スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
悪くない言葉だ。なにしろ分かりやすい。下手な美辞麗句より、万人に通じるものだ。

<関東大学サッカーリーグ2部第13節@9/16駒沢第二>
青山学院大 2-2(前半1-0)関東学院大
得点者:【青】関、村杉(PK)【関】喜屋武(うちPK1)

刃と刃がガキーンと切り結ぶ幻聴が、雨だれへ覆い被さってきました。御牧さんが、対面の相手主将(有永さん)とのコンタクトで、はじき飛ばされたのです。前後期トータルでいまだ勝ち無し(結果的には翌節より3連勝を記録してますが)の関東学院がペースを握ります。FKは無情にもバーを叩き、そこからのアタックで先取点を挙げたのは青山学院だったのですけれども。決定機を、少なくとも3回は退けた青学GK田端さんの好守連発がなかったら、一体どんなゲームになっていたでしょうか。その鬼神すら豪雨に手を滑らせても、味方がフォローできたのが青山学院であり…負けじと、関東学院GK大川生さんも青学のフィニッシュを“殺して”いました。

激しい雨でも、クリアに見せて、蹴り出したボールはバッチリ前線の味方すぐ前へ落としている御牧さんのキックコントロールは不変。前を向いてのクロスが、ぎゅいんと鋭い弧を描いて、味方にとって最良の位置へ落ちるのは、もはや当然と言えるくらいです。観客にとっては過酷な雨でしたが、両イレブンは降り注ぐ冷たさにも屈せず、良く集中していました。どちらもスピーディーかつ丁寧にボールを繋ごうとし…1部の試合よりもエンターテイメントとして面白い、と素直に言えば感じました。

関東学院が前線へのフィードで抜け出し、GKと対峙。田端さんが倒して止め、警告を提示されます。オフサイドじゃない、イエローじゃないとピッチ内外で憤怒が飛び交い…青学キャプテン武田さんは熱くなり過ぎて、ベンチに「エイジ、やめろ!」と叫ばれる始末。PKは10番・喜屋武さんが全力で右へ蹴りこんだのでした。騒然としている間、関東学院の選手が胸を叩き、「ここで取るぞ!」と吠えていたのが印象的でした。喜屋武さんが決めて真っ先にしたのが、追い風を呼び起こすべく、スタンドを煽ることでしたし、青山学院も結束していましたが、関東学院のフィールドとスタンドが一体化したパッションの発露には、心が揺さぶられました。結果がついてきていないなんて、信じられないくらい。

青山学院が1枚目の交代札を切った直後、左SBの有永主将が素早く攻め上がり、喜屋武さんのダイアゴナルショットを誘発。見事な勝ち越し弾でした。初勝利へ意気あがるスタンド―アディショナルタイムも掲示された後、ペナルティエリアで青学の選手が倒され、PKが宣告されました。第4審が掲げた数字は「3」、このPKが中央上に蹴り込まれ、公式記録へ記された数字は「90+2」。差し水でした。1勝もできないチームを繰り返し見ると…スタンドで選手のご家族が、やっぱり、といったリアクションをされていたのが、とても心に残りました。続けて見ていなければ深められない理解もあるし、同時に、見続けていると奪われてしまうもの…いや、視野を塞いでしまうフィルタが構築されてしまうのです。
2010/10/12 21:25:50 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
レクトアングル
近くに座っていた早稲田選手のご家族が、早く終われとやきもきする只中で…永遠に終わらなければいいのに、と私は 久 し ぶ り に 思っていた。

<関東大学サッカーリーグ第14節@9/20たつのこフィールド>
早稲田大 1-0(前半1-0)明治大
得点者:富山

4年がしっかりしないと!!(挨拶)

1位明治vs9位早稲田。主導権は積んだ勝ち点へ比例するように、明治が握っていました。左サイドに陣取る10番主将・山田さんを主体に攻め立てますが、前節のヒーロー山村さんがフィニッシュに苦しんだのもあって結実しません。早稲田は畑尾さんがコントロールする(オフサイドトラップを乱す先輩もいたり…)最終障壁でアタックをしのぎつつ、奥井さんや松井さんがサイドで仕掛け反撃の機をうかがいます。

早稲田では左CB小川さんとボランチ山中さんが、明治では右SB豊嶋さんが先発。どっちつかずな感じで眺めざるを得ません(勝手)

長く伸びた波打つ髪を揺らしながら奔走する豊嶋さんのボールカットは頼もしく、首位を独走する紫紺軍団にあって、後期より定位置をもぎ取っただけはある…と唸らされました。好調そうに映った、対面のWMW奥井さんとも丁々発止の攻防をゴール脇で展開。少し傷んだのもあり、先輩との交代でフル出場はならなかったのですが。

