スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
stronghold
EL GOLAZOの駅売りエリアは、関東では東京・神奈川・埼玉の1都3県で、取手駅@茨城県は常磐線の運行形態ゆえの特例的存在。コンビニは「首都圏」と記載されているものの、たとえば鹿嶋地区で売っているのは、配送ルートが銚子@千葉県方面からのため…と以前、聞いたことがあって。

実は、龍ヶ崎@茨城県では売ってないかもしれない、とは、水曜の時点で頭をかすめてはいました。

<関東大学サッカーリーグ第2節@4/7市原臨海>
流通経済大 2-1(前半1-0)東海大[関東連盟/RKU公式]
得点者:船山(武井)、大原(増澤)、沢口泉(船山)

--36沢口泉/3-----15船山/2---
-10平木/3--------08西/3---
----23武井/4---17三門/3----
06宮崎/3-04飯田/4-02C鎌田/4-05赤井/4
--------01林/2--------

西→07楠瀬/3(左OH。船山が右へ)
三門→26千明/2(同位置)
沢口→09池田/3(同位置)

KUSSの会報配達を待ったせいで変な時間に五井駅へ到着し、華麗にタクシーで会場入り。1試合目の国武大vs尚美大が終盤を迎えていました。ネクタイをかっちり締め、昨夏の天皇杯千葉県大会準決勝(レイソルU-18vs国武大)をご覧になった方なら覚えているかもしれません、あの日のように合唱する国武大応援席に対し、尚美大はコールリーダーのチョイスにツッコミさえ入る臨機応変のコールを繰り出し、そのコントラストがなかなか面白かったです。

尚美大の10番・荒田さんのプレーへ、市原臨海のメイン上段(両応援団は下段に陣取るのです)に座るRKUの部員たちが冷やかし?やらコール追随やらやって、本人も試合後にはしっかり反応していたのですが、帰ってからプログラムを見てみたら、荒田さん、前所属チームが「流通経済大学」と書いてありました。なるほど…。

どれだけ試合を重ねても、RKUのスタメン発表はドキドキします。ご贔屓がいるとは限らない…いなくてもおかしくない。それは常に肝に銘じていること。今回は、苦戦したとはいえ開幕白星発進でしたので、Winning Team Never Changeで来ました。

本日は半袖着用(それを真っ先にチェックするあたり、相当毒されてますよ私(笑))な武井さんの、ミートしきれない…とりあえず打ってみました的な浮いたミドルから幕を開けたゲーム。開始早々から右サイドの西さん切り崩し&赤井さんオーバーラップでチャンスを作るRKU。後ろからのボールを船山さんが胸で落とし、受けた武井さんが右へ展開、赤井さんが攻め上がる流れなどはいい感じでした☆ RKUがサカダイに取材された記事で肩を組んでいた船山&赤井ですけど、船山さん、赤井さんにはものが言えるのかな、なんて思ったり。かなり誇大解釈?(苦笑)

右サイド後方から、やや斜めに出たDFライン裏へのボール…出したのが武井さんだったのは公式記録見るまで気づかなかったのですが(うわー、刺される!)これがぎりぎりでオフサイドにはならず、船山さんがGKと1対1に。構えるGKをワンフェイク入れてかわし、余裕の流し込みで先制点をゲットして両腕を突き上げた船山さんでしたが、外したらどうしようかとフェイク入れた段階でヒヤヒヤしていたのは、ファン失格なので内緒です。

「タカ、いってやれ!」
上でリンクはった、RKU公式の試合記録で、戦評を担当しているのは林さん。よく見てるんだな、と思うのは試合中から。言われて相手GKのゴールキックにプレッシャーをかけに行こうとした船山さんでしたが…こけてますよ!(どさっ)

林さんが最後尾にいることが、どれだけ今の、エンジンが温まらないというか、試合中に微調整を繰り返してパーツとパーツとの(つまり、選手間)フィットを改善していこうとしているRKUを救っているか。君津住宅のCMをCTCで見すぎなんでしょうけど、たとえるならば家の土台みたいな存在です。DFが柱で、屋根はその上へ乗っかるもの。

このチーム、鍵を握るのは武井さんでしょうか。前を向いてボールを散らせていればよいのですが、後ろ向きで相手を追走は悪い状態、もっと許されないのは、スペースを相手に与えてしまうこと。中盤の底は大事な“位置”なのです。(Lazy Regista・東海大とのTMログ)

飯田さんが競り、鎌田さんがカバーし、武井さんが拾って次へ繋いでいくのがRKUですけど、開幕戦に続き…特に鎌田さんの調子がイマイチそうで、危なっかしい場面を幾度も招きました。それでも、誰か一人がやられても、別の誰かが穴埋めをして、どうにかフィニッシュまで至らせない互助は、さすがに長くやっているバックスだと感じたし、全て破られても、最後の砦である林さんが食い止めてくれる安心感がありました。

