スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
夢が満開、夢のしま。
観戦予定を決める時、まず大学グラウンド開催を選択肢から外す消去法なのは、我ながらどうかと。

<関東大学サッカーリーグ第2節@4/12夢の島>
青山学院大 2-1(前半2-0)日大
得点者:【青】10分角宮(堤)、25分荒木(PK)【日】75分中野

早い時間帯に右サイドを上がった角宮さんがグラウンダーで流し込んで先制した青山学院。“小気味よく繋げている”と“繋ぎ過ぎてカウンターの危機”の境界線は、結果論でしか引けないのかもしれないけど…前半は守備陣の集中力を心配するほど、スムーズに回し、攻めていました。攻守の要として学校別選手紹介パウチにも名を連ねていたボランチ伊藤さんがピッチ中央をズタズタと―擬音を付けたくなる運び方―攻め上がり、左サイドの関谷さんへパス。逆サイドの荒木さんにボールは渡されましたが、フィニッシュはGK谷さんに弾かれてしましました。谷さんが1対1を弾かなければ…という決定機が7回ほどありました。

落胆で唸らされた直後、荒木さんはペナルティエリア右で倒され、PKを獲得。自らやや右上へ蹴り込んだのでした。得点見られて嬉しかったですけど、どうせならさっき…と贅沢な感想を抱いてしまいました。ここからはやや無茶とも呼びたくなる仕掛けを試みたり、見てて本当に楽しかったです。そもそも、私が青山学院の試合へ足を運んでしまうのは、タッチラインに沿って駆け上がる荒木さんの走るモーションを愛でるのが好きだからなんですけど!

良い流れゆえにディフェンスは難しかったのではないかと思いましたが、御牧さんは特に横への勝負でよくやっているように見えました。クロスがうまい♪というチャントを有する堤さん(先制点のアシストを記録)も、読み良く拾ったり切ったり奔走してました。クロスはあったかな…(微苦笑)

後半は日大が息を吹き返し、カウンターで1点を返しました。一番の原因は青山学院の前半から積み重ねた逸機かと…途中から、やたら監督に名前を呼ばれていた(位置取り?)荒木さんは、後半30分を待たずに交代。ややあって平久さんが登場し、私の目的(卒業生watch)は達成されたんですが、FWとして投入されながらも他人に譲り過ぎかも…と感じてしまいました。こういうのを贔屓目というのでしょうか。

いずれにしても、楽しく見られたゲームでした。終盤は、しのぐので精一杯だったんですけどね…。
2014/04/22 23:24:42 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/561-c412dd74
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。