山中さんは熱い後輩・島田さん(鹿島ユース)とドイスボランチ。二人の位置が重なる場面もありましたが、精力的に動き回る島田さんとは対照的に、いい位置へするりと入り込み、明治の追い上げで場内が熱を帯びた終盤に至るまで冷静沈着に、得たボールを安全な場所へはたき続けていました。

ア式の先発では3人しかいない4年生の一角である小川さんは、特に後半、ゴール前で幾度もピンチを地道に摘んでいました。また、明治が豊嶋さんに代えて送り込んできた山本さんとの同期対決でも、空中戦は意地の完勝。

試合は山中さんのパスを受け、ゴール右で守備を振り払い、力強く放った富山さんの一撃で、押されていた早稲田が先制。明治がまさかの追う流れとなったのでした。富山さんの保持能力は巧さと強さを掛け合わせた本物で、明治は2人どころか3人がかりで潰しに行くシーンも見受けられました。それでも渡り合っていた富山さんはさすがで、彼が点を取ればア式は浮上できるのだと再確認させられました。

第13節終了時点では2位に勝ち点7差をつけていた明治、勝ち続けるモチベーションを維持するのは、昨年のRKUを想起しても、容易ではないでしょう。ピッチ内の11人のみならず、ベンチやスタンドを含めたチーム全体がどうやって士気を高めていくか、首位相手だとモチベーション高く挑んでくる相手ばかりのみならぬ、内外との厳しい戦いが続いていくと思われます。

一方の早稲田は、前節が5月以来の勝利でしたが、明治相手の連勝。まだ肩を組んで『紺碧の空』を合唱するには早過ぎる9月だとも感じましたが、ホイッスルが鳴った瞬間の歓喜がはじけた表情は眩しく、これを毎試合見られれば…と希望を抱かせてくれました。

いずれにしても、みんな元気そうで何よりでした。それが一番嬉しかったです。
2010/09/20 23:48:57 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
JOIN-T
良かったです、と笑顔で自己肯定してもらえるのが、こんなに嬉しいとは。それも、甘やかな瘡蓋?

<関東大学サッカーリーグ第6節@9/12荻野>
早稲田大 1-3(前半1-2)筑波大
得点者:【早】柿沼【筑】瀬沼×2、須藤

アップから引き揚げるさなか、山中さんが須藤キャプテンとシェイクハンドして、これから対戦する間柄とは思えぬ満面の笑みでコンタクトしていたのに満足し切っていたから…この結果なんだろうと独りごちたり。

早々と(記録では前半3分)野田さんの左CKをファーで小川さんが落とし、低い体勢で中央の柿沼さんが合わせて早稲田が先制するも…流れからの得点力不足(フィニッシャーの努力は当然必要だと感じますが、それだけでもないかと。よりフィニッシャーがシュートへ尽力できる形を成すとか)という前期よりの課題は、夏を越えても解消とはいかなかったようで。18分、筑波は左サイドでのFKを起点に、最後は瀬沼さんがこぼれ球をエアポケットで手に入れた格好で同点。

前半ロスタイムには、WMW奥井さんがラインアウトしそうなボールを、傷んでいた選手がいただか(と記憶)で手に当ててしまい、ハンド→筑波へFKプレゼントとなってしまいました。これを小澤さんが綺麗過ぎる弧で中へ供給し、ディフェンスモーション&コーチングにキリキリしていた須藤キャプテンが頭できっちりネットへ叩き込んだのです。筑波としては、主将のはじける笑顔に象徴されるGOODなタイミングでの勝ち越しで、逆に早稲田には痛すぎる失点となりました。夏明けにしては色黒くなかったイメージの須藤さんですが、ラインをまたいでピッチへ入れば豹変して闘将へと変貌する頼もしさには、磨きがかかったようです。

終了間際には、筑波の左CKを一度はしりぞけながら、これまたお見事なボールを左より放り込まれ、瀬沼さんに2点目を献上してしまった早稲田。スコア以上に、セットプレーでの守備の拙さ(ここはフットボールゲームにおいて最も理屈で緻密に構築しうる面の一つかと思うのですが…)や、あがいてもネットを揺らせないアタックのもどかしさ…迫力の無さは深刻で、夏前から続いているだけに歯がゆさが身に染みます。途中出場した山中さんも、チャンスの起点になろうとボール出していたのは認めたのですが、奥井さんや柿沼さんの仕掛けや踏ん張りでも状況は打破できず…外科手術が必要な印象を受けました。常に勝ち点を計算し続けなければならない立ち位置だけに。
2010/09/12 23:35:33 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
星を砕いた絵の具
蒼き軍勢の先頭で歩み寄ってきた3番を、海老茶の3番は満面の笑みで迎え、その手を握る。

