スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
祐二お兄ちゃん。
私が欲しくて欲しくて仕方なく思っているのに、決して手に入らないもの―その一つが「お兄ちゃん」です。厳密な意味では、兄は、自分がこの世に生を受けた瞬間に存在していなかったら、一生いないのです。DNAの由来元が自己意思では選択不能(スピリチュアル的には、そうでもない…という説もあるけど、今回は無視)なのと同様に、兄弟姉妹の人数は、運命です。

そして、少なからぬJリーガーは兄を持ち、兄がボールと興じる姿を見て、自分も蹴り始めています。最も身近なライバルとも言われる兄弟姉妹の、人生に与える影響は、絶大なのです。

今週のサッカーダイジェストはJクラブの補強特集で、ルーキーも当然ながら大きく取り上げられています。高卒組では、野洲の乾さんが一番大きな扱いで、我らが大島さんも「高い守備能力で勝負/個の勝負、空中戦に絶対の自信を持ち、トータルバランスに優れたCB。U-14からか常に各年代の代表に選ばれるなど、その豊富な経験も魅力」として、即戦力度:C(注・この企画は大卒も含め5段階評価で、Aはいません。つまり、Cは上から2番目です)と、素敵な紹介文を頂いて掲載されています。

で、大卒組でピックアップされているのが(サカマガは駒大対談だったんですけど)俺たちの…違いますね、アイツだけの祐二兄様です。先週のRKUカラー特集3ページは、さんざん迷って、人にメールで相談までしてから買ったのに、今回は1ページで即買い。疲れてますね(そうくるのか?)

祐二兄様のキャリアを語る時、必ず出てくるのが、習志野から流経柏への、本田監督に同行した転校組(阿部嵩さんも、深津さんもそうなんですが)であること。そこから、なんですよ。そして、記事は高3の夏から秋にかけての、兄様のジェットコースター人生模様から幕を開けます。

「当時の僕はやんちゃな時期で、試合で退場を繰り返していたんです。国体チームのメンバーにも選ばれなくなって、[夏にはいくつかあった]Jクラブからの誘いもなくなりました」

親を思い、JFL入りを目指すクラブでの自活も考えたものの、栗澤先輩(習志野→RKU)―兄様はこの方から後に10番を引き継いだわけですが―と相談して、当時関東2部リーグのRKUへ。1年からチームの優勝に貢献し、2年で大学選抜や関東Aの10番。

小学校の頃からレイソルで戦ってきたアタッカー船山貴之“くん”に兄がいることを、そのあたりで初めて知った私は、RKUの試合を見に行こうと計画を立てていたのですが、そこへ飛び込んできたのは、忌々しい語句である『左膝前十字靭帯断裂』

「周りの人から、僕がケガで試合に出られないから(戦力がダウンして)チームが勝てないんじゃないかと言われたことが悔しかった」

この年、RKUは1部リーグで6位。今でも検索すると、船山の負傷もあり低迷している…と古河開催の動員依頼文章で他ならぬRKUサッカー部サイドがそう書いているのを見つけられます。

兄様の内定が早かったのは、最初にオファーをくれたチームに決めたから。成田をフレンドリータウンとするJ1クラブ…茨城県内の、J1で強豪(正しくは古豪か?)と呼ばれているチームへ選手を送り込めたことは、茨城県に本拠を構えるRKUサッカー部にとってもエポックメイキングでした。

サカダイのなんだか武勇伝自慢みたいな記事の最後は、兄様の抱負―あの準決勝のロッカールームから出てきて笑顔を見せたとありますがホイッスルの瞬間どんな格好をしていたか知りたいと思うのは業なのでしょうか―で締めくくられています。OFF THE BALLの成長と、ON THE BALLの向上心。

念願の初優勝を昇格3年目で果たしたRKU。兄様は2部チームを1部の頂点にまで引き揚げた一人なわけですけど、流大の王〔キング〕と呼ばれ、ずっと10番を背負ってきた人の凄さを、私は、残念ながら他者の口からしか聞いたことがありません。私が生で見たパフォーマンスに冠せられる語といえば、「船山はもっとできる」ばかりでした。一体この人はどのくらいできる人なのだろう、そんなに「うまい」んだろうか、とずっとそればかり考えていました。インカレの試合でも。

リーグ戦の戦績を振り返れば、祐二兄様のゴール&アシスト量産の大活躍で勝ち点を奪ったDAY OF YUJIな試合は、確かにいくつかあったと、無機的な文字によって積み上げた記憶、もとい知識はあります。でも…グレーの10番をまとった兄様のプレーを見て、「すごい!」と感嘆する機会に恵まれなかったこと、それもまた王たるものにありがちなパターンですから、諦めはつきますけど、口惜しいと言いますか、なんと言うか。

ぶっちゃけ、船山祐二選手はサッカーがすごく上手くなきゃ困るんですよ。どうして困るか、って尋ねられてもうまく説明できないけど(苦笑)困るったら困るんですよ!

だから。
もう何度も書いてますが、ローズレッドに着替えた後は、グレーのシャツをまとっていた頃のようにはいかないかもしれない、だけど、今、そのローズレッドで戦うサッカーチームは、たとえば田代さん、あるいは中後さんのような大卒プレーヤーが主軸になりつつあるところで。

王様とも、皇帝とも違う、キングらしい、強烈な存在感と結果を積み上げていく破壊力。そんな光景を、そんなレフティがカシマのピッチで跳ね回ることを、密かに思い描いています。そんな兄様の門出を…このエントリを、あえてother Footballerにすることで、お祝いさせていただきます。頑張って下さい。

P.S.
それでもサカダイで一番心躍った写真が、P.118の右下(J2セレッソの補強…)なのは否定しませんよ♪ 大好きです。
2007/01/16 23:49:05 | other Footballer | Comment 0 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/65-c48ea0ab
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。