スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告
慢心せずして、何が王か
6点も8点も入るサッカーの試合なんて、そうそうお目にかかれるものじゃない。

<JFL第3節@3/30都田>
Honda FC 0-0 アスルクラロ沼津

2014年シーズンは岐阜から沼津へ主戦場を移した柳澤さんを見に、都田まで行ってきました! 確かにどう考えても浜松より沼津の方が柏に近いんですけど、沼津駅からアスルクラロの本拠地・愛鷹は遠くて…観戦カテゴリーが下になるほど、自動車免許を持ってない自分に苦笑いせざるを得ないシーンは増えます。

浜松へ向かう新幹線の車窓から外の景色が見えない程の豪雨を経ていました。水はけの良いピッチと言えど、時にはディフェンダーよりも高い守備力を発揮したり。この日は、アスルクラロに微笑む回数が多かったです。J3が創設され相対的に参戦カテゴリーが下がったHondaと、昨年FC岐阜セカンドと対戦した際にはスタンドの熱気にフィールド内のフットボールが全く追いついていない印象だったアスルクラロ。この2チームがJFLの“静岡ダービー”として注目されるとは…不思議な気分でした。妙な熱気を生み出していたのは、前座として同一カードが実施(アスルクラロの下部組織も遠征してきていた)され、アスルクラロの少年達もトップチームを応援していたことも関係ありそうです。入場時、アウェーゲームながらアスルクラロイレブンは下部組織の選手と手を繋いでいました。柳澤さんはずーっと隣の少年に話し掛けていました。

大先輩にして、門番を務めるHonda。しかし、この試合に限っては、スタンドのみならずグラウンドでも抱き続けてはならない方の自尊心が見え隠れしていました。アスルクラロは柳澤さんのような元JリーガーのみならずJクラブからのレンタル組もいて、個人技術はHondaに見劣りしません(悪天候では、基本技術の差が好天よりも明らかになるので、私は嫌いではありません。名波さんの受け売りですが) ゲームキャプテン犬塚さんは特に突出した力量で、試合をアスルクラロ寄りに運んでいました。

柳澤さんのドリブルも…止められるシーンもあれど、見られて幸せでした。アタックよりも印象的だったのはディフェンス。粘り強く脚を絡ませてボールを奪ったり…何より、とにかくボールを追い回していました。チームのために、献身的に。無茶のしどころは、私が口を挟める事項ではありませんが…。

アスルクラロ自体は、今年は2季制となったJFLで、セカンドステージでの躍進を期しているという話ですが、門番Honda相手に、中川さんが身体を張って死守しなければ得点が記録されていただろう決定機を2回(うち1回はペナルティエリア内でのバックパスでの直接FKから)は作り、思いのほか楽しませてくれました。そして、JFLが実質4部になった事実を最も痛感させてくれたのはレフェリングで、その結果、都田のスタンドとベンチはヒートアップして(井幡監督は退席処分に)イレブンをサポートするどころか冷や水を浴びせ掛ける終盤となったのでした。

あとは須藤さんが出場してくれたら言うことなかったのですが、前回、同じ都田で見かけた姿が病院から抜け出してきた松葉杖だったのを思えば、わがままと評されても仕方の無いところです。
2014/04/23 00:04:43 | other Footballer | Comment 0 | Trackback 0
夢が満開、夢のしま。
観戦予定を決める時、まず大学グラウンド開催を選択肢から外す消去法なのは、我ながらどうかと。

<関東大学サッカーリーグ第2節@4/12夢の島>
青山学院大 2-1(前半2-0)日大
得点者:【青】10分角宮(堤)、25分荒木(PK)【日】75分中野

早い時間帯に右サイドを上がった角宮さんがグラウンダーで流し込んで先制した青山学院。“小気味よく繋げている”と“繋ぎ過ぎてカウンターの危機”の境界線は、結果論でしか引けないのかもしれないけど…前半は守備陣の集中力を心配するほど、スムーズに回し、攻めていました。攻守の要として学校別選手紹介パウチにも名を連ねていたボランチ伊藤さんがピッチ中央をズタズタと―擬音を付けたくなる運び方―攻め上がり、左サイドの関谷さんへパス。逆サイドの荒木さんにボールは渡されましたが、フィニッシュはGK谷さんに弾かれてしましました。谷さんが1対1を弾かなければ…という決定機が7回ほどありました。

落胆で唸らされた直後、荒木さんはペナルティエリア右で倒され、PKを獲得。自らやや右上へ蹴り込んだのでした。得点見られて嬉しかったですけど、どうせならさっき…と贅沢な感想を抱いてしまいました。ここからはやや無茶とも呼びたくなる仕掛けを試みたり、見てて本当に楽しかったです。そもそも、私が青山学院の試合へ足を運んでしまうのは、タッチラインに沿って駆け上がる荒木さんの走るモーションを愛でるのが好きだからなんですけど!

