スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
@新発田
20070716114112


新発田は震度4でした。試合は無事、始まっておりますので、ご安心を。
(比嘉くんと山崎くんはベンチスタートですが)
続きを読む
2007/07/16 11:06:22 | Japan National Team | Comment 5 | Trackback 0
World of Difference
新潟市陸を離れ、ふらっと足を踏み入れたりゅーとぴあ。豊かな音色の"BGM"に癒されたのですが…豊かな音色は、ロビーの一角で行われていた生演奏ゆえのもの、でした。モーツァルトのクラリネット五重奏曲―それを聴衆の耳へ送り込んでいるのは、人の手、人の指、人の息、人の心です。

やはり生です。生しかありません。生でないと分からないことはたくさんあります…サッカーでも。

<国際ユースIN新潟・予選リーグ第3日@7/15新潟市陸>
U-17日本代表 0-1(前半0-0)U-17ペルー代表

新潟市陸へ行く時は、いつも、新潟駅から信濃川沿いの整備された堤防を歩いていきます。陸上競技場へはバックスタンド側をぐるりと回って接近する空中回廊を歩いていくのですが…電光掲示板に「第11回国際ユースIN新潟 日本代表U-17対ペルー代表U-17」の文字が流れていなければ、試合の開催自体を疑いたくもなる、人影の見当たらないメインスタンドが視界へ飛び込んできました。

日本代表が関東プリンスなどとの兼ね合わせで、新潟国際ではいわゆる“ベストメンバー”を揃えられないのもよくあることですが、それでも淋しくなりました。結局、身ばれ確実な黄色いポンチョを着る必要はなく、傘(ただし、これも黄色)を差して観戦したのでした。購入したプログラムも、濡らしたくないから、全く広げもせず雨よけビニール袋内のバッグへしまいこんで。

赤たすきの刈谷…じゃないペルー代表は、欧州ビッグクラブが熱視線を送る大物(背番号7マンコ選手)へ注目が集まりますが、背番号5をつけ左SBで先発の山崎くんが上がろうものなら、すかさずその背後を突くしたたかさと、日本代表選手とはスケールの違うシュートレンジを皆が備えた強敵でした。

ちょうど前週に見た総理大臣杯決勝で、準優勝に終わった静産大の監督が、大学の関東リーグと東海リーグでは一般的に想定されているレンジが異なり、静産大の選手が、たとえば武井さんが放つミドルシュートを静産大の選手は予期できなかったのが敗因、とコメントしていたのですが、日頃の戦いで感覚的に染み付いた距離感をぶち壊す相手とやり合う難しさを、私はこの対戦でようやく実感したのでした。肉体的には未完成な年齢、という点は両イレブン共通のはずなのに…。

「ホタル!」
そんな声がピッチから聞こえて、驚きました。セレッソの山口螢くん(中盤で忠実にやるべきタスクをこなしていた印象)だと後で知ったのですが…風情ある名詞がゲーム中に飛び交うのも、不思議な感がありますけど、ヤマといえば山崎くん、のようで。

16番を背負いベンチスタートの比嘉くん。同年代の中ではどんな表情をするのだろう―ガンバ大塚くん(ちゃっかり比嘉くんが身体をほぐす際の支え棒扱いしてました)とアップを始めた頃から、丁寧に観察しました(試合はどうした?)。試合前のアップスタートでも、ハーフタイム突入時も、待ってましたとばかり、いそいそとボールを取り出し、誰よりも早く芝生の上へ飛び込んでいきます。サッカーが好きでたまらない、屈託のないサッカー小僧そのものです。

ハーフタイム途中に大塚くんと呼び出され、後半開始よりの出場となりました。左OHに入り、ちょうどメイン側の左サイドがレイソルコンビに☆ まず何に驚いたって、青い交代用紙を口にくわえて第4審へ向かったところ!(笑)



降り続ける雨は、ドリブラーには厳しい条件です。そして、肩を脱臼して手術し、ようやくリハビリを終えて帰ってきたなんて事情を配慮してもらえる余地などあるわけもなく、足を引っ掛けられ、腕も容赦なくつかまれ、見てるこちらが不安になる程の激しいモーションで止められもします。それでも、臆せず戦うしか、“最終選考合宿の選考合宿”である新潟国際へ召集された比嘉くんが生き残るすべはりません。

