スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
「軍〔いくさ〕ようせよ、者ども」
私は大学で日本文学を専攻しました。進学前、高校までと大学の勉強はまるで違う―と聞いてはいましたが、本当にそうでした。高校までの試験、特に文型科目は専ら記憶力を問うもの。単語の意味だとか文法だとか、本を調べれば載っているようなことは、大学の試験では問われない…と。

文章を書くのも読むのも、当時から好きでした…が、国語の成績が良かったわけではないです。現代文・古文・漢文の中でも、特に古典は嫌いでした。係り結びだ活用だ、そんなものは大学へ入ったらすぐ忘れてしまいました。この国が継承してきた文書文化、それを読み解くのに必要なのは、知識ではなく、思考なのです。

新加入選手、特に新人の2選手にとっては、絶対に感動すると思うんですよ。初めて誇り高きイエローのユニフォームに袖を通す、サポーターのみなさんから満場の拍手を浴びる。一生忘れられない体験になることでしょう。(柏レイソル広報日記)

サポカンのエントリでも述べたように、あの日、私は市民会館へ行くつもりは全くありませんでした。夜明け前…何故かそうやって読むことが最近多い、布団の中で携帯をいじりながら眺めるモバイルレイソル・広報日記。私は上のくだりを読んで、ぶっちゃけ布団の中で泣きそうになってました。

誇り高きイエローのユニフォーム。
U-18のみんながまとって、全国の舞台でも戦い続けた戦闘着は、誇り高きレイソルイエローのユニフォームではないの?―と。
ぶっちゃけ、全否定ですよね。

とはいえ、そんな引っかかりを覚えたのはユース雀でも私一人だけだったようなので、ただの被害妄想なんでしょう。そんなこんなで、今更ですが新体制発表会のエントリです。

“家族”としてユース選手ら若手育成の意向が伝えられました。(J'sGoal)

これはサポカンの蒸し返し(!)になっちゃいますが、今年こそ彼らは若き家族として受けるべき扱いを受けられるのでしょうか…。あ、前エントリで清書しそびれた下部組織のスタッフは以下の通りです(一部フルネームでない人が、メモを取り損ねた部分です)

【育成】
佐々木直人チーフ
☆U-18
 芳賀敦監督、渡辺毅コーチ、吉田達磨コーチ
☆U-15
 千野徹監督、村井一俊コーチ、酒井直樹コーチ
☆U-12
 増本伸弘監督、チェ・ファンコーチ、茂垣コーチ
☆GK
 松本コーチ、井上敬太コーチ

【普及】
池田仁守チーフ
清川浩行コーチ、薩川了洋コーチ、根引謙介コーチ、秋谷コーチ

新体制発表会・私的唯一の見所(!)である新加入選手のご挨拶は、J'sGoalにちゃんとした記事があるんですけど、ここはあえて自分が取ったメモを晒します! 大島さん、かなり緊張していたように見えました。白ネクタイは…微妙だったかも?! 池元さんは一人だけサポーター撮影タイムにポーズとったり、退場する際に観衆へ手を振ったりして、その顔立ちもあいまって人気急上昇でしたよ>ヒガシ好きな方々

阿部嵩「守備面では読みのあるディフェンス、攻撃面では得点に絡むプレー(がウリ)です。柏レイソルのために日々努力するんで、応援よろしくお願いします」

大島「ジュニアユースからお世話になってきたんで、嬉しいです。応援してもらえるような選手になりたいです。今年一年、毎日の練習頑張りますんで、応援よろしくお願いします」

阿部吉「(日立台が好きだったとか?)グラウンドがちっちゃく見えて、疲れなさそうで…サポーターの皆様とも近いですし、気持ちが入ると思います。誘っていただいて気持ちも新たになりましたので、応援よろしくお願いします」

注目の新ユニフォーム発表もありまして、モデルは1stが祐三さん(肩に数字と来たら、漢数字で百…違った、十三しかないでしょ!)、2ndがチュンソン、GKは桐畑さんでした。