良い流れゆえにディフェンスは難しかったのではないかと思いましたが、御牧さんは特に横への勝負でよくやっているように見えました。クロスがうまい♪というチャントを有する堤さん(先制点のアシストを記録)も、読み良く拾ったり切ったり奔走してました。クロスはあったかな…(微苦笑)

後半は日大が息を吹き返し、カウンターで1点を返しました。一番の原因は青山学院の前半から積み重ねた逸機かと…途中から、やたら監督に名前を呼ばれていた(位置取り?)荒木さんは、後半30分を待たずに交代。ややあって平久さんが登場し、私の目的(卒業生watch)は達成されたんですが、FWとして投入されながらも他人に譲り過ぎかも…と感じてしまいました。こういうのを贔屓目というのでしょうか。

いずれにしても、楽しく見られたゲームでした。終盤は、しのぐので精一杯だったんですけどね…。
2014/04/22 23:24:42 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
concentration
試合がある。何試合もある。リーグ戦。トーナメント。予選。本大会。トレーニングマッチ。花試合。全ての試合において、持てる力を(自称ではなく真実)100%発揮するのは難しい。特別なステージは、立てる回数…可能性が高くないからこそスペシャルなのだから。

<第68回国民体育大会成年男子決勝@10/2味スタ>
岐阜県 1-0 東京都
得点者:19分緑(柳澤右CK)

クラブユース選手権や国体決勝も、ニコニコ生放送でコメントつけながら見られる時代です。と言っても、仕事中にニコ生を見られるわけもなく、前日午後、柳澤さんの直接FKで岐阜県が決勝進出を決めたと知って以降、短くない自問自答を繰り返した果てに、同僚に無理を言って午後半休にしてもらいました。

今大会の観戦は初戦のvs福岡県@野津田以来。野津田とてゼルビアが本拠地にするスタジアムで、普段、柳澤さんの試合を見に行く際の会場よりグレード高めだったんですが、決勝は味スタです。試合後の調布副市長の挨拶で、滅多に立てるものではないピッチで…という話題がありましたけれども、私にとってはJリーグで通い慣れた場所だとしても、今の柳澤さんがそのピッチに立てる可能性を考えたら、素直に受け止めなければならない内容でした。

一目見るなり、初戦とは全く異なると感じました。国体はインターバル無しの過酷な4連戦ですが、ファイナルという舞台がもたらす集中力は、目を見張るものがありました。特に岐阜県のGKを筆頭とするフェンス陣が漂わせていた気迫。同時に、連戦による疲労も否めず、両イレブンともがむしゃらでありながら、ミス(フリーでタッチライン際でボールを受けようとしても、追いつけない、止められないといった“イージー”ロストが多々)も頻発するという、まさに国体の決勝らしい…と形容すべき光景が展開されました。

柳澤さんは初戦よりオフ・ザ・ボールで走っている…と書いても、他の選手と比べたら申し訳ない量。特にディフェンスは。それでも時には体を張ってボール切ったりもしてました。それ以上に、どんどん研ぎ澄まされていく相手の急所を突く感覚―ここしかない、というポイントを捉えるラストパスに唸りました。こじゃれたヒールでのボールリリースがほぼ失敗に終わったのは、これも初戦とは異なっていて、さすが開催地・東京都代表と言うべきでしょうか。

先制点にして決勝点は、柳澤さんの低めコーナーキックを緑さんがボレーで叩き込んだものでした。スタンドはこれ以降、動員された学童による東京コールが起こったりとアウェー感を強めたのですが、岐阜セカンドイレブンはチャントを歌ってくれるサポーターの方々のためにも、きっちりと守り抜いたのでした。

国体は35分ハーフなので、体感時間も短くなくてはいけないのですが、ゴール以降は残り時間の脳内カウントダウンで、特に終盤は時計がなかなか進んでくれませんでした。ようやく迎えた歓喜の瞬間、柳澤さんは両手を突き上げて…誰かがハグしてくれるのを待っているように映りました。結局は自分からベンチメンバーへ抱きつきに行ったのですが。

手に入るものは賞状と調布市の特産品、そしてこぼれる笑顔。リーグ戦も全社も控える充実したスケジュールです。ご贔屓さんが頑張らなければ立てないステージで試合に臨む姿を自分の目で見られる幸福と意義を再確認した、重要なひとときでした。
2013/10/07 14:55:24 | other Footballer | Comment 0 | Trackback 0
主客転倒
前回、足利へ来た時に見たのは、仙台大相手にポゼッションサッカーショーを展開したRKUでした。3年を経て、今度は仙台大が“ボールは人よりも良く走る”フットボールを繰り広げてくれるとは。