ワンツー、クロス、スルーパス。いろんなアイデアを次々と…初めて見たプレミアカップ@Jヴィレッジで受けた第一印象と同じく、怒濤のシンキングスピードで具現化する比嘉くん。ようやく、ユースマニアさんがレイソルでの比嘉くんを見て、不満そうな顔をする理由を悟った気がしました。運ぶ時は運び、はたく時ははたき、相手からの物理攻撃(と言いたくなるぐらいのマーク)を全身で受けながらも、“人もボールも動くサッカー”を動かすエネルギーコアとして眩しく輝く比嘉くんは…レイソルでは見たことのない姿でした。大塚くんは、あふれ出るエナジーを、きっちり受け止めてくれるのです。これが現実、または比嘉くんを取り巻くenvironmentだと“観念”しなければならない、と強く感じました。

左サイドから、角度のない…得意のコースでサイドネットを揺らしたスーパークリーンシュートは、判定で取り消されました。無念です。

途中出場の八反田くんが左OHへ入ると、比嘉くんは右へ。山崎くんの左CKをヘディングしたこぼれ球を、比嘉くんがミドル打ちこれず、ゴール前へのパスとなり、これの押し込みもやりきれず、なんて場面もありました。試合はGKの反射的なセービングで何度も助けられていた日本が、そのGKが傷んでのリスタートで、手早く突っ込まれDFラインの裏を与えてしまい、ゴール隅へ蹴り込まれてしまう…それも終盤に、という残念な展開でした。ただ、スコアこそ0-1ですが、内容としてはペルーとの差をまざまざと見せ付けられました。

理想(城福哲学)と現実(ペルーの力量)との間を彷徨うイレブンは、まるでガラス細工のようでした。美しいけれど、脆くもあり。
2007/07/15 18:30:27 | Japan National Team | Comment 0 | Trackback 0
FAVORITE 10
反町JAPANの深夜特集番組で最も面白かったコーナー・好きなものを10個挙げることでパーソナリティへ迫ろうとする"FAVORITE 10"。自分もやってみました(うざい…)

☆サッカー
blogのテーマに据えてるぐらいですから(笑) ただし、観戦専門。運動音痴なので。
☆ドリブラー
自分でも衝撃の回答。2番目は深層心理が最も反映すると言いますし。ボールを操る技術以上に、彼らの勝負へ挑む姿勢が好き。
☆笑顔
生きる原動力にして、目的。至上の価値を有するもの。あ、言うまでもなく“他人の”です。
☆ネットサーフィン
webに接続できない環境へ置かれると、禁断症状が出てしまいます(苦笑) TV見ない+活字読まない傾向は激化中。
☆占い
パーソナリティ解析ツール。他人を観察し、その像をちまちまと作り上げる“ヒューマンウォッチ”の礎…分類の金型として使います。
☆「ありがとう」という言葉
最も美しい日本語。この響きに喜びや力を得ない人などいないでしょう?
☆甘い物
機嫌が悪かったら、与えるとおとなしくなります(苦笑) 近頃のお気に入りは、100% Chocolate Cafeの40番・ロイヤルミルクティーチョコ。
☆Suica
これも我ながら意外な回答。ピッピッやるのが好き。Suicaで買い物ができると分かると、嬉しくなってしまいます。ペンギンも結構好きです。
☆雑貨
服を買うのは苦手ですが、雑貨は大好き。LOFTやハンズが少しずつ柏へ近づいてきて(笑)嬉しいです。特に好きなジャンルは入浴剤、食玩。
☆文章書くこと
存在意義、あるいは数少ない自信が持てること。それは、昔、褒めてくれた人がいるからですけれども。

…あー、こんなの誰も読みたくないですよね? すみません。ちゃんとしたもの置いておきますんで、お口直しにどうぞ!

【闘争心あふれるプレーでゴールを狙う左利きのストライカー・李忠成】
友達
家族
「ま、サッカー
笑うこと!」
「なんだろ…。難しいなー。あ、! 馬見るの好きなんです」
食事。おいしいものを食べること」
「あと4つっすか。なんだろ。あと4つ~」
ゲーム
「ま、焼肉っすね。うちのお店[=実家]の」
ひとりの時間っすね」
お金

