スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
reasons to be cheerful
年が明けてから、二度も好きな選手に聞きそびれてしまっていたこと。

―今年の流大のキャプテンは誰ですか?
今年は去年より忙しくならない?「僕です」

いつも書いてますが、大学のサッカー部主将は、トップチームだけを束ねる存在ではありません。部全体のキャプテンなのです。もちろん、立派に務めて下さると信じてますが。

<関東大学オープニングフェスティバル@2/25西が丘>
関東選抜A 4-1(前半3-1)関東選抜B
得点者:高崎、鈴木(高崎)、大瀧、武井(山本)、菊地(鈴木)

☆関東選抜Aスタメン
-------15高崎/3-------
08山本/3---10鈴木/3---09兵藤/3
---13武井/3---11菊地/3---
03塚本/304鎌田/305飯田/306石井/3
-------01関/3-------

【所属】流経大駒大明大早大

レイソルに帰ってきた菅沼さんをこの目で見ていないと日々ぼやきながらも、西が丘へ行ってきました。付き合いで

…私が鹿児島太陽会(レイソルキャンプ見学ツアー)参加メンバーへ写真を頼んだばっかりに、うち2名がたけいギャルになって凱旋。その片割れに、25日行きますよね?―と釘を13回近く刺されたので、しょうがなく行ってきたんです、付き合いで。

電車にコートを忘れるという大失態ゆえに迂回してたどり着いた西が丘では、女子の関東東西対抗戦が開催中でした。WEST(日体大+神大)の着るユニが、パステルブルー地にパステルイエローのナンバリング、加えて左袖だけピンクというプリティなデザインで、目を惹きました。

関東大学サッカーのオールスターゲームに相当するだけあって、さまざまなイベントが用意されていました。まずは、A,B両選手の選手メッセージ掲示と、それに応える形での、応援メッセージ寄せ書き。大学の後輩による書き込みあり、高校時代から追いかけ続けるギャルの書き込みあり、ユース出身者の帰還を望むJクラブサポの書き込みあり、となかなかバラエティに富んだ寄せ書きになってました。絵描きなたけいギャルさんも、一発でそれと分かるような素敵なメッセージを綴ってました。

デンチャレ=デンソーチャレンジの略

選手メッセージも、淡白なのから力強く述べているものまで十人十色。上へ載せたのは、次郎先輩です。RKUの試合は面白いので、私からもお薦めしちゃいます♪

武井さんのは紹介するとたけいギャルに怒られてしまうので軽めでスルー(どんどん走ります!)、飯田さんはヘディングとコーチングを見て聞いてください、だったかな?

また、今年こそは入ろうかな、と考えていたKUSS(関東大学サッカー後援会)ですが、設置されたブースで入会すると好きな大学の集合写真がもらえるとのことで、足を運び、写真を見せていただいたら、RKUのがふなやまにあ的に素敵なんですよ! お陰で、人に金を借りて入ったの1名、お金を席に取りに戻ってまで入ったの1名という結果となりました。

そろそろ試合の話をしましょう。ロイヤル(って赤にしか見えませんでしたが)のユニフォームが関東Aで、関東Bは青系。兵藤さんの前に立ちふさがる左SBとして、RKUの宮崎さんも先発してました。サイドに追い込む守備(相手がどれだけ大きくても!)はさすがです。

スコアこそAの圧勝ですが、やっているサッカーはBもなかなか小気味良かった(Aは中盤省略の傾向もありまして…)と思います。特に11番(順大の伊藤さん。1年生)には、菊地さんも懸命な応対を余儀なくされるほど。要チェックの選手です。

「OK、OK、前行こう、前行こう」
さて、今日も中盤を走り回り、時に味方へ声をかけるダイナモ武井さんですが、たけいギャルズはその一挙手一投足に夢中。5分も経たないうちに袖をまくりあげる(武井択也といえば七分丈、のイメージは鹿児島で固まった模様)のもすかさずチェックし、鈴木修人さんが場内に驚きの声を沸かせたテクニカルなシュートによる得点シーンでも、横にいた武井さんが大喜びしている姿ばかりを見ているロックオンぶり。

チェックして奪ってから素早くサイドへ展開する、中盤の底らしいプレーが結実したのは前半30分過ぎ。飯田さんがヘッドでクリアしたボールを拾い、そのまま突っ込んで行ってフィニッシュ行くか…と思いきや、左サイドを駆け上がっていた山本脩斗さんへクイックモーションでパス、綺麗に戻されたセンタリングをヘディングで叩き込んだのは、当の武井さんでした!

その際は、それまでの(他人の)2得点ほどは喜ばなかったので、「1得点2喜びで折り返しか…」と言いながらハーフタイムだったんですけど―これが間違いだと気づいたのは、試合が終わってからでした。

後半もBが攻め込む展開だったのですが、花試合なのもあって、切迫したようなシーンはなく…結局、宮崎さんは後半23分頃に下がりましたけど、AのRKU組はフル出場。

武井さんと次郎先輩の持ち味が一番感じられたシーンは、敵味方がボールへ寄って集まって、武井さんの足元にあったボールを次郎先輩が長い足で掻き出そうとした、まさにその時ですよ!

終了後はピッチ脇、メインスタンドそばでダウン。この時も、すかさず黒いジャージをまとう面々(飯田さんは上だけ、次郎先輩にいたっては上下)とコントラストを描く、試合中と変わらぬ姿できゃいきゃいと盛り上がる武井さん。何に盛り上がっていたかと言えば、自分のヘディングシュートを何度も繰り返していたんですよ…おそらく。職人なたけいギャルさんいわく「5回はやってた」。いや、職人の観察眼もさすがです(脱帽)


引き揚げた選手を待つべく出口へ向かうと、本日も下平スカウトのお姿が。中野監督と談笑し、出てきた鎌田さんとは真っ先に握手して…頑張っていらっしゃいます。

最初に出てきた辻尾さんが、ブランド物のバッグをカートで運んでいらっしゃって…ビックリしていたら、RKUの上級生トリオは期待を裏切らないグレーのジャージで登場しました。車(左前・鎌田、右前・飯田)が予想外に出口寄りで、あたふたと近寄ると、挨拶からツッコミまで爽やかにしていただきました。いや、的確なツッコミぶりで、策士殿は! こんな“やぶのまわりをバンバン叩く(英訳するとbeat around the bush)”話し方をするサッカー選手、1985年生まれでは他に知りませんよ…。

ともかく、無理やりゲットした(むしろ「させた」)鹿児島土産のお陰で、楽しい時間を過ごせたこと、選手の方々とたけいギャルズへ感謝したいと思います。ありがとうございました!

今年の望みは何よりもリーグ連覇とインカレ優勝、それは嘘でも作り話でもなく、本音、真なる願いですよ。

エントリタイトルは、帰りに寄った水道橋ラクーアでLUSHバスボムのまとめ買いができた記念に、LUSHのギフト(製品名、というか日本名は「笑顔の秘密」)より拝借しました。武井さんぽいでしょ?

2007/02/25 22:59:21 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 1
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/78-599d4e21
関東大学サッカーオープニングフェスティバル!
関東大学サッカーオープニングフェスティバルとは。3月に開催されます「第21回デンソーカップチャレンジサッカー大会」において、関東を代表して出場する選手により構成された、関東選抜Aチーム・Bチームが対戦致します。@JUFA関東「大学サッカーも面白いので是.... プレジャー通信【2007/02/26 23:03】
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。