<関東大学サッカーリーグ第6節@5/9NACK5>
早稲田大 1-1(前半1-1)筑波大
得点者:【早】富山【筑】赤崎

◇早稲田・先発◇
---09富山/2----11小井土/3--
08奥井/3----------19鈴木/4
---10中野/4----06山中/3---
07幸田/4-12菅井/2-03小川/4-02C野田/4
-------01菅野/4-------

◆筑波・先発◆
---24赤崎/1----11瀬沼/2---
23上村/1----------10小澤/4
--08八反田/3----09森谷/4---
07原田/4-21谷口/1-03C須藤/4-06長沼/4
-------01三浦/3-------

小川「(他大で注目している選手は)筑波大の須藤くんだったり、流経大の山村くんだったり、[関東A]選抜で一緒だったセンターバックのメンバーはすごく気になります」」(College Soccer News第7節発行分)

WMW野田副将とのコイントスを終えた須藤主将が、ジャンピングヘッドのモーションをしながら定位置へ向かうのに“違和感”がありました。
「しっかり、しっかり、最初!!」
小川さんの声が大きいのは自他共に認める特色ですけど、そんな小川さんが野田さんと連携を確認していたアウト・オブ・プレーのNACKスタを裂いたのは、須藤さんの叫び声でした。奥井さんが左サイドより鋭いシュートを放つも、GK三浦さんがキャッチして幕を開けた試合。小川さんはフォアチェックかける瀬沼さんの圧力をものともせず、左サイドの幸田さんへ絶妙のフィード。そのまま打ちにかかった幸田さんも、三浦さんに阻まれました。ゴールキックは、瀬沼さんを囮に小川さんを誘き寄せ、違う選手の頭を狙ったりもした筑波。瀬沼さんと小川さんは、早稲田の野田さんが蹴るCKでも激しい鍔迫り合いを繰り広げていました。そこから筑波のカウンターが発動しようものなら、小川さんは全力疾走してカバーへ入らねばなりません。須藤キャプテンも、主審に注意を受ける程、小井土さんへ強く行っていました。腕章は肘に纏わりつく緩さなのですけれども…。

筑波の中盤に鏤められた貴石の煌きたるショートパスで織り成されたポゼッションの“隙間”を、遼太郎さんが意表を突く掻い潜り方(そこへ出すか、と唸るボールの出し先)で抉じ開け、早稲田の素早く前へかかるカウンターの端緒となっていました。遼太郎さんはパスセンスを、逆算してのインターセプト―コースへ入って切ってしまうから当たらずとも取れてしまう―でもフル活用していました。両チームのラインが高く設定されれると、プレーヤー密度は凄まじく高くなり…綺麗な3本線で臙脂と蒼が混線するのでした。息つく間もなき攻守のめまぐるしい切り替えの果てに、ようやくゴール前へたどり着いても、両GKが素晴らしい反応で得点を許しません。フィールドプレーヤー間でもカバーリングの意識が揃って高く、見る側の緊張感もハイレベルを保ちます。確かな技術をそろえている面々だから、そのキープ、あるいはボールリリースから奪い取るか、むしろ守備力が問われるゲームだと感じました。2種年代を見ていた者ならば…ちょっとしたオールスターゲーム風味の顔触れです。

奥井さんが味方から受けたボールを素早く富山さんへ供給。良いタイミングでしたが、須藤さんが先に入って切りました。それを起点に筑波が逆襲、森谷さんから小澤さんを経て、最後は赤崎さんがゴール左前から少し長い一撃をねじ込んだのでした。得点経過をメモする余裕もなく、後方からのフィードを受けたWMW鈴木さんがGK前へ抜け出すも、またまた三浦さんがはじいたのでした。5分後には富山さんのダイレクトシュートが、赤崎さん同様、ペナルティエリア外から突き刺さったのですが、どちらも時代の趨勢か、シュートレンジは長めなのに、GK三浦さん&菅野さんはちゃんと備えていて…それぞれ数点は防いでいるのです。三浦さんのゴールキックを原田さんが正座しながら胸トラップして止めて、筑波の一部部員より感嘆の声を浴びたり、須藤キャプテンが絶妙のカバーリングを連発したりしつつ、同点でハーフタイムを迎えました。

