スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
主客転倒
前回、足利へ来た時に見たのは、仙台大相手にポゼッションサッカーショーを展開したRKUでした。3年を経て、今度は仙台大が“ボールは人よりも良く走る”フットボールを繰り広げてくれるとは。

<全日本大学サッカー選手権1回戦@12/23足利>
仙台大 0-3(0-0/0-0/0-1/0-2)明治大
得点者:98分丸山(直接FK)、102分梅内、109分阪野

スタンドには紫紺の部員合唱団、その上段に黄色い悲鳴を飛ばしまくるお母様がた。混声応援を浴びる明治イレブンは、東北の雄より一目で体格で勝っていました。冷たい風の吹き付ける足利の芝は枯れて(注:公式記録では「全面良芝」)おり…仙台大の10番は、ポゼッションを高めて勝機を窺う赤きイレブンにあって、浮き球を多用していました。相手3人に囲まれようとロングキックで平然とサイドを変え、プレースキックのポイントへは悠然と歩いていくレフティの堂々とした振る舞いは、新入生とは思えぬものでした。明治のフィジカルタワー阪野さんと対峙しても屈せず、自陣へ猛然と駆け戻ってクリアするなど、熊谷さんは攻守に渡り主軸でした。左サイドから放ったミドルがバーを舐めたシーンもありましたが、もし、これが入っていたら違った展開になっていたかもしれません。

熊谷さんと同種のかかとが黄色いNIKEを履いた豊嶋さんは、ボールへ絡んだ場面では良いボールを蹴り、あるいは身体を張るなど光っていました。スタートから主導権を握ったのは明治でしたが、攻め切れず、後半になると疲れからか仙台大のパスワークに振り回される時間も長くなりました。ここで踏ん張り、得点を許さなかったあたりが、明治の勝負強さ―昨年度以前で蓄積した経験値なのでしょう。延長前半に突き刺さった丸山さんの右サイドよりのFK―飛び道具という武器を有するのも、勝ち進むには重要な要素です。

延長後半からは、寒空の下でも半袖をまとう鳥山さんが投入されました。とはいえ、その速度を生かすシーンはほとんどなく、残念でした。左からのクロスを梅内さんが中央で流し込んで勝負を決めた明治は、更にカウンターで阪野さんが追加点を叩き出すも全く喜ばないという締めくくりで準々決勝を突破したのでした。後輩と両手で握手する豊嶋さんを見て、足利まで出向いた甲斐はあったと満足できました。
2012/01/16 21:51:52 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/559-94a5ed67
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。