祐三「黒いソックスが強そうに見えていいと思います」
桐畑「情熱の赤で頑張りましょう」

質問者が木村“まちゃぴん”だけあって、本日のRisingレイソルでも完全に紹介されていた「サッカー以外で得意なことは?」の質問…は、メモが中途半端なので、J'sGoalより一部拝借

水谷「まだレイソルの選手とはコースを回ってませんが、ゴルフです」
アルセウ「ヘディングが得意です」
古賀「サッカー以外では勝てるものはありません」
阿部吉「岩盤浴が好きです」
大久保「サウナが好きです」
阿部嵩「僕は書道が好きです」
大島「僕はまだ学生なんですけど、古典が苦手です」
池元「僕はカレーが好きです」

流れを変えるアタッカー吉朗さんの本領発揮、といったところでしょうか。阿部嵩さんは丁寧に書くと達筆だと分かるタイプ?!(暴言) 大島さんもよく笑いを取る流れについていけたと思います。頑張りました! 全体として、思ったより楽しめた新体制発表会だった、という印象です。


オマケは、そのRisingレイソルで流された新加入選手インタビューのうち、れじれじのビジター様に需要がありそうな分のみ、リアルタイムタイピングしたものです(録画したものを起こしたわけではないので、概要ですよ)

阿部吉「自分が成長できるかなと思いました。すごくいい雰囲気なので。昨年はすごく怪我が多かったので、今年はケアをしっかりしたいです」

池元「(持ち味は)スピードに乗ったドリブルと、シュートです。自分の持ち味をゴール前で精一杯出して、出た時は点を決めたいですね」

阿部嵩「今までいろんな人に助けてもらってきて、その人達のお陰で(プロに)なれたと思ったんで、まずは感謝を述べたいですね。(持ち味は)地味なんですけど、読みを生かしたディフェンスと、後ろからどんどん前に行って点に絡めるプレー。日々努力していくんで、応援よろしくお願いします」

大島「見てる立場から見られる立場になるんで、全然違う立場なんで…体作りとか精神面の強さとか、基本的なところから作って、運がよければ試合に絡んでいければ。まずは基礎から作っていきたいです。毎日の練習を一緒に頑張っていくんで、応援よろしくお願いします」

風の便りでは、大島さんはトップのハードな練習についていくだけで毎日必死なんだとか。でも、合同自主トレからリタイアする選手も頻発している中(誰とは言わないけど!!)ついていけているだけでも立派だと思います。

鹿児島キャンプでは、ユースから参加の4選手がいますから、雑用三昧は多少緩和されるかもしれませんが、逆に、トップ昇格を果たした先輩として、後輩の期待や視線に応えられる存在であってほしいと思いますよ!

がんばれ大島選手、早くサインも完成させましょう♪(そこへ話を持っていくか~!)

2007/01/28 21:42:44 | Reysol | Comment 2 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
大島くんは88年で唯一トップ昇格を果たした選手ですからね!
是非、後輩の為にも(?)頑張ってほしいです☆

でも、ラ氏はやっぱり小林祐三です。
(このお話が出来なかったのが残念ですよー)

ユースっこも全日程参加かと思いきや、1週間だけなんですね!?
2泊3日のDMRM日程で正解かなと(笑)
by: ランコ@ユースっこと同年代 * 2007/01/29 22:13 * URL [修正]
Risingのコメントを見る限り、大島さん自身も立場や弱点はよく分かっているみたいなので、ファンとしては大島さんを信じて成長を見守る…といったところでしょうか。

祐三さんは…別にやぶは祐三ギャルじゃないから(5秒)

ユース選手は学校などもあるでしょうし、肉体や精神への負荷を考えたら、ちょうどいい期間ではないかと、私は勝手に思ってます。
by: やぶ@セキジャニ学園入学希望オーナー * 2007/01/30 00:16 * URL [修正]
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/69-fbefe1c2
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。