「そんなんじゃダメだ、もっともっと!」
味方を怒鳴りつける声は、ラインを設定する高さに負けず劣らずヒートアップ。筑波は細かく繋ぐだけかと見せかけて、キャプテンから瀬沼さんへ縦一本と長短織り交ぜたりもします。早稲田は野田さんのプレースキックという、関東1部では右に出る者も少なそうな武器が使える回数が、時間と共に増えていきました。“沈黙の臓器”山中さんが前を向いて持つシーンも散見されてきたのですが、これは筑波がコンパクトな証? それとも…そんな山中さんのミドルを、GKではなくCB歴浅い谷口さんがしゃがみこんではね返しました。幸田さんの突破も回数が増え、入れたグラウンダークロスが速過ぎてツートップが揃って滑り込めない場面も。早稲田のボール支配率がじりじりと増していったのは、筑波に90分回しつくせる持久力がないか、あるいはペース配分を身につけていないかだと思われました。WMWとて、時計の針が回るにつれ、イージーミスがちらほら出現しましたけれど、前半の濃密なバトルの副産物と考えれば、やむを得ないようにも感じられました。

戦い終えた両イレブンのコメントが悔しさをにじませたものだったのに…私は、満たされた心地で帰れたのです。それは、どこに座っていいのか分からなくて、ほとんど中央に陣取ってしまったくらい、どちらにも勝って欲しくて、どちらにも負けて欲しくなかったがゆえ。
2010/06/22 23:00:35 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
俊英の手綱
「瀬沼、点取れっ!!!」
詰めの甘さで結果を奪えずにいる2年生ストライカーを、蛍光イエローの腕章を右肘へ引っ掛けるキャプテンが怒鳴りつけた。4年生特有の季節行事が大変だとぼやく微笑と同一人物は思えぬ程、声を荒げて。

<関東大学サッカーリーグ第7節@5/15西が丘(第1試合)>
筑波大 5-1(前半3-0)慶應義塾大
得点者:【筑】赤崎×2、上村、原田、森谷【慶】横川

声かけてくれて、ありがとうございました!(御礼&陳謝)

10分遅れで到着したら、既にスコアボードへ筑波の得点が刻み込まれていました。目の前では、セットプレーで叩きつけられたヘディングシュートが、バーを舐めます。もはやフルスロットルの筑波に、試合へ入り込めていない目が追いつきません。ヘッドの主が須藤さんだったと、後で知りました…。直後、慶應右SBがボール処理を誤り、これをすかさず瀬沼さんが拾ってシュート。GK中川さんがかろうじてはじくも、ここで得た左CKを、小澤さんが綺麗に上村さんの頭に合わせ2点目。立ち直り切れていない対面の選手を、筑波左SB♪ライトニング稲妻♪原田さんがあっさりかいくぐり放ったグラウンダーがゴールへ入り、3点目もあっさり記録されました。

八反田さんが生き生きとボールを運ぶ中盤―こんなに輝いている姿を見るのはU-17城福JAPAN以来?!―が慶應を蹂躙します。1年生赤崎さんが慶應のキャプテンに腕力で勝って奪ったボールが八反田さんへ供給され、♪天才パッサー♪がマイナスのボールを託した瀬沼さんは…バーに当ててしまいました。須藤キャプテンが2年生FWを物凄い声で怒鳴りつけたのは、この直後でした。

悪い時には鼓舞し、良い時には引き締める―つっかけてきたドリブルをさらっと1人で止めて奪うといった守備タスクのみならず、率いる者の責務をきっちりと果たす4年生が、そこにいました。4年生かくあるべし、を伝承できている大学は強いのです。明治のように(山田主将「昨年の4年生は試合に出ていた人こそ少なかったけど、練習に取り組む姿勢やピッチ外でも『チームのまとまりがないと勝てない』と示してくれた」fromゲキサカ)。下級生がタレント揃いとなれば、彼らに4年生の務めを刻み込む責任は尚更重大。歴史ある筑波大学蹴球部の主将、苦にする様子はうかがったことありませんけれども、容易にこなせる職務ではないはず。須藤さんは全力でその任にあたっているのです。…そして足がつり途中交代(苦笑)ベンチへ戻る途中でさえ、5点目を刻み喝采のピッチにいる10番へ、ライン外から声をかけていました。

後半も、森谷さんがディフェンス打つ手皆無のミドルを左サイドより突き刺し、赤崎さんがゴールに背を向けた体勢からかなり無理やり放った一撃が相手に当たりながらゴールイン…と、なおも加点する筑波。この国にいる大抵のFWなら、どうにか味方へつないでポストとしての役割を選ぶだろうシチュエーションで、どうにか反転してフィニッシュへ持ち込んでしまう新入生の力量に、唸るしかありませんでした。慶應も右CKから横川さんのヘッドで1点返しますが、焼け石に水。筑波の完勝です。

そして、須藤キャプテンは、試合よりも教育実習の日々に気力体力を費やしているのでした。が、がんばってください…。
2010/05/22 12:10:22 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
BACK | BLOG TOP | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。