<全日本大学サッカー選手権1回戦@12/23足利>
仙台大 0-3(0-0/0-0/0-1/0-2)明治大
得点者:98分丸山(直接FK)、102分梅内、109分阪野

スタンドには紫紺の部員合唱団、その上段に黄色い悲鳴を飛ばしまくるお母様がた。混声応援を浴びる明治イレブンは、東北の雄より一目で体格で勝っていました。冷たい風の吹き付ける足利の芝は枯れて(注:公式記録では「全面良芝」)おり…仙台大の10番は、ポゼッションを高めて勝機を窺う赤きイレブンにあって、浮き球を多用していました。相手3人に囲まれようとロングキックで平然とサイドを変え、プレースキックのポイントへは悠然と歩いていくレフティの堂々とした振る舞いは、新入生とは思えぬものでした。明治のフィジカルタワー阪野さんと対峙しても屈せず、自陣へ猛然と駆け戻ってクリアするなど、熊谷さんは攻守に渡り主軸でした。左サイドから放ったミドルがバーを舐めたシーンもありましたが、もし、これが入っていたら違った展開になっていたかもしれません。

熊谷さんと同種のかかとが黄色いNIKEを履いた豊嶋さんは、ボールへ絡んだ場面では良いボールを蹴り、あるいは身体を張るなど光っていました。スタートから主導権を握ったのは明治でしたが、攻め切れず、後半になると疲れからか仙台大のパスワークに振り回される時間も長くなりました。ここで踏ん張り、得点を許さなかったあたりが、明治の勝負強さ―昨年度以前で蓄積した経験値なのでしょう。延長前半に突き刺さった丸山さんの右サイドよりのFK―飛び道具という武器を有するのも、勝ち進むには重要な要素です。

延長後半からは、寒空の下でも半袖をまとう鳥山さんが投入されました。とはいえ、その速度を生かすシーンはほとんどなく、残念でした。左からのクロスを梅内さんが中央で流し込んで勝負を決めた明治は、更にカウンターで阪野さんが追加点を叩き出すも全く喜ばないという締めくくりで準々決勝を突破したのでした。後輩と両手で握手する豊嶋さんを見て、足利まで出向いた甲斐はあったと満足できました。
2012/01/16 21:51:52 | University Soccer | Comment 0 | Trackback 0
Floatin'
長く生きていれば、忘れてしまうことも多くなり、逆に、記憶を引きずり出すトリガーも収拾つかない量が蓄積されるのです。

<Jユースカップ予選リーグBグループ@10/23日立台>
柏レイソルU-18 3-0(前半2-0) 栃木SCユース
得点者:木村×2、宮澤

広島土産の「生もみじ」は、勝ち点3の味がしました(挨拶)

栃木SCでキックオフから続けるチャントと言えば、"KEEP ON FIGHTING"。移籍して3ヶ月経ってないのに、既に懐かしいメロディとして聞いている自分にハッとさせられました。この試合では、どちらかと言えば「レッツゴー柏」が長く続いたように聞こえました。それだけ、ボールを回し続けた時間帯があったのです。

ごく普通のホワイトボードへ、チーム名や前半・後半の紙を貼り付けて仕立てられた即席スコアボードが、両ベンチの間に設置されました。そこへ正の数が刻まれたのは、開放されたバックスタンドの最前列で旗を振っていた栃木サポーター(夜にはTOPがジェフとの決戦だというのに、3名がスタンディング応援)が注意されているのに目を奪われていた間の出来事。
木村くんでした。ネットが揺れる瞬間しか見ていません…。その後も高いボール試合率で試合を進めましたが、2点目が生まれたのは前半終了間際でした。右サイドからのマイナスボールを受けた木村くんが、小さく回りながらシュート。GKに弾かれていてもおかしくない軌跡でしたが、ネットインしました。

後半のレイソルは選手交代を重ね、3点目は木村くん・川島くんから伊藤くん・宮澤くんへと同時交代した直後、投入されたての二人によって奏でられたものでした。宮澤くんのファーストタッチがゴール。ピンチもなくはなかったですけれど、秋野くんが身体を張ったりして事なきを得ました。一度に複数人を投入されると、鈍い私は把握しきれないのです…もっと頑張りましょう>自分
2011/11/04 00:20:51 | Reysol | Comment 0 | Trackback 0
BACK | BLOG TOP | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。