後半に突入すると変化が…身内の一部で人気急上昇中の東海大学のマスコット・トラさん(538ログ)がフードを脱いでしまっていたのですよ! 大事件!!と思いきや、しばらく経ったらかぶり直していたので安心。

「シンプルにやろうシンプルに!」
高い叫びは、トーンこそ軽やか、かつ爽やかな武井さん。彼が落ち着いてボールをさばける時間が、いい時間帯。自陣ゴールへ向かって追走してばかりなのが、悪い時間帯。その物差し的役割は、この日も同じ。悪くても悪いなりに、チームのピンチを摘んでいく―シュートを打たせなければ失点はしない―鎌田さんと並んで、出来が良くない日もそれなりにまとめられるところが…武井風に表現すると「80点から100点の間をさまよってる」あたり(個人的にはそこまでハイスコアはつけられないけど)が、さすがなのです。

船山さんがジャンプしながらボールを確保する胸トラップが素敵だな、なんてぼんやり眺めていると、なんとなく左サイドに張り付いてるかな…と思えてきたり。沢口泉さんがセンターで、左に船山さん、右に西さん、平木さんはセンター寄りで。タッチライン際で相手を外し、フリーで入り込んだ船山さんが上げたクロスを、沢口さんが同じくフリーだったのに決められなかった時は、ガックリしました。

チャンスの何倍ものピンチがあった後半、どうにか耐えてきたRKUでしたが、ついに、相手の右CKがファーに入ったのを、ヘッドで決められてしまいました。一瞬にして、昨秋のTMでも同じようなやられ方をした、と思い出せるぐらい。私なぞが思いだせるのだから…。

楠瀬さんを投入し、続いて池田さんが呼ばれてベンチで準備を始めたのですが―左サイド楠瀬さんの突破(寄せられてもキープできる強さのあるドリブルは、切り崩したり割って入ったりするのとは、また違う良さがにじむような)を起点に、三門さんを経由して逆サイドの船山さんへ、船山さんが素早くセンターへクロスを戻し、これを沢口さんが振り向きざまに放って、勝ち越し点ゲット!!

「おーおおお、イズミ! ゲットゴール、イズミ!」
高らかに歌われたのが、福田さんのコール流用だったのは、沢口さんがレッズユース出身だからなのでしょうか? だったら船山さんはスーパージャメーリゲットゴールでいいじゃん、とつい思ってしまうのは悪い癖。あれ縁起の良くない歌だけど…。

勝ち越してもゲームは落ち着かず、RKUは監督が札を2枚切り、いろんな選手が細かくポジションを移していくので、見てる側もバタバタしっぱなしで。私の見る目がないだけとも言いますが。中盤でボールを奪って(=守備を頑張る!)起点になったり、一瞬の隙も逃さずミドルで脅かすミッドフィールドな船山さんも嫌いじゃないですが…その位置にいるのは、それはそれで“懐かしい”けれど、もう今の自分の目には馴染まないのだな、とも感じられました。

とにかく、どうにか、こうにか、やっとの思いで、逃げ切れました。悪い意味で息が詰まるような終盤でした。


相性なんて、その実体は刷り込みまたは思い込み、ですよ。

正直ナンが大きすぎました…

五井駅へ歩いて戻る途中、広大さんが市船のキャプテンだった選手権の帰り、正月休みの文字に玉砕して以来、密かに宿願だったサマナラへ行ってきました! カレー自体はインカレ@フクアリで体験してましたが、店に行きたかったのです。

最近カレーがMYブームで、浮かれるあまり、表通りを一本外して帰るという、常日頃なら心がけていること(そんなこと気にしてるのかよ、って言われそうですが…しますよ! したくなるでしょ!)を忘れてしまいました。あはは。

焼きたてのナンは、とってもおいしかったです。2食分ぐらい炭水化物摂取した気分になりましたけど。

あ、肝心なこと書き忘れてました!
船山さんヒゲそってくれましたよ!!
「それ」って言ってくれた先輩さん、どなたか分からないけどありがとうです♪(微笑)

2007/04/08 00:14:03 | University Soccer | Comment 2 | Trackback 0
<<BACK | BLOG TOP | NEXT>>
Comment
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2007/04/09 02:18 * [修正]
>鍵コメさん
ヒゲ面etc.=祐二兄様似という観点、言われてみて目からウロコです!
時には「とろいのに」と口にしたりもしてますが、なんだかんだで自分をレイソルそしてRKUへ引きずりこんだ張本人でもある兄ちゃんのことは大好きだと思います(勝手な推察ですけど)
ずっと兄ちゃんのこと追いかけてきたサッカー人生だから…兄ちゃんには頑張ってもらわないと、とワガママなことを願うのです。

アントラーズ大丈夫かな…ブラジル人が常に上というヒエラルキーがいまだに多くの人を悩ませているとは…。
by: やぶ@ラベンダーがお友達の家主 * 2007/04/09 22:43 * URL [修正]
Comment Form












やぶにだけ読んでもらう

Trackback
トラックバックURL
http://vexations840.blog76.fc2.com/tb.php/98-0b33ea58
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。