【鋭い飛び出し、正確なシュート、今シーズンの柏レイソル躍進を支えるワンダーボーイ・菅沼実】
家族
愛媛FC
「やっぱブラジルのサッカー
「日立スタジアム、柏スタジアム
「俺結構つまんない奴だなー。ないなー(笑) えー?」
疲れたら寝る
水風呂
「なんか!ってなりたいな」
24(笑)」
さんまさん。結構見るんですよね、さんまさんの番組」
「結果」
―それはゴール?
「そっすね、ゴールっすね。ゴールの方がかっこいいっすね。ゴールにしといて下さい。これ(←両手でハサミチョキチョキのジェスチャー)うまくやって下さいよ。ゴール! ゴールです」
2007/06/05 21:55:44 | Japan National Team | Comment 0 | Trackback 0
だって、負けるの大っ嫌いだもん。
昼休み、いつものようにRSSリーダを起動して…って、またそんなエントリかよ自分。

大人買い…他のページをすぐ捨てる大人買い

宮本主務の今朝のエントリ@敵地静岡を読み込んで、写真見て、ちゃんと読まないうちに、オフィス飛び出して、コンビニ行って、片っ端から買ってきましたよ!

だって宮本主務になんか(!!)負けたくないんだもん!
…ああ、熱にうなされてどこか行ってしまえ自分。
ミノル熱。

MINORU、って背中に入った代表ユニ、作りたいぐらい。

…このエントリを「JAPAN NATIONAL TEAM」カテゴリで立てられる幸福をかみ締めながら、仕事頑張りますよ仕事。

だって仕事なんだもん。
2007/04/11 12:52:20 | Japan National Team | Comment 0 | Trackback 0
「噂は聞いてる」
「一緒にやりたかったです」
一緒にやってほしかったです。

<練習試合@3/1市原臨海> ※45分×4
U-20日本代表候補 7-4(0-0/3-1/0-1/4-2)流通経済大
得点者:池田、柳澤、小澤、長沢/徐、船山、遠藤×3、米倉、宇佐美

★RKU1試合目先発
---24瀧原/4----07沢口泉/3---
-10平木/3--------17細貝/2--
---33儀間/4----20三門/3----
05赤井/4-23染谷/3-25澤口雅/4-08西/3
--------22清水/4-------

※3月開催のTMですが、RKU公式に倣って学年は4月からの新学年です。ちなみに信憑性は約3割(現地で書き取れたのが30%ということ)

※2試合目の布陣も掲載を試みましたが、DFラインの並びが全く取れていないので諦めました(撲殺)

※代表の布陣は、ご一緒したりっくさんのところにバッチリ載ってますので、そちらを見て下さい(手抜き)

U-20が流経大と試合―柳澤vs船山対決を見る、のは今年の“目標”だったので、すぐに行くと決めました。市原臨海でやるらしいと情報を仕入れていたのに、RKU公式(帰宅後に見たら訂正されてましたが、出発時点では訂正前だったのです。クローズアップ2/28参照)に従って市原スポレクへ行くも、空振り。ようやくたどり着いた、ゴール裏スタンドがなくなっている臨海で、アップをしている青と黒の三本線たち―右半分の青、ではなく、左半分の黒、を執拗に見つめ続け、ターゲットが見つからないのに焦った自分を、我ながら意外に感じました。青い柳澤さんは、あのフォームですぐに見つかったから、かもしれませんが。

やっと黒い船山さんを見つけたのは…あまり望まない場所で、でした。私たちのいた隣のブロックに、RKUの選手がぞろぞろとやって来て、試合見始めて、そこにいましたから。何かをほおばりながらも、船山さんの眼差しは怖いぐらいで。そして、その選手の一人が自分たちの人数を数えた(16人だったかな?)時点で、4本あると気づくべきでした。やられました。

「ヤナギー、中、ポジション!」
どちらもなかなかフィニッシュまで持ち込めないのですが、特にひどかったのは代表。吉田監督は、ボランチにも、1人は前へ行くようにと指示を出します。

柳澤+森野vs平木+赤井。煮え切らない代表にあって、時折キラリと光るサイドアタックコンビネーションを見せる二人の前に立ちふさがるのは、(この時点でのRKUの布陣の中においては)馴染みの二人。たかがマッチアップでも、内心では結構盛り上がってました。柳澤さんが試合に出るのを見るのは、新潟での同じくユース代表のTM以来でもありましたし。


※今夜はここまでです(吐血)16ページあるメモの2ページしか書けてないんですが、このペースでいったら、どんな長いエントリになるのやら…・。
2007/03/18 23:04:58 | Japan National Team | Comment 0 | Trackback 0
BACK | BLOG TOP | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。