スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
言葉よりも花よりも美しくこまやかに
2004年の暮れ、試合を終えた選手が、相手チームの応援に来た人の方が多かった…とこぼしました。その始まりの言葉を、おそらく…聞いていらっしゃったのだと思っています。
(この次の試合が、今まで唯一、下部組織の応援にコアサポが出撃したゲーム)

2005年の夏、しんよこFPを取り囲む土手を、フロンターレサポーターが埋め尽くす中で試合が行われました。かつてないアウェー感覚。それが、あるフロンターレ下部組織応援サイトの方が尽力し、クラブがそれに応えてオフィシャルサイトトップへどーんと載せた“連携”のもたらした光景だと知り、無力感に苛まれました。

私たちは、今改めて「家族」という言葉にこだわります。日常の喜怒哀楽をともに分かち合い、互いに愛情を注ぎ合いながら、歩む家族の姿こそが、我がレイソルが目指すべき道であると確信します。そのために家族の一員として必要なこと、それは「おもいやり」と「ありがとう」の気持ちです。(レイソル公式・クラブコンセプト)

思いやり―下部組織を家族の一員として気遣い、その情報をも、最重要任務である広報日記執筆にもさりげなく混ぜて下さっていた方が、種蔵さんなんです。最近だと牧内くん御牧くんのエピソードが記憶に新しいところ。他にも、以前から、ユースOB(鎌田さんの紹介でRKU進学者の名前がチラッと出てきたり)を含めて、いろいろ触れていただき、下部組織のみんなが大きな夢を抱いて毎日頑張っている様子を、様々な側面から知ることができました。

「ユースの試合、行ってみようかな?」と思い立って下さる方によく言われること―ひとつは、試合がいつ・どこであるか分からない(公式サイトのユーススケジュールは、月初めの一度きり更新だから、あまり信用できないし…)こと。もうひとつは、どんな選手が在籍しているか分からないこと。これに関しては、ユース雀たちも、告知エントリを立てたり、一部選手の名鑑を作ったりしたんですが…オフィシャルサイトで、広報の方々がやって下されば、その威力は絶大なのです。

下部組織の扱いに関しては、他の部分以上に、種蔵さんがレールを敷き、やっと走り始めたようなところ。これからも、クラブには、若い家族たちへの思いやりを欠かさずにいてほしいと求めますし、そういう路線を作って下さった種蔵さんには、ユース雀一同大変感謝しております!(プレジャー通信)

…種蔵さん最終出社日の29日、私は例によって書類に埋もれていていたため、日立柏レイソルへブツを送り付けておき、ユース雀代表で直接お礼を言いに行って下さった我らがリーダーに全てを委ねました。役に立ってくれない生え抜きがいたりあれこれあったようですが、宮本主務のご協力もあって、無事に対面できたとのこと。良かったです。改めて…ありがとうございました。

2007年も、「好きなものは好き・いいものはいい」という基本スタンスは崩しませんが、レイソルユースのエントリがたくさんあげられるといいな、とLazy Registaの中の人としては、願っている次第です。
2006/12/31 23:33:46 | Reysol | Comment 2 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
トラバありがとうございます!
でも、オフ中なのにホントに逢えてよかったです!
あの寒い中会えなかったらどうしようかと・・・・v-13

やぶさん的においしいメンツでしたよ(そうなのか?)
アイツらもいたしw
by: ランコ@謹賀新年 * 2007/01/01 14:49 * URL [修正]
アイツ「ラ」ッテダレデスカー?(平然を装ってみる)

お参りに行くと、復活祈願してしまう自分かいるのは白状しておきますけど!(え)
by: やぶ@あけおめ。オーナー * 2007/01/01 17:48 * URL [修正]
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/59-ba785b45
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。