのサポーターめがけて疾走する諏訪さんを視認した瞬間、氷解しました。宇野沢さんも安堵の表情。スタンドからはオレンジのテープが投げ入れられ、AC長野パルセイロは、念願のJFL昇格を掴み取ったのでした。
2011/01/16 20:34:57 | other Footballer | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/554-7a667714
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。